【注意喚起】ポケモンGoを子供に遊ばせるなら親として知っておくべきこと

世界で爆発的な人気を呼んでいるスマホゲーム「ポケモンGO」とは?



ポケモンGoは、成人と十代をターゲットして作られているゲームで、現実世界を舞台としてGPS機能を活用し、ユーザーの皆様が実際に色々な場所を歩きながらポケモンを探し捕まえ遊ぶことができる。だが、ポケモンを捕まえることが原因となったポケモンGo事故が各地で相次いでいる。警視庁によると、22日から25日午前11時半までで、取締を受けた件数が71件、人身事故は4件、物損事故が32件。大人でも我を忘れて子供だってハマっていたらやってしまうかも。だから、お子様に正しいポケモンGo遊び方を教えることが一番大事だと思う。


ポケモンGo子供に危険~プレー前の注意点を子供に伝えたい



夏休みを迎えているよね。ポケモンGoをやりたい子供も少なくないだろう。ポケモンGo事故を防ぐため、以下ではポケモンをプレーする前の注意点を子供たちに伝えたい。


1)、ポケモンGo安全にプレイするには、子供がゲームをプレイする前にそのリスクも知っておくべき。例えば、ストーカーの被害に遭い、個人情報ダダ漏れ、危険な場所に入り、交通事故などのトラブルに遭い、立ち入れ禁止地域への侵入、スマホの電池がなくなって連絡が取れない、熱中症になりやすい、顔も知らない不特定多数の人に出会うなど。


2)、ゲームアプリをダウンロードするときに必ず支払いオプションを設定しておくことが必要である。だから支払いオプションを指定せずにセットアップと、一回につき1万2千円まで課金できる。課金を支払っても現実では何もゲットしていない。


3)、屋外で遊ぶ場合は、交通ルール、公共ルールなどを破ったり、プレイ中に公共の場などでは周りの人々に迷惑をかける可能性が高い。


4)、ポケモンGo iOS10に対応していなく、iPhone/iPadをiOS10 Betaにアップデートしたら、ポケモンGoをプレーすることができない。


動画を見ながら、そのリスクを~


ポケモンGOの偽アプリに気をつけろ!個人情報を抜き取られるぞ!



【衝撃映像】ポケモンGOに熱中しすぎた世界のヤバい事故再現してみた



ポケモンGO仕事中に夢中になるとこんなリスクが‼!



ポケモンGO 野生のポケモンゲット! 親子で ゲーム実況 子供とお出かけ POKEMON GO



要チェック、正しいポケモンGo遊び方まとめ


1)、ポケモンGo安全プレイには、プレイヤーの方々は、Pokemon GOレーナーガイドラインやサービス利用規約に従ってください。


2)、ポケモンGoプラス(Pokémon GO Plus)の発売を待つ。ポケモンGoプラス(Pokémon GO Plus)とは、Bluetooth Low Energyを利用しスマホと連携し、ポケモンGoのゲーム画面から簡単にペアリング・接続することができる。ポケモンGoプラスは、スマホがスリープ状態になっても、接続状態が保たれる。配信スタート日は2016年7月29日(金)予定。3550円(税抜)で発売。


3)、安全なポケモンGo遊び方の一つとして、ゲーム開発に関わった任天堂側は、「幼児及び児童(13歳未満)なら、必ず保護者の監督下において安全な環境でご利用ください。初回利用時に、保護者の同意の上、アカウントを作成していただく必要がある。また大人の方々は子供に正しい遊び方を教えてください」と答えたという。


4)、ポケモンGo子供の安全のためには、13歳未満のお子様は、PTCアカウントの取得が必要である。


ポケモンGOの良いところと悪いところを解説


 


ポケモンGo良いところ


①  、運動不足・ストレス・出不精を解消することができる。


②  、スロージョギングでダイエット効果。


 


ポケモンGo悪いところ:


①  、禁止エリア侵入などで直接的、間接的に犯罪を幇助するものがある。


②  、歩きスマホで信号無視などをしてポケモンGo事故が多発。


③  、ポケモンGo子供が夢中になって勉強しなくなる。


④  、偽アプリから個人情報を抜き取る可能性が高い。


⑤  、プレー中にバッテリーが切れたら、親との連絡が取れなくて迷子になる可能性が高い。


⑥、1日に1時間プレイしたとすると通信料は約110MBで、1か月で計算すると、約330MBのデータ通信料を消費するようである。また、100ポケコインは1200円がかかる。


 記事全文はコチラ>>


世界最高峰のスマホデータ転送ソフトMacX MediaTransがリリース!ロード・変換・転送速度業

世界最高峰のスマホデータ転送ソフトMacX MediaTransがリリース!ロード・変換・転送速度業界一!


