いつも密かに近所の犬を抱きしめていく少年、その理由に胸を打たれる人が続出

男の子が近所のガレージにいる犬を抱きしめて、素早く去っていく姿を捉えた動画が話題となっている。

誰にも気づかれないよう犬を抱きしめる

この動画を撮影したのは、アメリカのルイジアナ州に住むHollie Breaux Malletさん。彼女は自宅のガレージに設置していた防犯カメラに、見知らぬ少年が頻繁に映り込んでいることに気付いたそう。

動画の中で少年は、その家の前に来ると自転車から降り、誰にも気づかれないよう素早くガレージに侵入。

他人の敷地に入ることが悪いと分かっているのか、中に繋がれているDutchessという犬を急いで抱きしめては、慌てて走り去って行った。

フェイスブックで子供の居場所を尋ねる

この事実を知ったMalletさんは、彼がどこの家の子供なのかを知るために自らのフェイスブックに動画を投稿。

しかしそれは自宅の不法侵入をやめさせるためではなく、もっとガレージに長くとどまってもいいと伝えるためだった。

幼い頃から飼っていた愛犬を失う

やがて1日も経たないうちに、Ginger Clement Breauxさんが返信。動画に映っている少年が自分の息子のJoshであり、このような行いをしているとは知らなかったと謝罪した。

さらに彼が幼い頃から飼っていた愛犬のBellaが、昨年亡くなったことを告白。そのためJosh君がいつもガレージの前を通るたびに、Dutchessが見えるかどうか首を伸ばしたり、家でも常に彼女の話をしたりしていると伝えた。

「これからも可愛がって欲しい」

それを知ったMalletさんはフェイスブックで「この素敵な少年、Josh君がこれからもDutchessのもとを訪れ、一緒に遊び可愛がってくれてくれることを願っています」と返信。

母親のBreauxさんは「この動画を見たとき、母親としてとても複雑な気持ちになりました(略)でも今朝は幸せな気持ちで目が覚めました。息子は本当にDutchessが大好きなんです」と感謝の気持ちを述べた。

その後招待されたJosh君はたっぷりDutchessと一緒の時間を過ごしたという。

この話はネットを通じてまたたく間に拡散。約1万2000人にもシェアされ、「なんて優しい男の子なの」「この話は私をハッピーにした」「本当に犬が欲しかったんだね」「とってもスウィート!」というコメントが多く寄せられた。

紅蜘蛛液体
紅蜘蛛催情粉
紅蜘蛛口服液