セラピストの眠れぬ夜の衝動日記

喉が渇いて、珍しくしっかりと目が覚め、

水分をゴクリ
あ-やっぱり、寝る前に、
あのちょっとした乾きのシグナルをスルーしたのが、
睡眠がとりにくい原因だとわかった。
人な、寝るときに体温をさげていく、
そのとき、体温を気化させていく中で、放熱するので、
あまりにも水分がとれていないと、
熱が逃げにくくなる

だから、本当であれば、
乾く乾かないはさておき
寝る前には、水分を補給するのがいいといいます。

時々、夜間に目が覚めることを不安視する人がいらっしゃいますが、
基本的には
年を重ねれば人は夜間に目覚めやすくなりますし、
1から2回まで中途な覚醒は、正常範囲といいます。
筋肉が疲労していて、
寝冷えをすると、足がつりやすくなるのですが、
水分が不足すると、
さらにつりやすくなります

寝る前は、軽くストレッチ、水分をとり、
部屋は、暗くし、
就寝の1時間前は、
できれば、ブルーライトがはいっているので、目覚めやすく、寝にくくなるので、
テレビやスマホは見ないほうがいいといいます。

と、こんなことを、
今、水分不足で、中途覚醒し、さらに、スマホで日記を書いている(-。-;わけですから、

セラピストの不養生でしかありません。

さて、

では、
再入眠します。

昼夜逆転、ストレスで眠れぬ夜過ごしている
皆さま、

お先に失礼いたします。
おやすみなさい
三体牛鞭
蟻力神