推定価値1.3億円のバンクシー壁画、住宅工事で損壊 英

英国の覆面グラフィティアーティスト、バンクシー(Banksy)が政府の監視体制を皮肉ってイングランド(England)南西チェルトナム(Cheltenham)の住宅の壁に描いた絵画が、この住宅の工事に伴い損壊したことが分かった。地元議会の関係者が22日、明らかにした。壁画の価値は推定100万ポンド(約1億3000万円)とされる。

ローマでバンクシーの大規模な展示会 100点余出展

 損壊したのは2014年4月に描かれた「スパイ・ブース(Spy Booth)」と題された作品。本物の電話ボックスを囲んでトレンチコート姿の3人の男が盗聴器で通話を盗み聞きしようとする様子を描いている。

 作品がある場所は、米国家安全保障局(NSA)の職員だったエドワード・スノーデン(Edward Snowden)氏の暴露情報から数々の傍受行為が明らかになった英情報機関の政府通信本部(GCHQ)から5キロほどしか離れていない。

バイアグラUSA精力剤
シアリス Cialis
五夜神生精片

 棟続き住宅の一番端の家の壁に一夜にして出現したこの壁画は保護の対象とされていたが、地元評議会のマーク・ネルソン(Mark Nelson)氏によると、この家の所有者が緊急工事の間に壁画が損壊したことを認めた。工事は、住宅の老朽化を防ぐための緊急工事の通知を市側から受けて実施したものだという。

 壁画は地元の観光名所としても人気を集めていたが、別のグラフィティアーティストが銀色や赤色のスプレーを吹き付けたため、バンクシーの元の絵は台無しになっていた。

 地元議員は英通信社プレス・アソシエーション(PA)の取材に「ショッキングなニュースだ」と驚きを隠さず、至急調査が必要だと語っている。