Day of Infamy

Insurgency』開発元のNew World Interactive手がける新作第二次世界大戦FPS『Day of Infamy』のSteam早期アクセスが開始されました。



チームワーク重視の『Day of Infamy』は、名作『Day of Defeat』が生み出した第二次世界大戦アクションの復活と継続を目指しており、古くからのFPSプレイヤーにとっては非常に懐かしいクラシカルなゲームプレイを特色としています。フルリリースは2016年Q4~2017年Q1の予定で、それまでにさらなるコンテンツの追加や洗練を行っていくとのことです。

先日行われたクローズドアルファからのプレイ映像

筆者も少しだけクローズドアルファに参加できたのですが、非常に良い感触でした。特にサウンドが印象的で、砲撃音の迫力はかなりのもの。また、個人的には「狙撃銃で狙う際にズームするのはスコープの中だけ」「ライフルグレネードを使う前に空砲を装填」「スモークの中に入ると咳き込む」など細かい演出が高得点でした。ビジュアルは若干古めかしさがあるものの、この手の作品を好む年代ならさほど気にならないでしょう。

ウェブマネー 販売

メタルギアソリッド バンドデシネ

発売日:2006年9月21日 発売元:コナミデジタルエンタテインメント 開発元:コナミ/アクリア対応機種:PSP/DVD/BD


本作の公式サイト

―デジタルコミック『メタルギアソリッド』をプレイ
『メタルギアソリッド バンドデシネ』は、シャドーモセス事件を描いたコミック版『メタルギアソリッド』に、映像表現や音響演出、ボイスなどを追加したデジタルコミックです。本作は、PlayStation Portable版のほかに、DVD/BD版(BD版は『メタルギア ソリッド レガシーコレクション』に収録)がリリースされています。なお、DVD/BD版には、本作の続編にあたる『メタルギアソリッド2 バンドデシネ』(『MGS2』を描いた作品)も収録されています。

本作の特徴
・コミック用に一部の展開に変更が加えられている
・ゲーム版『MGS』の一部のキャラクターが登場しない
・本作のデジタルコミック表現は、後のゲームシリーズでも使用されている

次のページ:『メタルギアソリッド ポータブル・オプス』から『メタルギアソリッド タッチ』までの4作品を紹介!
イルーナ戦記 RMT

「FFXIV:蒼天のイシュガルド」と「妖怪ウォッチ3」のコラボが本日スタート。入手可能なコラボ限定ア

スクウェア・エニックスは,同社が運営しているMMORPG「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」(PC / PS4 / PS3 / Mac / 3DS / 3DS)と,レベルファイブのニンテンドー3DS用ソフト「妖怪ウォッチ3 スシ/テンプラ」とのコラボレーションイベントを,本日(2016年7月26日)開始した。

 シバニャンなど13種類の人気妖怪達が登場するコラボイベント「妖怪ウォッチ エオルゼア大集合だニャン!」(関連記事)では,妖怪達のミニオンやオリジナルデザインの武器やマウントが手に入るという。公式サイトでは,イベントの詳細がフローチャート方式で掲載され,「百斬斧・赤猫」など入手可能な武器とミニオンも公開されている。イベントの期間は本日17:00から10月3日23:59頃まで。

《リンク:「FFXIV」×「妖怪ウォッチ」コラボ特設ページ》
(http://jp.finalfantasyxiv.com/lodestone/special/2016/youkai-watch/)

《リンク:「ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド」公式サイト》
(http://jp.finalfantasyxiv.com/heavensward/)

FFXIVに妖怪たちがやってくる!
「ファイナルファンタジーXIV」×「妖怪ウォッチ」
スペシャルコラボイベント本日スタート!
株式会社スクウェア・エニックス(本社:東京都新宿区、代表取締役社長:松田洋祐)は『ファイナルファンタジーXIV』(以下:FFXIV)において、ニンテンドー3DSソフト『妖怪ウォッチ3スシ/テンプラ』(2016年7月16日(土)発売)とのコラボレーションイベントを本日開始しました。

『妖怪ウォッチ』コラボイベント
「妖怪ウォッチエオルゼア大集合だニャン!」本日スタート!!

