ニース,天使の入江

1926年から1929年にかけて.デュフィはニースを描いた沢山の油彩画と水彩画を制作したが.それらの作品は.色彩と形態を独立とした要素として扱うという,192011.代に展開さされた.彼の新しい麦現様式を反映している.

この楽しさの溢れる画面は,明るい光と澄んだ青,きらめく白によって輝やき,すべての美しさは,このリヴィエラの有名な保養地を仿佛とさせる.ここでは、絵を見る人,そして画面の中で歩いている人々が,まるで眺めのいいアメリカ伐橋から.湾曲した海岸線や起伏の多い地形を見渡しているかのように,ニースの全景が広がっている.海に突き出た桟橋の上にあるのはカジノ・ド・ラ・ジュテ(伐僑のカジノ)で,デュフィはしばしばクローズアップで描いている.
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/24161