ラグビー=SRサンウルブズ、来季初戦で王者ハリケーンズと対戦

[シドニー 19日 ロイター] - 南半球の強豪が集うスーパーラグビー(SR)の日本チーム、サンウルブズは東京で行われる来季初戦(2017年2月25日)で王者ハリケーンズ(ニュージーランド)と対戦する。

サンウルブズは昨季18チーム中、最下位に終わった。

新シーズン開幕戦(2月23日)では、レベルズ(オーストラリア)とブルース(ニュージーランド)が対戦する。

プレーオフは7月21日に開幕。決勝は8月5日に行われる。

妖姫
淫インモラル
紅蜘蛛

<パラ陸上>男子400メートルリレーで銅メダル獲得

リオデジャネイロ・パラリンピック第6日の12日(日本時間13日)、陸上男子400メートルリレー(芦田創、佐藤圭太、多川知希、山本篤)が行われ、日本は44秒16で3位に入り、銅メダルを獲得した。日本は4番目にゴールしたが、1位だった米国が失格となり、3位となった。

 芦田は走り幅跳びを得意とし、佐藤は膝より下を切断したなどの「T44」クラスで、100メートルと200メートルの日本記録保持者。多川は100メートル(切断などT47)にも出場し、山本は2008年の北京パラリンピックから3大会連続の出場で、北京パラリンピックでは走り幅跳びで銀メダルを獲得。今年5月に行われたパラ陸上の日本選手権では、6メートル56の世界記録(当時)を樹立して優勝していた。

男宝
藏鞭王(ザンベンワン)

藤田ニコル、イメージ一新で観客騒然<TGC2016 A/W>

【藤田ニコル/モデルプレス=9月3日】雑誌「Popteen」モデルでタレントの“にこるん”こと藤田ニコルが3日、さいたまスーパーアリーナにて開催中のファッションフェスタ「第23回 東京ガールズコレクション2016 AUTUMN/WINTER」(以下TGC)に出演した。

【さらに写真を見る】藤田ニコル、笑顔封印でイメージ一新ランウェイ/全身ショット

媚薬販売

開幕を飾る「TGC SPECIAL COLLECTION」ステージに登場した藤田は、今季トレンドの“ヴィンテージミックス”調の赤いタータンチェックのパンクファッションを着こなし。

腰まで伸びたストレートのロングヘアに、ピンクの目元が印象的なモード調のメイクで笑顔を封印。普段のポップでキュートな印象とはイメージがガラリと違う姿に観客からは「あれにこるん!?」「いつもと全然違う!」と驚きの声が上がっていた。

◆テーマは“LOVE ME”

「日本のガールズカルチャーを世界へ」をテーマに2005年8月から年2回開催されるファッションフェスタ「TGC」。今回で23回目を迎えた「TGC2016 A/W」は“LOVE ME”をテーマに、東京のガールズカルチャーを世界へ発信。イベントを象徴するキービジュアルは、「なりたい自分になる為に、自分をきちんと愛してあげるために、頑張るって最高に素敵でかっこいい」という意味を込め、写真家・映画監督として活躍する蜷川実花氏が今回のために撮り下ろした鮮やかな花の写真で表現した。
超強黒倍王

ローラ、水原希子、桐谷美玲など総勢約100名の日本を代表する人気モデルによるファッションショーを始め、豪華アーティストによる音楽ライブや、旬なゲストが多数登場するスペシャルステージなど、TGCならではのパラエティに富んだ多彩なコンテンツを展開。約3万人を動員する。

男子マラソン銀メダリストの抗議:エチオピア政府による弾圧とは

リオデジャネイロ五輪の最終日、古代オリンピックのもととなった競技の一つで、近代五輪では毎回最後に行われるマラソンで、それは起こりました。8月21日、男子マラソンで銀メダルを獲得したエチオピアのフェイサ・リレサ選手が、ゴールインの際に頭上で腕を交差させました。これは出身国エチオピアの政府が国民の政治活動を弾圧していることへの抗議の意思を示したもので、リレサ選手自身はそれによって自らの生命も危険かもしれないと語っています。

エチオピアでは、主に同国北部のオロモ州と北西部のアムハラ州で、昨年11月頃から政府に対する抗議デモと、これに対する鎮圧が繰り返されてきました。これらの抗議デモはお互いに結びついてはいないようですが、いずれにせよ国際人権団体ヒューマン・ライツ・ウォッチによると、今年6月までにオロモ州だけで少なくとも400人が治安部隊によって殺害されています。

アフリカ超人
美国遅時100
陰茎増大丸ジャーマンマックス

オリンピックは「平和の祭典」と称されますが、それは「そうであるべき」という目標であって、実際には政治と無関係ではあり得ません(詳細については池井優.1992.『オリンピックの政治学』.丸善)。特に自分の国で政治活動ができない、あるいは国際的に関心がもたれにくい問題の場合、国際的に活躍するアスリートがオリンピックの場で自らの国を告発することは、これまでにもありました。今回のリレサ選手の行為も、その一つといえるでしょう。
選挙を経た実質的な一党制

アフリカ北東部にあるエチオピアは、紀元1世紀にはアクスム王国と呼ばれる王国が成立し、アラビア半島などとの交易で栄えた土地でした。13世紀にはソロモン王朝が成立し、これがのちにエチオピア帝国として発展。エチオピア帝国は、ヨーロッパ列強によってアフリカ全土が植民地支配された19世紀から20世紀半ばにかけても、独立を保ったことでしられます。

現在のエチオピアは、議院内閣制のもと、憲法に基づいて定期的に選挙が行われています。実質的な権限は首相に集まっており、大統領はいわば形式的・儀典的な役職です。この体制は、内戦によって1991年に社会主義政権が崩壊した後に成立しました。

ただし、憲法に基づいて選挙が行われているからといって、必ずしも民主的とは限りません。2015年のエチオピア議会選挙では、547議席中500議席を与党「エチオピア人民革命民主戦線(EPRDF)」が獲得しています。もちろん、これが自由かつ公正な選挙の結果であれば、それは有権者の意志と呼べるでしょう。

しかし、エチオピアでの選挙プロセスは、疑問の余地が大きいものです。国際人権団体アムネスティ・インターナショナルによると、2015年選挙では選挙監視委員会が半数以上の野党系候補の登録を拒否。実際に立候補できた野党系候補は400人中139人だけだったといわれます。また、投票日には野党関係者500人以上が逮捕されました。政府によると、これらは「反テロ令」に基づく、合法的なものと位置付けられています。

その他、選挙の前後には、野党関係者が不審な死を遂げるケースが相次ぎ、アムネスティ・インターナショナルはこれを「司法を経ない処刑」と呼んでいます。表現・報道の自由は当然のように制限されており、インターネットプロバイダーは国営の一社だけです。

胸に刃物刺さった女性遺体発見

17日未明、奈良県奈良市のマンションで40代の女性が胸に刃物が刺さった状態で死亡しているのが見つかりました。警察が事件と自殺の両面から捜査しています。

 警察によりますと、17日午前2時半ごろ、奈良市針町のマンションの一室で橿原市の40代の女性が胸に刃物が刺さった状態で発見されました。女性は死亡していて、警察は部屋を調べるなどして事件と自殺の両面から捜査しています。

新一粒神
三鞭粒