遊びの恋が本気モードに?~ネガティブでごめん!9月の後ろ向き恋占い

夏もそろそろ終盤となり、気づけば9月はすぐ目の前に。さんさんと照らす太陽、真っ青な海、フェスにBBQ、日焼けしたあの人の笑顔…楽しかったいくつもの夏の思い出を胸に、しっとりした秋の気配を感じる季節の到来です。

9月の運命数は?

さて、そんな2016年9月の月運命数は「9」。「休息」を表します。

夏に盛り上がったカップルの勢いにブレーキがかかったり、頑張った割には不作だった婚活も小休止…など、次のステップに向けて、様々なことを一旦お休みする時。

次の恋に向けて大ジャンプするための休息になるのか、そのまま恋愛凍結期に入るのかは自分次第。9月の恋の行方を、あなたの運命数から占います。

淫インモラル

あなたの「9月の月運命数」の出し方

自分の誕生月+誕生日+「9月の月運命数」の「9」=ご自身の月運命数です。

<例>9月25日生まれ

9+2+5+9=25→ 2+5=7

9月の月運命数:7

(※1~9の数になるまで足し続ける)

月運命数「1」のあなた

出会いのチャンスがあっても、どうしても一歩踏み出せない。普段ならガンガン攻めていくのに、なぜだかイメージ通りに進まず、いつもと違う自分に戸惑う。案外相手もそうだったりするので、お互いに冷静な恋のジャッジを。失敗知らずの恋で結果として満足することに。

月運命数「2」のあなた

異性に、知らず知らずのうちに塩対応をしてしまう。こちらはそのつもりはなくても、冷たすぎないか…と泣きつかれる。恋の駆け引きを楽しんでいるうちはいいけれど、ほどほどにしないと相手が去るので距離感に注意。たまに甘えさせてあげる、恋の上級テクニックを駆使して。

月運命数「3」のあなた

友達からの恋の相談が増え、いつの間にか恋のエキスパートとして尊敬される存在に。あまり頼られるのは重たいけれど、異性の友達からの相談を積極的に受けていると、その中から恋人候補が現れる予感が。本当の姿と少々違っていても、いい人キャラで押し通すことが大事。

月運命数「4」のあなた

紅蜘蛛(液体)+壮陽丹

刺激もなく、かといって大打撃もなく、まったりと恋が進む。夏にはしゃぎすぎた分、なんだかあっさりしすぎな感じもするけれど、今は現状維持でOK。落ち着いた時間を過ごしつつ、秋物のブーツをチェックするなど、早めの秋対策が幸運を呼び込む。秋のデートプランのイメトレを。

月運命数「5」のあなた

夏の終わりに楽しい出会いがあり、いい雰囲気に。どうせ遊びだし…と思いながらも昼間に再会してみると、夜とは違う真面目な顔に心ときめく。焦ってなんとかしようとしなくても、来月になれば、自然とお互いに求め合うので大丈夫。夜の顔は封印し、清楚路線でGO!

月運命数「6」のあなた

穏やかな人とのご縁あり。一見何を考えているのかわからなくて、イライラすることもあるけれど、意外としっかり者なので安心を。相手のペースに合わせておけば、平和な時間を過ごせ、案外これも幸せかもと思う。急がせると逆ギレされることもあるので要注意。

月運命数「7」のあなた

残暑厳しい中の濃厚デートで、ちょっと疲れる。暑いうちはお家デートに切り替えるなど、臨機応変さが吉を呼ぶ。今からバタバタと思い出作りをしなくても、秋が深まってからしっとりとしたいい関係になるので大丈夫。この時季はスキンシップも少々封印を。

月運命数「8」のあなた

ひと夏の軽い恋のはずが、しっかり長いお付き合いモードに。こんなはずでは…と若干反省をしつつも、現状の流れに乗るのが心地よかったりする。秋以降、大きな変化が訪れるかもしれないので、今は相手のペースに任せてよし。無理にこちらがリードすると火傷することも。

