<パラ陸上>男子400メートルリレーで銅メダル獲得

リオデジャネイロ・パラリンピック第6日の12日(日本時間13日)、陸上男子400メートルリレー(芦田創、佐藤圭太、多川知希、山本篤)が行われ、日本は44秒16で3位に入り、銅メダルを獲得した。日本は4番目にゴールしたが、1位だった米国が失格となり、3位となった。

 芦田は走り幅跳びを得意とし、佐藤は膝より下を切断したなどの「T44」クラスで、100メートルと200メートルの日本記録保持者。多川は100メートル(切断などT47)にも出場し、山本は2008年の北京パラリンピックから3大会連続の出場で、北京パラリンピックでは走り幅跳びで銀メダルを獲得。今年5月に行われたパラ陸上の日本選手権では、6メートル56の世界記録(当時)を樹立して優勝していた。

男宝
藏鞭王(ザンベンワン)