徒然に ボソボソと

テロップって分かりますか?放送時に画面の彼方此方に文字情報が出て来るでしょう?アレ。

「只今のVTRで○○と出ておりましたが、正しくは○△でした」みたいな。

ある朝の生放送で…放送ギリまで編集をして、いよいよ!って直前まで、画の間違えやらテロップの間違えやらが無いかをみんなで見直すんだけど…

「コノ文字って、ちにテンテン(ぢ)だっけ?しにテンテン(じ)だっけ?」と言う騒ぎがあり、その場に居合わせたスタッフが誰も自信を持って答えられなくて。

「急いで確認して!」と走らされたAD(女の子)。もう時間がない中…皆んなが皆んなテンパって居て、ピリピリ空気の中…ADが息も絶え絶えに走り戻り。

「(はぁはぁ)てに…てにチンチンです」

どんな放送作家でも書けないコントをマジで披露。

「そっか!てにチンチンだな」と1度は誰もが納得したんだけど…(皆んなテンパリ中)
「…違うだろう!なんだよソレ」って誰かの怒鳴る声でADも皆んなも我に返り…ところが!

「違いました。しにチンチンです」

って。まさかの重ねボケをかまして。

皆さんが御覧になっている放送の裏側では、こんな事も起きていると言うお話でした。

射精してないことに気が付いた

どうやらオレは射精していないらしい。

クリトリスでイクことは知っているけれど、中でイッたことがないというハタチの女子大生の強いリクエストで、彼女に気持ち良さを知ってもらうためのお手伝いをすることに。便宜上、仮に名前をMちゃんとしておきます。

九州に来てから、そういうリクエストは極力に避けてきたんだけど、長いヤリトリの中で大きなコンプレックスにもなっていることを感じて、Mちゃんのためにも…文字通りに一肌、脱ごうとなったワケなんだけど。

もともと敏感なボディの持ち主のMちゃんは、中でイクどころか…キッチリとポルチオの気持ち良さを体感してくれて。3時間弱の時間で終始に絶頂を何度も感じてくれて。

ボンヤリとした表情で湯船に浸かりながら、中でイケたことの余韻にも浸りながら、大きな瞳から涙も溢れさせてくれて。

それを見ていたオレは、ギュッと抱きしめたくなった衝動のままに行動に移してみると、Mちゃんも恥ずかしそうな表情を一瞬だけしたかと思うと意を決したかのように大きく腕を広げてハグをし返してくれて。

もう、こうなると男冥利に尽きて感慨深くなるだけじゃなくて…オレの射精とかは、ホントにどうでもよくなっていて。単純にいとおしく感じるという…オッサンのセンチメンタルな柔らかな部分をギューッと締め付けるようにたっぷりと刺激されて、感傷の無限ループにハマって。

こうして、射精がどうでも良くなってしまう。
Calendar
«  January 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others