17世紀フランドル絵画を代表する傑作です

今回の展覧会には、皇帝ルドルフ2世の宮廷で活躍した画家たち、例えば、「花のブリューゲル」として知られるヤン・プリューゲル(父)の作品も登場します。また、ルーべンス、フアン・ダイク、テニールス(子)、アドリアーン・フアン・ユトレヒトの作品は、17世紀フランドル絵画を代表する傑作です。

さらに、レンブラントによる《金鎖の首飾りとイヤリングを付けた毛皮の上着の自画像》と《使徒パウロ》、そして、サロモン・フアン・ライスダール、ヤーコプ・ファン・ライスダールの諸作品をもって、いよいよ、17世紀オランダ絵画の特筆すべき作品例が一堂に会すことになります。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/nakama/25313