Def Tech、寿君、アルディアスら出演のVAA主催イベントが無料開催!

ジャンルを超えた豪華ラインナップには、大阪レゲエシーンを代表するアーティストに成長し、年明けのワンマンは1400人以上を動員する寿君。メンバーチェンジを乗り越え、嬢メタルシーンのトップに君臨し続け、オリコンチャートTOP10内の常連でもあるアルディアス。そのライヴ力と3人のキャラクターで今音楽業界で最も注目を集めているグループといっても過言でないほどの期待を集めている大阪出身のベリーグッドマン。そして、同じく大阪出身のHISATOMIはこの2年間で最も知名度と実力を上げた大阪のレゲエアーティストの一人と言っていい重要人物だ。

今回はそこに、北海道出身でiTunesチャー トで上位に輝く17歳2人組Softly、ワンマンを成功させたばかりのCherryHearts、リリースが期待されるArks他、フレッシュなアーティストの参加もアナウンスされている。

2016年を見据えたラインナップと言っても過言ではないこの豪華すぎるイベントを是非体感してほしい。
蔵鞭王
三体牛鞭

大阪市長選、柳本氏が立候補表明 11月22日投開票

自民党大阪市議団幹事長の柳本顕氏(41)は19日、11月22日投開票の大阪市長選に立候補する意向を表明した。市議団の会合後、「まっとうな大阪市を取り戻す戦いに臨む思いを伝えた」と記者団に語った。

 市議団はこの日の会合で柳本氏の擁立を決定。自民党大阪府連関係者によると、無所属で立候補し、府連も近く党本部への推薦の申請を決める。

 自民党と対立する大阪維新の会も市長選に独自候補を擁立する方針。ダブル選となる大阪府知事選にも候補を立て、「大阪都構想」を再び公約に掲げる構えだ。
三体牛鞭
三體牛鞭

無印良品「デザインしていないようなデザインに最も苦労する」

日本がバブル経済の真っただ中だった1980年。最高級ブランドがあふれていた時、「汁に入れれば味は全く同じだ」として砕けた干しシイタケをビニール袋に入れて売ったのが始まりだった。世界26カ国777店舗、年間売り上げ2兆6000億ウォンに成長した日本の家具・生活用品ブランドの無印良品(MUJI)の話だ。名前のとおり「ブランドのない良質の製品」を標ぼうして単純なデザイン、最低限の包装で成功神話を導いた。韓国にも2003年に進出し14店舗を運営している。昨年の売り上げは530億ウォンだ。2013年にオープンしたソウル江南(カンナム)駅通りの店舗は4日、約2倍に拡張した。

無印良品江南店のリニューアルオープンを前に来韓した松崎暁代表(61)に3日会った。

--無印良品の製品も、とても安いというわけではない。「ノーブランド」を標ぼうする別の「ブランド」になったのではないのか。

「シイタケの破片など40種の商品をファミリーマートなどで売っていた時期に比べ、今では『無印良品の物』という消費者の認識が生まれたのはその通りだ。だが私たちは『ブランドの価値』を商品価格には反映しない。同じ500円のTシャツにブランドロゴを入れて5000円で売るのは正しくない。人気商品だからと価格を上げることもない。それでも無条件に安い製品だけを売ることもない。工程を単純化し、だめになった材料を活用するなど『わけあって安い商品』を売っている。物流の改善など原価が節減されるたびに販売価格も低くし続けている」

--それでも日本よりも韓国の価格が高いようだ。

「物流コストや関税があるため価格差が出るほかはない。それでも『衣類は20%以内』という具合に基準を合わせている。窮極的には2017年以降『日本と同じ価格』が目標だ。韓国で2回にわたり大々的に価格を引き下げたのもそのような脈絡だ」

無印良品は今年3月までの約1年間で韓国の販売商品1000品余りの価格を最大35%引き下げた。東南アジアの現地生産品を、日本を経ずに運んでくるといった物流改善によってだ。勃動力三體牛鞭
男根増長素

