日本は本当に軽自動車ばかりだった!

「百聞は一見にしかず」という諺がある。インターネットの普及によって情報の取得が容易になった現代だが、誰もが同じ情報にアクセスできるようになったこともあり、現地に赴き、自らの目で情報を得るという方法の重要性はますます増している。

 中国メディアの捜狐はこのほど、香川県を旅行で訪れた中国人の自動車ファンが、香川県内の街を観察し、自らで得た情報に基づいて日本の自動車市場を分析する記事を掲載した。

 記事は香川県を訪れて考察した結果が日本全国の現状に適用できるとは限らないと注記しつつも、「どこに行っても最もよく見かけたのは軽自動車」だと説明、軽自動車以外ではハイブリッド車を見かける比率も「極めて高かった」と伝え、こうした路上の光景は「日本の特徴の1つ」と表現した。

 さらに、香川県では中国で人気のSUV車を見かけることは少なく、その代わりに「MPV車」を「どこでも見かけた」と説明。さらに実際の観察に基づき、日本人は軽自動車、ハイブリッド車、そしてMPV車を好むと説明しつつ、軽自動車であれば「非常に狭いスペース」でも駐車可能である点を写真を交えて読者に紹介。また、軽自動車の車内スペースは「比類ないほど」広いと称賛、中国国産メーカーは軽自動車の設計概念から学ぶべきだという見方を示した。

17世紀前半のアントウェルペンにおける大抵の画家たち

17世紀前半のアントウェルペンにおける大抵の画家たちは、ルーべンスの弟子であるか、あるいは少なくともある期間は、ルーべンスの良く組織化された大工房で働いていた。ヤン・ファン・デン・フーケは、1634年に総督となった枢機卿親王フェルディナントの祝祭入城行進(ポンパ・イントロイトゥス)の装飾の制作に参加した。

テオトル・ファン・テユルデンはこの仕事への参加のほかに、銅版画によってそれらの装飾を出版する仕事に協力し、ヤン・プークホノ以トは上述の祝祭入城行進のための装飾制作もさらにはスペィン王のための狩猟館(トッレ・デ・ラ・パラーダ)の装飾にも加わった。

買い物に念ってきている

それらも小型の風景画であって、それ自体が小さな月暦の寓意画の体を成している。この野莱市場の絵は市場の写実的な描写ではなく、風俗画でも静物画でもない…子連れの市民階級の婦人が、買い物に念ってきている。

市場の売り手の女は膝の上に子供を載せ、夏に供給される豊富な野菜と果物が一杯に並べられている。虚構の暗く背後を閉ざされた絵画空間は、屋外の広場へと通じる道への視野を広げている。背景においても前景のモチーフを繰り返す、もうーつの小さな商いの場景が描かれている。

北朝鮮からエリート層の脱出急増

2016年8月6日、今年になって北朝鮮から脱出、韓国入りする亡命者が増加傾向を見せている。最近は生活に困窮した住民だけなく、エリート層の脱北も急増。北朝鮮は度重なる核実験などで国際社会の厳しい制裁に直面しており、韓国政府は「より良い人生の機会を求め、さらに良い暮らしをするため多くなった」と分析している。

聯合ニュースが伝えた韓国統一部の集計によると、今年1~7月に韓国入りした脱北者は815人(暫定)で、前年同期比15.6%増加した。11年末に金正恩(キム・ジョンウン)体制がスタートして以降、脱北者の数が明確に増えたのは今年が初めて。09年に2914人まで増えた脱北者の数は11年2706人、12年1502人、13年1514人、14年1397人、15年1276人と減少する傾向にあった。

最近は生活に困窮して北朝鮮を脱出するこれまでの事例とは異なり、出身成分(身分)が高い層に分類されるエリート層の脱出が急増している。韓国政府当局者は「より良い人生の機会を求め、さらに良い暮らしをするために脱北する人が過去に比べて多くなった」と指摘。その上で「もちろん、まだ脱北者の50%は経済的な困難を脱北の理由に選んでいるが、より良い機会を求めるためという回答も20%まで上昇した」としている。

17世紀フランドル絵画を代表する傑作です

今回の展覧会には、皇帝ルドルフ2世の宮廷で活躍した画家たち、例えば、「花のブリューゲル」として知られるヤン・プリューゲル(父)の作品も登場します。また、ルーべンス、フアン・ダイク、テニールス(子)、アドリアーン・フアン・ユトレヒトの作品は、17世紀フランドル絵画を代表する傑作です。

さらに、レンブラントによる《金鎖の首飾りとイヤリングを付けた毛皮の上着の自画像》と《使徒パウロ》、そして、サロモン・フアン・ライスダール、ヤーコプ・ファン・ライスダールの諸作品をもって、いよいよ、17世紀オランダ絵画の特筆すべき作品例が一堂に会すことになります。