紅蜘蛛液体

月運命数「9」のあなた

何も言わなくても心が通じる、不思議な人と出会う。安心できる反面、勝手に心を読まれているようで緊張しなくもないけれど、そんな特殊能力はないので安心を。気楽すぎて、うっかりだらしない姿を見られないように、ときどき気を引き締めて。本音がバレたら笑顔でごまかすのはアリ。

米地裁、国務省にクリントン氏の新たなメール1.5万通の公開指示

[ワシントン 22日 ロイター] - 米ワシントン連邦地裁は22日、大統領選の民主党候補ヒラリー・クリントン氏が国務長官時代に公務で私用メールを使っていた問題で、新たに見つかった同氏のメールなど1万4900通の文書について、国務省に対し、調査の実施と公開に向けた計画策定を指示した。

今回見つかった文書は、連邦捜査局(FBI)がクリントン氏の私用メールサーバー利用をめぐる捜査の終了後に国務省に返還したディスクに含まれていた。FBIは、同氏の情報管理は「極めて軽率」と批判したが、訴追は求めなかった。

国務省は10月にメールの一部を公開する可能性があり、11月8日の大統領選の行方に影響する恐れがある。

私用メール問題を材料にクリントン氏は信用できないと批判してきた向きは、新たな問題発覚で攻勢を強めるとみられる。

クリントン氏はこれまでに、国務長官在任中の4年間に公務でやりとりした約5万5000ページに及ぶメールの記録を国務省に提出しているが、その中に含まれていなかったメールが今回明らかになった1万4900通の文書には含まれているという。

国務省はメール公開の手続きについて9月23日に裁判所と協議する。

新一粒神
三鞭粒
MaxMan

<群馬サファリ>車窓のパイプ 防護力が不十分か

群馬サファリパーク(群馬県富岡市)で16日に女性従業員がクマに襲われ死亡した事故で、安全対策として従業員が乗っていた巡回車の車窓に取り付けられていたパイプの防護力が、不十分だった可能性の高いことがパークへの取材で分かった。パークはクマに襲われてもパイプで車内の安全は確保されるとしていたが、事故ではクマが押して外してしまったとみられ、県警は対策に問題がなかったかなど調べている。

 パークによると、パイプ(直径2センチ)は運転席と助手席の車窓に各1本、車窓の真ん中を横切る形で設置。クマの口の部分までしか入らず、仮にクマがパイプに触れた場合、習性から引っ込むと想定していた。

 一方、同種施設の姫路セントラルパーク(兵庫県姫路市)は、巡回車にパイプを2本設置。担当者は「1本だと多少の時間稼ぎになるが、防護用として十分とはいえない」と指摘する。

 これについて、群馬サファリパークは「窓からえさをやるため、金網だと窓から投げられないし、視界も悪くなる。(1本は)安全性と利便性の妥協点だった」と説明し、「専門家の意見も取り入れながら最善策を模索したい」と話した。

アフリカ超人
美国遅時100
陰茎増大丸ジャーマンマックス

<筑後リサイクル店事件>夫に懲役28年判決 殺人罪認めず

◇福岡地裁、計3件の傷害致死罪が成立すると判断

 福岡県筑後市のリサイクル店元従業員ら3人に対する殺人や傷害致死などの罪に問われた経営者夫婦のうち、夫の中尾伸也被告(49)の裁判員裁判で、福岡地裁は8日、懲役28年(求刑・無期懲役)の判決を言い渡した。平塚浩司裁判長は、妻知佐被告(47)=1審懲役30年、控訴中=の判決と同様に元従業員男性(当時22歳)への殺人罪は認めず、計3件の傷害致死罪が成立すると判断。「幼児を含む3人が死に追いやられた過程は陰惨で結果は重大」と述べた。