ハリルが宇佐美に“裏ミッション”

“黄金コンビ”再結成の隠された狙いとは――。ハリルジャパンの今後のカギとなりそうなのが、ロシアW杯アジア2次予選アフガニスタン戦(8日、イラン・テヘラン)でスタメン復帰が濃厚なFW宇佐美貴史(23=G大阪)だ。日本代表の深刻な得点力不足を解消するゴールゲッターとしての役割はもちろん、悩めるMF香川真司(26=ドルトムント)の“再生”にも一役買うことが期待されている。

 3日のカンボジア戦でバヒド・ハリルホジッチ監督(63)はドイツで絶好調のFW武藤嘉紀(23=マインツ)をスタメン起用した。だが、見せ場なく無得点に終わり「彼こそこの試合で活躍してほしかったが、早すぎたり遅すぎたりタイミングを逸していた」とダメ出し。指揮官の期待に応えられず株を下げた。

 一方で評価を上げたのが宇佐美だ。武藤の好調と自身の疲労が考慮されてベンチスタートとなったが、武藤に代わり後半20分に投入されると、キレのある動きを見せてペナルティーエリア内で積極的に仕掛けた。約25分間の出場で無得点ながら、シュート数はFW岡崎慎司(29=レスター)に次ぐチーム2番目の5本を記録した。

 ハリルホジッチ監督もかねて「彼には素晴らしい才能がある。かなり期待している」と宇佐美にほれ込んでおり、閉塞状況にある日本の攻撃陣に活を入れるべくアフガニスタン戦でのスタメン起用が濃厚だ。

 今季J1で16ゴールと得点王へひた走る決定力に注目が集まるが、宇佐美にはもう一つ重要なミッションがある。香川復活の“アシスト”だ。

 日本の10番はカンボジア戦で1ゴールを決めたものの、前半42分のフリーの決定機にシュートミス。本来のパフォーマンスには程遠かった。

 日本の攻撃力アップには香川の復調が不可欠だが、そこで期待されるのが宇佐美との“天才コンビ”。カンボジア戦でも絶妙なコンビネーションを披露しており、香川は「技術があって、イマジネーションも高いものを持っている選手。もっと連係を高めていくことがチームとして求められる」と宇佐美に絶大な信頼を寄せる。

 一方の宇佐美も10番との連係に「技術的なところをストロングポイントにしているし、しゃべらなくてもプレーをすれば感じられる感覚がお互いにある」と胸を張った。幼少期から天才と騒がれた2人だからこそ分かる、言葉もいらない固い絆があるのだ。

 日本代表の背番号「10」と「11」を受け継ぐ2人が所属クラブと同様の活躍ができるか。ハリルジャパンの今後を左右することになりそうだ。淫インモラル
中絶薬

吉田沙保里選手がWell stone bros.の新曲で歌声披露

昨年8月の『アジア大会2014韓国仁川』で吉田沙保里選手とアナウンサーの石井大裕が意気投合し、「優勝したらカラオケでお祝いしよう!」と約束。その後、兄・石井大貴も参戦してカラオケで吉田沙保里選手の優勝をお祝い。歌が上手く、透き通る声だったので、いつか一緒にCDを出そうと約束したことがきっかけとなり、今回のコラボが実現した。

楽曲については、Well stone bros.こと石井兄弟が、インディーズ時代に楽曲を提供してもらったことのある、AKB48の楽曲等でも有名な板垣祐介氏に作曲を依頼。メロディアスでキャッチーなファイトソングが完成した。

ミュージックビデオの制作は「進撃の巨人」のプロデューサー、糸曽賢志氏が担当。吉田沙保里選手がつねに練習場として使用している大学や、地元の道場での撮影を敢行された。

そして、この楽曲は早くも、本日9月2日から配信がスタート。「頂点を知った者がなお、果敢に挑戦を続ける」という想いが詰まった楽曲に、日本中が今「目を覚ます」に違いない。威哥王
巨人倍増