女とオウム

この作品はマネが、彼のライヴァル、クールベが1866年のサロンに出品して論議を呼んだ裸婦に対すると考えていたと思われ、他の画家の作品をほのめかマネの傾向を物語っている。クールべの作品が、
明らかに官能的であるのに対して、マネの作品は分別
があり簡潔である。映覚はスミレの花、触覚と視覚は
そのひもを手で触れている片眼鏡、聴覚はオウム(話す
す鳥)、味党はオレンジである。

モデルはヴィクトリーヌ・ムーランで。マネの有名な
作品《オランビア》と《草上の昼食》《ともに1863
年、バリ、オルセー美術館蔵)でもポーズをとってい
る。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/17110