17世紀前半のアントウェルペンにおける大抵の画家たち

17世紀前半のアントウェルペンにおける大抵の画家たちは、ルーべンスの弟子であるか、あるいは少なくともある期間は、ルーべンスの良く組織化された大工房で働いていた。ヤン・ファン・デン・フーケは、1634年に総督となった枢機卿親王フェルディナントの祝祭入城行進(ポンパ・イントロイトゥス)の装飾の制作に参加した。

テオトル・ファン・テユルデンはこの仕事への参加のほかに、銅版画によってそれらの装飾を出版する仕事に協力し、ヤン・プークホノ以トは上述の祝祭入城行進のための装飾制作もさらにはスペィン王のための狩猟館(トッレ・デ・ラ・パラーダ)の装飾にも加わった。