ノロウイルスが検出されたり、インフルエンザの感染報告

一部では、避難している人から食中毒菌の一つ、ノロウイルスが検出されたり、インフルエンザの感染が報告されたりしている。このため避難所ではトイレの消毒や入室時のアルコール消毒、マスクの配布など対策を進めている。
D8 催情剤
 断水の解消によって下水が使えるようになった避難所は増えつつある。ごみの問題も、周辺の県での受け入れや収集車の貸し出しなどが進むなど改善に向けて動き始めている。

 ただ、避難者たちは長期の避難生活で体力が落ちている上、ここ数日、熊本地方は寒暖の差が大きく、体調の悪化が懸念されている。
蔵八宝
 建物の衛生問題を研究する学者でつくる空気調和・衛生工学会はホームページで被災者に向けてアドバイスをしており、トイレの便座の除菌や、換気、マスク着用の徹底などを呼び掛ける。九州支部長の龍有二北九州市立大教授は「用便、ごみ処理、入浴は避難生活が長期化してくると、食べ物と同じくらい重要で注意してほしい」と強調した。

少女誘拐容疑の男「ずっと束縛していたかった」

富山県西部の女子中学生(13)誘拐事件で、未成年者誘拐容疑で逮捕されたスーパーのアルバイト店員、渡辺遼(りょう)容疑者(25)=山形県新庄市住吉町=が「このままずっと被害者を束縛していたかった」と話していることが9日、富山県警への取材で分かった。県警は同日、遼容疑者と同居の母でコンビニ店アルバイトの佳恵(よしえ)容疑者(48)=同=を富山地検に送致した。
勃動力三體牛鞭
 高岡署によると、遼容疑者は今月初め、少女が未成年だと知りながらスマートフォンの無料通信アプリで「こっちに来るか」などと伝え、佳恵容疑者とともに山形に誘拐。7日まで新庄市の自宅に留め置いた疑いがある。少女とはスマートフォンのゲームアプリを通じて知り合ったという。

 両容疑者は4日、北陸新幹線などで県西部へ少女を迎えに行き県内で宿泊後、5日に在来線などで山形に戻ったとみられるという。
ビグレックス
 これまでの調べに対し、遼容疑者は「このままずっと被害者を束縛していたかった」と話し、佳恵容疑者は「親の気持ちになってみると大変なことをした」と話しているという。また、少女は「(遼容疑者から)誘われて山形に行った」と話しているという。