海水浴の男子高校生が溺れ死亡 小樽市

8日午後、北海道小樽市の海岸で海水浴をしていた男子高校生が溺れる事故があった。男子高校生はその後発見されたが、病院で死亡が確認された。

 事故があったのは、小樽市銭函の海水浴場近くの海岸。8日午後3時すぎ、海水浴に来ていた「札幌あすかぜ高校」の男子高校生4人が海に流された。4人のうち3人はすぐに自力で浜に上がったが、札幌市手稲区の百沢武竜さん(16)が行方不明となった。警察や消防などが捜索に当たったところ、約1時間後、消防のダイバーが百沢さんを海中に沈んだ状態で発見した。百沢さんは救急車で病院に緊急搬送されたが、その後、死亡が確認された。

 警察は百沢さんが溺れた原因について詳しく調べを進めている。

ダイエット薬
天天素
曲美