小説を読んで台本に書き込み…島崎遥香が明かした女優としての努力

島崎遥香が総選挙で告知したかった映画

2016年6月18日。AKB48選抜総選挙での、島崎遥香さんのスピーチは、過去のものと明らかに一線を画していた。
「今年が最後の総選挙」「正直、卒業も考えました」「こんなにもアイドルっぽくない私」と、まっすぐな言葉を重ねた。

徳光和夫さんに「最高のスピーチ」と褒められた後、島崎さんは「まだ時間はありますか?」と確認し、「本当に恐れ多いんですけど、この場を借りて告知させていただきますがなにか」と発言。
その翌日に最終回を迎えるドラマ『ゆとりですがなにか』の告知かと思いきや、島崎遥香さんがしたのは、映画の告知だった。

徳光和夫さんは「さっき(告知する前)でやめておくべきだったな」と言い放っていたが、告知が感動を呼ばないことなど、本人は織り込み済みのはず。あの場で告知するという勇気のいる行為をしてまで、島崎さんが広めたかったのがこの映画『ホーンテッド・キャンパス』だ。
大野拓朗・安井謙太郎…若手注目株勢揃い

映画『ホーンテッド・キャンパス』は、大学を舞台にした青春オカルトミステリー。主演は中山優馬さんで、ヒロインを島崎遥香さんが務める。その他にも『とと姉ちゃん』『LOVE理論』といったドラマで実力を発揮する俳優・大野拓朗さんや、ジャニーズJr.内で司会業も俳優業もできるといった独自の立ち位置を築いている注目株・安井謙太郎さんらが脇を固める。

今回、“永遠のオトナ童貞のための文化系マガジン”チェリーでは、映画公開にあわせて島崎遥香さんにインタビュー。映画『ホーンテッド・キャンパス』の現場でのエピソードや、役作り、好みの男性キャラクターのタイプなどを聞いた。
原作を読んで台本に書き込み


――今回の映画は累計70万部突破の人気小説が原作になっています。


「原作のファンの方を悲しませたくないというのが、やっぱり一番にあったので、髪型なども、なるべく近づけるように外見から入っていきました」


――原作にはルックスなどの細かい描写もありますもんね。


「原作を読むと、登場人物がどういうルックスをしていて、どういう性格をしていて、どんなことを感じて……といったことが、台本より詳しく書いてあるんですよね。それを細かく台本に書き写していきました」
こんな女のコが実在して欲しい……!

――そんなアプローチで役作りをされていったんですね! 島崎さんが演じた、灘こよみという女のコに関してはどんな印象を抱かれましたか?


「なんだろう……世の中の男性に夢を与えるコですよね。大学生にして、こんな心を持った女の子が、現実に存在するのだろうか、というくらいピュアで。そういう女のコが存在してほしいな、って思わせるようなコでした」


――ちなみに、島崎さんご自身よりピュアの濃度は高い感じでしょうか?

ダイエット薬
スーパーファット
OB蛋白痩身素第4代
天天素
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
2
3
4
6
7
8
10
11
12
14
15
16
17
19
20
22
23
24
26
27
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others