ブルガリ、東京国立博物館で130年の歴史をジュエリーで辿る展覧会

イタリアのハイジュエラー「ブルガリ(BVLGARI)」が、希少なアーカイブピース約250点を集めた展覧会「アート オブ ブルガリ 130 年にわたるイタリアの美の至宝」を開催する。東京・上野の東京国立博物館 表慶館を会場に、期間は9月8日から11月29日まで。

130年を超える歴史を辿る展覧会では、「ブルガリ」の壮大なヘリテージコレクションから、イタリア派ジュエリーデザインを代表する創造性の高い作品がそろう。創業者ファミリーが手がけた1884年の銀の装飾品から、1920年代のアールデコ様式、映画俳優が身に着けたジュエリーなど、現代に至るまで様々な影響を与え続けたデザインの変遷を辿る。

 会場内では、エリザベス・テイラーが映画「クレオパトラ」で着用した衣装とジュエリー、後に結婚した俳優リチャード・バートンから贈られたジュエリーの数々をはじめ、イングリッド・バーグマン、グレース・ケリー、ソフィア・ローレンといった時代のミューズ達が身に付けてきたジュエリーを展示。蛇を模したセルペンティコレクションや、ビザンチン帝国のゴールドコインを用いたモネーテコレクションといった代表的なモチーフをはじめ、古代ギリシャやローマ文化の美術や建造物、そして極東アジアなどインスピレーション源は多岐にわたる。中でも日本の美意識から着想された作品として「富士山」と「ブッダ」を特別に公開。表慶館を彩るジュエリーのプロジェクションマッピングなど、様々なアプローチでハイジュエリーの真髄に迫る。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/11647