ボルト、五輪3冠への必須条件 不安払しょくも練習量の確保が鍵

「追試」で見せた復調の走り
 見事な復帰レースだった。リオデジャネイロ五輪で3大会連続の短距離3冠を目指すジャマイカのウサイン・ボルトが「追試」となるダイヤモンドリーグ(DL)のロンドン戦に出場し、19秒89と今季世界5位という好タイムで優勝した。

「追試」と言葉を使ったのは理由がある。ボルトは7月初めに行われたジャマイカ選手権では100メートルの予選、準決勝に出場後、左大腿部に違和感を覚えて決勝を棄権。ジャマイカ陸連は「実績ある選手がけがで棄権した場合、医師の診断書を提出すれば救済される」という選考規定を設けており、それを申請し、200メートルも欠場した。救済措置のおかげでリオ五輪の代表には選ばれたものの、ジャマイカ陸連は「選手権で走っていない種目に関しては、リオ五輪の前にコンディション確認のために走らなければならない」と定めており、その規定にのっとり、今レースでは200メートルに出場した。

 ボルトの出したタイム、19秒89はジャマイカ選手権の200メートルで優勝したヨハン・ブレークの20秒29を上回り、レースを見守っていたジャマイカ陸連の会長や理事たちも納得の結果となった。
露呈した走り込み不足
 ボルトの復調をうかがう上で、19秒90というタイムが最低ラインだと多くの記者が予想していた。全米選考会ではラショーン・メリットが19秒74、ライバルのジャスティン・ガトリンが19秒75と、今季1、2位の記録を出していて、リオ五輪での優勝タイムは19秒5、6台が必要になってくる。五輪で勝つためには、今レースで最低でも19秒9台前半を出しておく必要があったが、19秒89とそれを上回るタイムを出すあたりはさすがだ。

 しかし、最低ラインをクリアしただけで、まだ走りもコンディションも100%ではない。ジャマイカ選手権から2週間後にドイツ人医師を訪ね、治療とリハビリを行った。無理をすれば再発の可能性もあり、足に大きく負担のかかる練習は避けてきたため、「スターティングブロックを使ったスタート練習は一度」しか行っていない。

 また、レースで露呈したように走り込みも不足していた。スタートから加速部分はもたつきもあったが、地力の差でライバル選手を大きく引き離し、2位以下に体2つ以上あけて直線へ。しかし後半は体を大きく揺らし、必死に腕を振ってフィニッシュラインへ。無理矢理、体を動かしているようにも見えた。

 ゴールすると、ボルトは眉間にシワを寄せ、肩で大きく息をしながらしゃがみ込んだ。ウイニングランをする気力すらないようだった。

「レースをうまくまとめられなかったけれど、でも今季初の200メートルでこれくらい走れたことは満足」 

 故障明けのレースで及第点を出せたこと、練習不足で後半少しバテたものの、足に違和感も出ず、まあまあのタイムで走れたことにホッとしているようだった。

致命誘惑
花痴
妖姫