サラ・ジェシカ・パーカーから直々オファー

NYを拠点に活動する「アディアム(ADEAM)」のデザイナー前田華子が、ニューヨーク・シティ・バレエ団の衣装を手がけることが決定した。チェアマンを務める女優のサラ・ジェシカ・パーカーから直々にオファーがあったという。

ニューヨーク・シティ・バレエ団のファッションガラは、サラ・ジェシカ・パーカーがファッションとバレエの融合を目的に始めたイベント。毎年、そのシーズンに発表される作品の衣装をファッションデザイナーに依頼しており、これまでもヴァレンティノ・ガラヴァーニやアレキサンダー・マックイーン、トム・ブラウンといったデザイナーが選ばれている。

 今回抜擢された前田華子は、サラ・ジェシカ・パーカーから直接メールでオファーを受け「突然のことで驚いた」という。演出家ロバート・ビネとのコラボレーションで衣装を担当することが決まり、作曲家モーリス・ラヴェルの楽曲に合わせて創作する新しいバレエのために「アディアム」オリジナルデザインの衣装を制作する。楽曲から受けた水面のイメージから海の生物を想像し、ウロコ状のモチーフや刺繍、スワロフスキーがグラデーションして「まるで身体の一部のように一体となったドレスをデザインした」という。

 その他、「オープニングセレモニー(OPENING CEREMONY)」のウンベルト・リオン(Humberto Leon)とキャロル・リム(Carol Lim)、今年のLVMHアワードを受賞した「マルケス・アルメイダ(MarquesAlmeida)」のマルタ・マルケス(Marta Marques)とパウロ・アルメイダ(Paulo Almeida)、ズハイル・ムラド(ZUHAIR MURAD)、そして「オスカー・デ・ラ・レンタ(OSCAR DE LA RENTA)」を手がけるピーター・コッピング(Peter Copping)らが参加する。バレエは9月30日に初披露され、その後リンカーンセンターで上演が予定されている。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/12831