『FFXIV』の『妖怪ウォッチ』との、前代未聞コラボレーションイベント「妖怪ウォッチエオルゼア大集合だニャン!」が、本日スタート!「妖怪ウォッチエオルゼア大集合だニャン!」は、『FFXIV』の世界に『妖怪ウォッチ』でおなじみのジバニャンやウィスパーをはじめとした様々な人気妖怪たちが13種類登場!

また、本イベントでは、妖怪たちのミニオンやオリジナルデザインの武器やマウントなど、特別な報酬を手に入れることができます。妖怪たちと織りなす奇想天外な楽しい冒険を、この機会にお楽しみください。

【イベント開催期間】
2016年7月26日(火)17:00頃~10月3日(月)23:59頃

■『FFXIV』×『妖怪ウォッチ』コラボ特設サイトにてスペシャルムービー公開中!

スペシャルムービー公開中!イベント情報はこちら
『FFXIV』×『妖怪ウォッチ』コラボ特設サイト
http://sqex.to/ykw

『FFXIV』×『妖怪ウォッチ』コラボ特設ページ
http://sqex.to/XIV_YKW_JP


―――――――――――――――――
記事URL:http://www.4gamer.net/games/278/G027835/20160726050/
→画像、ムービーなどがすべてある完全版です
―――――――――――――――――
関連タイトル:
・PC ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
・PS4 ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
・PS3 ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
・MAC ファイナルファンタジーXIV:蒼天のイシュガルド
・3DS 妖怪ウォッチ3 スシ
・3DS 妖怪ウォッチ3 テンプラ

―――――――――――――――――
(C)LEVEL-5 Inc.
―――――――――――――――――
Copyright (C) 2000-2016 Aetas, Inc. All rights reserved.

ストリートファイターV

カプコンは、対戦格闘ゲーム『ストリートファイターV』の新キャラクターである「ジュリ」の最新映像を公開すると共に、国内での配信日が7月27日であると発表しました。

発表と共に公開されたプレイ映像では、ジュリの蹴り技を中心としたコンボなどを映しているため、配信を楽しみにしているユーザーにはバトルコスチュームと共に注目しておきたい動画です。またジュリのコスチュームは、髪を下ろし素足で戦うラフな格好と防寒着とブーツを履いた厚みある格好のプレミアムバトルコスチュームとストーリーの2種類が公開されています。以下詳細です。

■『ストリートファイターV』での「ジュリ」



人の争いや苦悩を好み、戦う相手を破壊し尽くすことを至高の喜びとする、サディスティックな享楽家。

■身長: 165cm
■体重: 57kg
■職業/所属: 元S.I.N.の構成員
■好きなもの: 辛い食べ物、蜘蛛
SUN RMT

ゲームの中で機械作り!テクノロジーの基礎を学ぶ

マインクラフト』にはやや上級者的な要素として、レッドストーン回路と呼ばれる機械装置を作るためのシステムが用意されています。このレッドストーン回路では、スイッチを用いたON/OFF機能付きの照明といった簡単な装置からエレベーター的な昇降装置、果ては巨大ロボットといったものまで様々な装置を作ることが可能。現代的なテクノロジーの基礎を学ぶことが出来ます。


簡単に作った照明装置。スイッチを入れると点灯する

このレッドストーン回路は『マインクラフト』の中でも特に学習効果に期待が寄せられている要素の1つ。遊びを通じてコンピューターサイエンスを学び、論理的思考を鍛える効果があると言われています。同じ結果を生む装置でも、設計者それぞれのアイデアが盛り込まれていることも多く、装置の仕組みを知り、発展させる応用力を養うといった効果も。『マインクラフト』を使った教育イベントでもテーマとして取り上げられることが多く、国内外の教育者からその可能性に大きな注目が寄せられています。
マビノギ英雄伝 RMT

テロ容疑者のスマホ覗き見る謎解きADV『Replica』プレイレポ―浮かび上がる「事実」は「真実」な

今回ご紹介するのは7月11日にSteamおよびitch.ioにて配信が開始された、韓国のインディー開発者SOMI氏手がける新作アドベンチャーゲーム『Replica』です。



