スティーヴン・ベーキンガムとメアリーコックスの結婚

ホガースは、おそらく風刺的な版画で最もよく知られているが、同時に才能豊かな肖像画家であり、イギリス社会の観察者でもあった。ここでは、1729年6月9日に執り行われたスティーヴン・ベーキンガム(1756没)とメアリー・コックス(1738没)の結婚式の場面が描かれている。

ベーキンガム家は、広大な領地を所有するジェントリーで、スティーヴン・ベーキンガムは、父親同様、リンカーンズ・イン(イギリスの四つの法曹団体のひとつ)に属する法廷弁護士であった。豊かさを象徴する豊の角を手にしたプットーたちと、ほとんどカリカチュアのごときトマス・クック師の肖像は、この画面にはいささか意外な付加的要素である。それらを除けば、厳用な儀式の証となっている。

女とオウム

この作品はマネが、彼のライヴァル、クールベが1866年のサロンに出品して論議を呼んだ裸婦に対すると考えていたと思われ、他の画家の作品をほのめかマネの傾向を物語っている。クールべの作品が、
明らかに官能的であるのに対して、マネの作品は分別
があり簡潔である。映覚はスミレの花、触覚と視覚は
そのひもを手で触れている片眼鏡、聴覚はオウム(話す
す鳥)、味党はオレンジである。

モデルはヴィクトリーヌ・ムーランで。マネの有名な
作品《オランビア》と《草上の昼食》《ともに1863
年、バリ、オルセー美術館蔵)でもポーズをとってい
る。

頭皮から乾かし、毛先への熱はなるべく選ける

水分は上から下へと伝っていくため・
ドライ&ブローは頭皮から毛先の順
に。頭皮が湿っていると、ブローし
ても髪がうねる原因に。「頭皮も髪も
ぬれたままにせずに、できるだけ手
早く吃かすのがコツです」(鈴木さん)

タオルドライは頭皮からぬれている頭皮や髪
はデリケート。まず頭皮からふき、毛先
はタオルで包むように水分を取ります。