東京ミッドタウンでデザインの祭典が開幕

東京ミッドタウンで毎年恒例のデザインイベント「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH 2015」が、10月16日に開幕する。隈研吾がディレクションした「つみきのひろば」をはじめ、今年のテーマ「つながるデザイン」に基づいた企画が展開され、前日の15日に関係者向けに公開された。

今年で9回目を迎える「Tokyo Midtown DESIGN TOUCH」は、「デザインを五感で楽しむ」をコンセプトに2007年から毎年開催。今年のメインヴィジュアルはウェブデザイナー田中良治が手掛け、視線の動きのみで制作した書体eyeFontを使い「視覚」と「思考」をつなぐデザインにしたという。  主な見どころである「つみきのひろば」は芝生広場に展開。大小様々なつみきで作られたピラミッドやアーケードなどを設置し、子ども達が自由に触れて遊べる空間になっている。つみきは国産スギの無垢材から作られた二枚の板を山型に組み合わせ、ジョイントとなる部分に一枚の薄い板を噛ませることで軽量でありながら強度も併せ持つ。子どもの頃からつみきが好きだったという隈研吾は、構想に「建築物を一つ設計するだけの時間がかかった」と話し、「一枚の板だったものがピラミッドになった。家や街も作れるかもしれない。頑張り続ければこれだけ大きなものもできるんだということを、子ども達に知ってもらえれば」とコメント。会場ではガーデナーの齋藤太一やプロダクトデザイナーの鈴木啓太、美術家のミヤケマイと佐野文彦によるコラボレーションなど、若手クリエイター3組が手掛けた作品も展示される。

 東京ミッドタウン館内ではテーマに基づいたアイテムを展示する「つながるデザイン展」を開催。空間デザイナー松村和典が手掛けるガレリア3階のサテライトエリア「つきのまち」の会場では、隈研吾がデザインしたつみき約1,000個が使用される。このほか、日本の伝統工芸とトップクリエイターによる企画「JAGDA Kasama / Kawara Exhibition」や、若手建築家 中村拓志がディレクションしたイタリアの高級時計メーカー「オフィチーネ パネライ(OFFICINE PANERAI)」の世界観を体感できるイベント、eyeFontを体験コーナーなどが展開される。会期は11月3日まで。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/14483