吉田党首が続投=非国会議員、辞意を撤回―社民

社民党は1日午前の常任幹事会で、7月の参院選で落選した吉田忠智党首の続投を決めた。
九州神龍
 吉田氏は辞意表明していたが、幹事会では「辞任する必要はない」との意見で一致。吉田氏もこれを受け入れて辞意を撤回した。同党は、国会議員ではない党首の下で再建を目指すことになる。

 吉田氏は幹事会後の記者会見で「私も組織人だから組織の決定には従わなければならない。引き続き党首の重責を担い、次の国政選挙で復帰を果たしたい」と述べた。紅蜘蛛専門店

 社民党は参院選で比例代表1議席の獲得にとどまり、吉田氏は落選。同氏は引責辞任する意向を示していた。同党の党則では、国会議員でなくても党首を務めることができる。威哥王旧社会党時代には、横浜市長のまま委員長に就任した飛鳥田一雄氏の例がある。