本作はテロ事件の発生によって警戒が強化され、政府が個人の移動記録や携帯電話使用などを監視するようになってしまったとある国が舞台。プレイヤーはテロ容疑をかけられた人物の携帯電話(スマートフォン)を調べるよう政府に強要されており、その中にあるアプリやソーシャルメディアの記録からテロの証拠を見つけ出さなければなりません。


容疑者の携帯電話


ゲーム開始直後最初の謎解き


ホーム画面

ゲーム進め方は過去にご紹介した『Please, Don't Touch Anything』に似ており、電話帳やチャットアプリ、カメラロールなど、あちこちに散りばめられたヒントをもとに重要情報を導き出していきます。操作は基本的にクリックのみとなっています。また、時折かかってくる電話を受けたり、逆にこちらからどこかに電話をかけることも可能です。
ドラクエ10 RMT

ノルウェーの森で行方不明の息子を探す『Through the Woods』が10月にSteam配信

パブリッシャーの1C Companyは、Antagonistが開発を手掛ける新作三人称ホラー『Through the Woods』が10月にSteam配信となることを発表しました。



本作はノルウェー西岸の森を舞台に、行方不明の息子を探す母親の物語が描かれます。北欧神話やノルウェー民話の影響を受けており、ゲームではリアクティブなナレーションを通して、息子の失踪を取り巻く出来事が伝えられるとのことです。

北欧神話、ノルウェーのアートや自然からインスパイアされた、驚くべき環境と物語を探求。
リアクティブなナレーションを通じて、過去と現在の暗部を明らかに。
光と影の創造的な使用が生み出す惑わされる環境。
素晴らしく、不気味なサウンドデザインが伴う恐ろしい旅。







『Through the Woods』はPC向けにリリース予定。公式サイトではデモ版も配信中です。
《RIKUSYO》
【注目の記事】[PR]
NURO 光は本当に速いのか?SPEED TESTで検証! (RBB SPEED by ソネット)
エアコン代節約に「朝にやるといいコト3つ」 (マネーゴーランド)
SAKEはワインを超えることができるのか? (HANJO HANJO)
ドラゴンズドグマ RMT

アナの実装時期は?―開発者に気になるアレコレを訊いた

ライバル・プレイ」実装や新ヒーロー「アナ」の発表など、さらなる盛り上がりを見せるBlizzardの『オーバーウォッチ』。7月14日、都内某所にて同作のプリンシパル・デザイナーを務めるスコット・マーサー氏への4社合同のSkypeインタビューが行われましたので、「ライバル・プレイ」の現状や今後の新ヒーロー/新マップ展開など、気になる部分を訊いてきました。

===== ===== =====




――「ライバル・プレイ」で把握している問題やその解決策についてお聞かせいただけますか。

スコット・マーサー氏(以後、マーサー): 「ライバル・プレイ」は全体的に成功したと思っていますが、ユーザーのフィードバックからいろいろな問題を認識しています。特にサドンデスはあまり人気でないということが分かりましたのでシーズン2ではオミットする計画です。スキルレートについても、ユーザーにもっとわかりやすく伝えていきたいと考えています。また、今後はコンソールではグローバルで、PC版ではサーバーごとのトップ500のランキングが実装される予定です。
FF11アカウント

数々の珍プレーをダイジェスト映像でお届け!『アンチャ4』『BF4』『R6S』『MGSV:GZ』他

ビデオゲーム関連のYouTubeチャンネルGameSproutは、あらゆるゲーム作品の珍プレイを収録したダイジェスト動画を公開しました。

この映像には、アクションアドベンチャー『アンチャーテッド 海賊王と最後の秘宝』やステルスアクション『メタルギアソリッド5 グラウンドゼロズ』、オープンワールド型アクションアドベンチャー『レッド・デッド・リデンプション』をはじめとしたゲーム作品の珍プレイや失敗プレイ、グリッチによる偶発的な事故の数々が収められています。

特に、屋内特化型FPS『レインボーシックス シージ』のハイライト映像はコントそのもの。あるプレイヤーが、壁を破壊するためにBreach Chargeという爆薬を設置したものの、スイッチを押しても反応がないため様子を見に行った瞬間、時間差で爆発してしまうシーンは必見です。
信長の野望 RMT