Visioサブスクリプション版と永続ライセンス版-価格比較

サブスクリプション版と永続ライセンス版、どちらにしますか?

• Office 365発売後、マイクロソフトは斬新なサブスクリプション方式(月間使用料)を発表したが、ライセンス認証方式(永続)も留保されています。
Visio サブスクリプション版の特徴:
• オンデマンド料金制:Visioを使用する場合、その月の料金を支払えばよいですが、使わない場合、サブスクリプションを中止してもよいです。
• 更新の継続:サブスクリプション期間内に、無料で最新のVisioにアップグレード可能で、例えば今はVisio 2016を使っており、その後Visioの新しいエディションが発表される場合、アップグレードすることも可能です。
• マルチユーザ:サブスクリプション後、5台のPCに使用可能です。
Visio 永続ライセンス版の特徴:
• 一括払い:フルプライスで購入
• アップグレード不可:新しいエディションが発表されても、アップグレードできません。
• 例えばVisio 2013を購入し、新しいエディションのVisio 2016にアップグレードすることができません。
• 唯一端末:1台のPCのアクティブ化にのみ使用できます。
• Visio 2016の場合、下記の表によりVisioサブスクリプション版とVisio 永続ライセンス版の使用期限と費用を示す:



1年間価格 2年間価格 3年間価格 4年間価格
Visioサブスクリプション版 ¥16920 ¥33840 ¥50760 ¥67680
Visio 永続ライセンス版 ¥77544
Visio アカデミック版 ¥37800




Visio アカデミック版,最安価格:¥13999

Visio アカデミック版:

• 学生に無料か低価格でOffice 365、VisioとProjectを提供することで、学生はOffice、VisioとProjectを使用する意欲が高まります。
• 就職後、雇用主がその他オフィススイートを購入しても、一定の経済力があってから自己負担でOffice 365サービスを購入することもあります。
• これまで、マイクロソフト社はXbox Live Goldで学生にアプローチしようとしていました。
• Visio アカデミック版の価格は¥37800だが、低価格のVisioを購入するには、いくつかの条件をクリアしなければなりません。
• 日本の高等学校学生と教職員を対象とする学割計画があるが、身分検証が必要です。
• 個人情報の記入にあたって、学校の情報と個人学籍情報を完全に記入した上、検証されます。

最安のVisio———ボリュームライセンス版:
• VOL Edition(ボリュームライセンス版)とは企業購入向けのエディションです。この2つのエディションはほぼ同じだが、プロダクトキーの取得方式が異なります。
• 検索しみたところ、Visio ボリュームライセンス版を販売するサイトもあるが、Visio 2016 Professional(pro)価格は¥13999です。

http://ms-project-visio.com/visio-try-buy/visio-gekiyasu-kakaku/
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/office2010ka/27713
Calendar
«  September 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
1
3
4
5
6
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others