700年前の歯石からDNA採取、歯や骨の25倍も

歯医者にとっては厄介なあるものが、考古学者にとっては喉から手が出るほど貴重なお宝だった。700年前の歯についた歯垢から、研究者たちがDNAを採り出すことに成功したのだ。古代の暮らしを知る手がかりになる。
新一粒神
 歯石や歯垢、食べかすといった、歯医者がかき落とす固まった歯の汚れには、古代人の歯や骨の25倍ものDNAが含まれている。形質人類学の専門誌『アメリカン・ジャーナル・オブ・フィジカル・アンスロポロジー』に発表された論文の中で、クリスティーナ・ワーリナー氏と共同研究者たちは、歯垢を研究に取り入れた経緯について詳述し、その手法を用いたからこそ、古代世界の情報を収集できたと述べている。

 歯石は、人がまだ生きているうちから歯垢が固まって体の一部になったものだ。初めは、細菌や食べかすが唾液と交じった歯垢の状態。それを歯ブラシやフロスで取り除かないと、唾液に含まれるリン酸カルシウムによって固まり、何層にも重なっていく。琥珀の中の虫のように、細菌や食べ物、ヒトのDNAやタンパク質が歯石には閉じ込められているのだ。
消渇丸
 ワーリナー氏は、米国イリノイ州のノリスファームズと呼ばれる遺跡で、700年ほど前に埋葬された北米先住民の人骨6体から歯石を採取した。歯石は大半が細菌であるため、含まれている古代のDNAのうち、ヒトのものは1パーセントに満たない。それでも、6体それぞれにミトコンドリア・ゲノムの全配列を決定できるだけのヒトのDNAが含まれていた。分析に必要だった歯石はわずか20ミリグラムだった。

 DNAを抽出する場合、骨の欠片を砕き、粉末にするのが一般的だ。しかし、北米先住民などは、祖先の遺骨や歯を傷つけることを嫌がることが多い。歯石はヒトの組織ではないので、遺体そのものを傷つけずにDNAを取り出すことができ、これまであまり進んでいなかった先住民の研究に新たな道が開けるだろう。

JR北海道、新幹線に車内誌置かず 増刷経費の負担重く

JR北海道が、26日開業の北海道新幹線に同社の車内誌「THE JR Hokkaido」を置かないことが分かった。道内の風景を表紙に描き、名所案内やグルメ情報を掲載するなど観光客にも好評だが、座席数が多い新幹線では増刷が必要で、経費がかかりすぎると判断した。
韓国痩身一号
 東北新幹線には、JR東日本が同社の車内誌「トランヴェール」を置いている。開業後、直通運行する北海道・東北新幹線は、同社のE5系とJR北海道のH5系の2種類の車両が使われるが、乗客には原則的に同じサービスを提供するため、JR東日本はH5系車両にも車内誌を載せることを決めた。
大印象
 一方、JR北海道は特急列車などに置いている車内誌を毎月約8万部発行している。これを新幹線にも載せる場合、発行部数を約13万部まで増やす必要がある上に、出発前の積み込みや持ち帰り分の補充なども合わせると多額の経費がかかる。

 具体的な試算はしていないが、こうした状況から「総合的に検討した結果、搭載を見送ることにした」(広報部)という。JR北海道幹部は「残念だが、会社の規模が大きいJR東日本と同じことはできない」と理解を求めている。

トランプ氏、ハワイも押さえて3勝目 クルーズ氏も1勝

ワシントン(CNN) 11月の大統領選に向けた共和党の候補者指名争いは8日、各地で予備選と党員集会が行われ、CNNの予測によれば、ハワイ州の党員集会は実業家のドナルド・トランプ氏が勝利する見通しとなった。トランプ氏は同日に行われたミシシッピとミシガンでの予備選でも勝利する見込みで3勝目。アイダホ州の予備選ではテッド・クルーズ上院議員が勝利を確実にしている。
韓国痩身一号
トランプ氏は3州で勝利を収め、指名獲得へ近づいた。ライバルや共和党主流派がトランプ氏の人格について攻撃をしているが、トランプ氏の勢いは衰えることがなさそうだ。

ミシガン州は開票率97%の時点で、トランプ氏の得票率は36.5%。クルーズ氏が24.9%、ジョン・ケーシック・オハイオ州知事が24.3%だった。
五便宝
ミシシッピ州は開票率95%で、トランプ氏が47.3%、クルーズ氏が36.3%、ケーシック氏が8.8%。

ミシガン州の予備選でケーシック氏が2位に入るか、2位に近い3位の位置につければ、選挙戦に勢いがでる可能性もある。地元オハイオ州での予備選を控えて、ケーシック氏には良き兆しといえそうだ。

マルコ・ルビオ上院議員にとっては、またもや厳しい1日となった。ルビオ氏はミシシッピとミシガンで4位に沈んでおり、選挙戦がうまくいっていないという印象をさらに強める結果となった。

民主党も同日、ミシガン、ミシシッピ両州で予備選を行い、ヒラリー・クリントン前国務長官がミシシッピで、バーニー・サンダース上院議員がミシガンで勝利を確実にしている。

50代の「カンフー女優」ミシェール・ヨー、「グリーン・デスティニー」から15年、肉体の衰えなし!

2016年2月29日、前作「グリーン・デスティニー」に続き、「ソード・オブ・デスティニー」に出演した女優ミシェール・ヨー(楊紫瓊)が、年齢に関係なく今後もアクション女優を続けていくと語った。新浪が伝えた。
蔵八宝
00年に公開されたアン・リー(李安)監督の「グリーン・デスティニー」は、米アカデミー賞で外国語映画賞など4部門で受賞。続編となる「ソード・オブ・デスティニー」では、前作のアクション監督だったユエン・ウーピン(袁和平)監督がメガホンを執り、同じく伝説の名剣を巡る戦いを描く。現在、中国や香港などで上映中で、Netflixでも配信スタートしている。

前作から引き続き出演しているのはミシェール・ヨーのみ。鮮烈なワイヤーアクションが世界を驚かせた「グリーン・デスティニー」では撮影時、左膝の靭帯(じんたい)が断裂し、その直後に足の筋肉を損傷する大けがを負った。前作から15年、50代になったが、足を手術したせいか逆に丈夫になり、撮影時に年齢的な不安は感じなかったという。
美人豹
「グリーン・デスティニー」以来、すっかり女性カンフースターのイメージが定着。「今後もアクションに挑戦し続けるのか」の質問に対し、「体を酷使するのは本当にキツいし、けがも多いわ。でも、ものすごい達成感と満足感を与えてくれるの」と、まだまだ続けていくことを語っている。

国際自動車連盟(FIA)会長のジャン・トッド氏と04年に婚約し、パートナーとして支え合う間柄。昨年は「近いうちに結婚する」と自ら語っていた。「結婚後は女優業をセーブするのか」という問い掛けには、「結婚が私の仕事に与える影響は何もないわ」と答え、完全否定。年内の挙式を考えているが、親しい友人だけを招いたささやかなものにしたいという。