 平塚裁判長は、元従業員男性への殺人罪の成立について「死に至る経緯が不明で殺意の認定は困難」と否定した。弁護側は「知佐被告の意のままに動く『代行者』だった」と主張したが、平塚裁判長は「自らの選択の結果として暴行を繰り返した」と退けた。一方、事件を主導したのは知佐被告で、伸也被告の供述が事件解明につながったことは認め「知佐被告と同等の責任とは言えない」とした。

 判決によると、知佐被告と共謀して2004年6月ごろに元従業員男性を、06年9~10月ごろに義弟冷水(ひやみず)一也さん(当時34歳)とその長男大斗ちゃん(同4歳)をそれぞれ暴行して死亡させるなどした。

印度神油 インドーシェンユー
狂潮嬌娃Passion Angel
LibiGel催淫剤

<銅像盗難>転売狙い?群馬などで相次ぐ 30代男が関与か

群馬、長野、静岡の3県で、7月に銅像やモニュメントの盗難が相次いだことが分かった。いずれも時期が近接し、機械で切断して像ごと持ち去る手口。銅の価格の高騰を受け、転売目的で盗んだとみられる。捜査関係者によると、橋の銘板の窃盗容疑で、群馬県警に逮捕された30代の男が同県の銅像盗難への関与をほのめかしており、同県警は一連の事件との関連を調べる。

巨人倍増

 同県警によると、7月10日午前、地元住民が同県中之条町の暮坂峠にある若山牧水の銅像(高さ約1メートル20センチ、幅60センチ)がなくなっていることに気づいた。足首から切断されていた。像は地元愛好家が建てたものだった。

 長野県長和町では7月11日、運動公園内の母子像「春の日和」(台座を含め高さ約2メートル)が足首部分から切断されてなくなっていたことが発覚。浜松市天竜区では同23日に、国道152号の「龍頭大橋」の欄干に取り付けられていた金属製の竜の頭のモニュメント2基のうち1基が盗まれていたことが分かった。3県では、橋の銘板が計100点以上盗まれる事件が同じ頃に起きている。

三體牛鞭

 群馬県高崎市の金属買い取り業者によると、近年、銅の価格は高水準で推移している。1トン当たりの銅の価格(年間平均値)は2003年ごろまで25万円前後だったが、中国のインフラ整備などで需要が高まり、07年に約88万円に上昇。今年も55万円前後で取引されている。

恐竜絶滅「すす」が原因?東北大など新説

今から6600万年前に起きた恐竜など生物の大量絶滅は、地球に小惑星が衝突して舞い上がった「すす」による気候変動が原因だったとする新説を、東北大大学院理学研究科と気象庁気象研究所が発表した。

鬼のミイラ…あなたは信じますか東北地方の伝説

SPANISCHE FLIEGE D5

 大量絶滅を引き起こした要因として最も有力なのが、メキシコ・ユカタン半島に落下した小惑星原因説。だが、小惑星の衝突と気候変動の因果関係を巡っては、巻き上げられた「ちり」が太陽光を遮って起きた地表寒冷化、大量発生した酸性雨による海水の酸性化など諸説ある。

 東北大の海保邦夫教授(有機地球化学)らは、カリブ海のハイチとスペインで小惑星衝突後に堆積した地層からすすを採取し、成分を分析。炭化水素の一種「コロネン」の含有率が高いことを突き止めた。

アメリカ強力催眠迷幻水

 コロネンは超高温で有機質が焼けた場合に限って含有率が高くなる性質があり、小惑星衝突の熱で生成されたと結論付けた。

 コンピューターで当時の気象変動を再現すると、舞い上がった大量のすすが上空約10~50キロの成層圏に7~8年とどまり続けて太陽光を吸収。気温が低下して海水の蒸発量が減り、降水量が激減したために植物が枯れて食物連鎖が崩れた。

 ちりの飛散は、短期間で収まって大きな気候変動には至らないという。海保教授は「もし、小惑星の衝突地点が海だったら、恐竜は絶滅しなかったかもしれない」と話している。

印度神油 インドーシェンユー