IS拠点のティクリートを「解放」、イラク政府発表

【AFP=時事】イラク政府は3月31日、同国の治安部隊と同盟軍が、米国主導の有志連合による空爆の支援を受け、イスラム過激派組織「イスラム国(Islamic State、IS)」の支配下にあった北部ティクリート(Tikrit)を「解放」したと発表した。ISとのこれまでの戦いで最大の勝利となった。
天天素
イラクの故サダム?フセイン(Saddam Hussein)元大統領の出身地であるティクリートを奪還する作戦は先月2日に始まっていたが、イラク軍が急進撃した過去48時間前までは行き詰まっているとみられていた。

ティクリートを州都とするサラハディン(Salaheddin)州政府庁舎は3月30日に奪還され、翌31日には黒いISの旗に代わり、イラク国旗が掲げられた。ただし、有志連合の報道官はAFPに対し、「ティクリートの一部は依然、ISの支配下にある。まだやるべきことが残されている」と語っている。大印象