スポーツ庁・鈴木大地長官が「バサロ」披露

ソウルオリンピック競泳の金メダリストで、スポーツ庁の鈴木大地長官(49)が25日、あの「バサロ」を報道陣に披露した。

 水中から勢いよくスタートした鈴木長官は、潜ったままドルフィンキックのみで進む「バサロ泳法」を披露した。1988年のソウルオリンピックで男子100メートル背泳ぎで金メダルを獲得した際とほぼ同じ30メートルを泳ぎ切った。

 このイベントは朝からスポーツを推進しようと、国立代々木体育館の室内プールが27日から早朝営業を開始するのに合わせて行われたもの。

 「こんなものじゃないですよ、私のバサロは。(Q.本気出せば50メートルは?)いける、いける。余裕ですよ」-鈴木長官がメディアの前で泳ぎを披露したのは約7年ぶりだという。

D8 催情剤
D10媚薬催情剤
cayenne