西日本中心に大雨警戒=前線が再び活発に―気象庁

気象庁は24日、梅雨前線の活動が再び活発になるため、西日本では25日にかけて雷を伴い、非常に激しい雨が降る所があると発表した。

 九州北部など、これまでの大雨で地盤が緩んだ地域は土砂災害に厳重な警戒が必要という。

 西・東日本に停滞する前線に向かい、南から暖かく湿った空気が流れ込むほか、低気圧の接近も予想される。25日には大雨の範囲が東日本や北日本に広がる恐れがある。

 島根県浜田市では24日午前9時すぎまでの1時間に35.5ミリ、岡山県井原市では同10時45分すぎまでの1時間に36.0ミリの激しい雨が降った。

 25日午前6時までの24時間予想雨量は多い所で、九州北部と近畿150ミリ、九州南部と中国、四国120ミリ。土砂災害のほか、河川の増水や低地の浸水に警戒し、突風や落雷に注意する必要がある。 

新一粒神
三鞭粒
MaxMan