IS人質事件の対応「誤りあったとは言えない」 検証委

過激派組織「イスラム国」(IS)による邦人人質事件で、一連の対応を検証してきた政府の検証委員会が21日、報告書を公表した。外部の有識者の意見をもとに、「政府の判断や措置に人質救出の可能性を損ねるような誤りがあったとは言えない」と結論づけた。その上で、政府が取り組む課題として情報収集体制の強化や、危険な地域への渡航抑制などを掲げた。
蔵八宝
報告書は今後の課題を挙げながらも、「問題はない」「適切」といった評価を繰り返し、政府の対応を追認するものとなった。
新一粒神
委員会は2月上旬に発足し、警察庁出身の杉田和博官房副長官をトップに官僚10人のメンバーで検証を進めた。中東や危機管理が専門の有識者5人からも意見を聞いた。報告書をとりまとめた21日の会合では、菅義偉官房長官が「指摘や課題を今後の施策に反映していく」と語った。
夜夜堅
報告書は事件を経過に応じて3段階に分け、ISに拘束された会社経営者の湯川遥菜(はるな)さんとフリージャーナリスト後藤健二さんの解放に向け、情報収集や分析などに問題点がなかったかを検証した。

見ろこのガキを。「北斗の拳 イチゴ味」サウザーがたまご&ひよこクラブに

本日5月15日に発売されたマタニティ誌のたまごクラブと、育児誌のひよこクラブ(ともにBenesse)の6月号に、河田雄志シナリオ、行徒妹作画による「北斗の拳 イチゴ味」とコラボした特集が掲載されている。
魔根
コラボページではそれぞれ、育児をするサウザーを行徒妹が描き下ろし。たまごクラブの特集「夫専用たまごクラブ」は、初めて父親になる夫が知っておくべき情報を紹介する。一方ひよこクラブの「父親子育て道場 父の日Special」には、タレントの魔裟斗やサッカー選手の大久保嘉人ら各界のイクメンが登場し、自らの子育て術を語った。

「北斗の拳 イチゴ味」は、武論尊?原哲夫による「北斗の拳」に登場する聖帝サウザーを主役に据え、原作の絵柄そのままに描くギャグマンガ。月刊コミックゼノン(徳間書店)のWEBマンガサイト「WEBコミックぜにょん」にて連載されている。vigrxプラス

親の用立てがないと結婚できない!結婚費用は30年で数千倍に―中国

2015年5月4日、半月談によると、中国人の結婚費用は30年で数千倍に激増した。約半数が両親に頼っている。
男宝
2012年に結婚した高琳玲(ガオ?リンリン)さん。中国式結婚の費用の高さ、大変さは今でも鮮明に記憶に残っている。夫婦の実家と勤務地がすべて違ったため、山東省、陝西省、浙江省と中国全土を駆け回り、3回も結婚パーティーを開催する羽目になった。費用は合計で21万元(約406万円)。高さん夫婦の1年分の収入に相当するという。
蔵八宝
また、中国では結婚前に新居と車を購入しておくべきとの観念が強い。この場合、結婚費用はさらに跳ね上がってしまう。あるネットユーザーの計算によると、中国人の結婚費用は30年前の数千倍になっているのだとか。
新一粒神
これだけの費用は若者が捻出することはできない。そのため両親が結婚費用を用立てるか、あるいは恥を忍んで結婚式もあげず、新居や車も買わずに結婚する「裸婚」を選ぶしかない。

椿鬼奴、結婚生報告「妻です」 大黒柱の重圧で「謎の首の痛みが」

お笑いトリオ「グランジ」の佐藤大(35)と3日に婚姻届を提出したお笑いタレントの椿鬼奴(43)が一夜明けた4日、月曜レギュラーを務める日本テレビの情報番組「PON!」(月~金曜前10?25)に生出演し、「妻です」と喜びを報告した。
黒倍王
前日夜、都内の区役所に2人で届を提出したという鬼奴。幸せいっぱいかと思いきや、前日から「謎の首の痛み」があることを明かし、「ずっしり何かしょっちゃったのかな。養う人が増えた。母も弟も…」とこれからも大黒柱として仕事を続けていく決意を語った。淫インモラル

独身仲間だった「森三中」の黒沢かずこ(36)にも前日報告したところ、普段は人の結婚を祝福したりしない黒沢からも「おめでとう」と言葉をもらったという。しかしそれには裏があり、「まあ、一生働くと思ったらかわいそうで」と同情されていたという鬼奴。それでも「奴夫人としてこれからも(頑張る)」と幸せいっぱいの笑顔を見せていた。花痴

2人は13年10月に交際に発展し、昨年10月からは借金を抱えた佐藤を鬼奴が自宅に居候させる形で同棲をスタート。今年3月には同局のバラエティー番組「なら婚」(水曜深夜0?59)で佐藤のプロポーズを鬼奴が快諾し、婚約が成立した。そして3日夜、「諸々条件がそろいまして」と婚姻届を提出したことをツイッターなどで報告していた。