長友 右太腿負傷「足引っ張った」交代枠なく攻撃的MFも…

右太腿を負傷するアクシデントに見舞われたDF長友はしきりに自分を責めた。「僕が足を痛めて足を引っ張ってしまった。交代枠がなかったのでチームの足を引っ張らないようにやったつもり。申し訳ないです」。前半から圧倒的な運動量で左サイドを上下したが、延長前半5分過ぎ、右太腿が悲鳴を上げた。
挺三天
リードされた展開が続き、アギーレ監督は早めに交代選手を投入。既に交代枠3を使い切っていた。延長後半からは患部への負担を考慮。リアクションの動きが多いDFから前線へポジションを変えたが、負傷の影響は明らかだった。試合後は「これが僕らの実力。W杯で負け、アジア杯でも結果を出せなかった。一人一人のレベル、精度を上げていくしかない」と準々決勝敗退の現実を受け止めるしかなかった。

現在、セリエAはシーズン真っただ中。今後はインテル?ミラノに戻り、精密検査を受けることが濃厚だが、肉離れなど筋肉系の負傷が判明した場合、長期離脱の可能性も否定できない。 壮天根