今日、iTunes代替ソフトを目指したMacX MediaTrans(Mac版)とWinX MediaTrans(Windows版)の初バージョン2.0を一気に正式リリースしました。パソコンとiPhone/iPad/iPodの間で画像/音楽/動画を相互転送して同期するにiTunesを使っていたユーザーは、「iTunesが重い、使いにくい、同期する時iPhoneのファイルがなくなる、iTunesから同期した音楽などをiPhoneで削除不可」など、iTunesに対して、色々な不満を持っているから、iTunes代替ソフトが必要とされています。そこで、Digiarty社がiOS転送・管理ソフトMacX MediaTransとWinX MediaTransを開発しました。機能豊富でありながら、パソコン初心者でも使いこなせます。iPhone/iPad/iPodユーザーの必携ツールだと言えます。


         




1.本スマホデータ転送ソフトの主な機能



▲ 1 画像転送:iPhone/iPad/iPod ⇒PC&Mac画像/写真をパソコンに転送して保存したら、素敵な瞬間が永遠に残ります。


▲ 2 音楽管理~iPhone/iPad/iPod ⇔PC&Mac、削除:プレイリスト無制限追加・編集・削除、曲のID3タグ情報再編集など細かいところがまで設定可能!


▲ 3 ビデオ~iPhone/iPad/iPod ⇔PC&Mac、削除:iTunes StoreやApple Music から購入してダウンロードしたPV/映画/ドラマ、iPhoneなどで撮影したビデオ、ダウンロード・保存動画を全部読み込めます。


▲ 4 iOSデバイスをUSBメモリーとして使う:フォーマットを問わず、あらゆるファイルをiPhone/iPad/iPodに保存可能!



 


2.本スマホデータ転送ソフトの使い方一覧(Mac用とWindows用)


写真転送編▼


MacX MediaTrans写真転送使い方>>


WinX MediaTrans写真転送使い方>>


音楽管理・転送編▼


MacX MediaTrans音楽管理こちら>>


WinX MediaTrans音楽管理こちら>>


ビデオ転送・同期編▼


 MacX MediaTransビデオ転送使い方>>


WinX MediaTransビデオ転送使い方>>


USBメモリー化する方法▼


iOS機器をUSBとして使える方法>>


3.本スマホデータ転送ソフトをおすすめする理由


★ ロード・転送速度業界一No.1:接続したiPhoneなどのiOSデバイスから、画像・音楽・ビデオをWinX MediaTransとMacX MediaTransに表示するにはただ二三秒でOK!画像を10000+を表示してもクラッシュなしで、数秒しかかかりません。iPhone・iPad・iPodとPC・Macとの相互メディアデータ転送速度が業界一!


★ No.1スピードでiOS未対応の動画を自動検出して、MP4に一括変換:Intel QSVとNVIDIA NVENCのハードウェアアクセラレーションのエンコーディング技術に対

【完全版】おすすめの最新版Mac用iTunes代替ソフトランキングまとめ

MacでiTunesを使わずにiPhone/iPad/iPodデータをバックアップする方法って何?と質問した人が少なくないだろう。本文は、最新版Mac用iTunes代替ソフトをまとめてみたので、MacでiTunesを使わずiPhone/iPad/iPodデータをバックアップしたいと思っている方は参考にしてみてください。


記事全文はこちら>>


MaciTunesを使わずにiOSデバイス内のデータをバックアップしたい?


本ページは、「MacでiTunesを使わずにiPhone/iPad/iPodデータをバックアップできるソフトって色々あるけど、どれがどう違うんだ?さっぱり分からない」という人の為に、おすすめの最新版Mac用iTunes代替ソフトランキングまとめを作成した。それで、Mac iTunes同期できない、iTunes iPhone/iPad/iPod認識できないなどといったMac iTunesエラーを一発で解決できる。それらのソフトを徹底的に比較して、表にまとめてみた。すべては有料のMac iTunes代替ソフトで、有名なソフトを一通り比較しているので、参考にしてみてください。 


最新版MaciTunes代替ソフトランキング表(BEST 10


iPhone7/iPhone 6s/6s Plus、iPad Pro/Air3/mini4への乗り換え、iOS10アップデート中にエラーが発生しデータを破損した時、iPhone/iPad/iPodの調子が悪くて修理に出した時、iPhone/iPad/iPodをどこかに無くした時を防ぐため、予めiPhone/iPad/iPodデータをバックアップしておけば安心であるよね。


Macユーザーなら、一般的にiTunesとiCloudを利用するだろう。だが、「iTunes使いづらいし頭にくる」「iCloud容量不足データをバックアップできない」などで、Mac iTunes代替ソフトを探している人が少なくない。


そんな時に悩むのがMac iTunesエラーを解決してくれるしiPhone/iPad/iPodデータをバックアップできるソフトってあるんだ?どのファイルマネージャーがいいんだ。結構色々悩んだので、今回はMac iTunes代替ソフトのラインナップをまとめてランキング形式(有料/無料体験まとめ)にしてみた。


















































 



 



価格



写真転送



音楽転送



ビデオ転送



ビデオ変換



USBメモリ



キャッシュ削除





MacX MediaTrans



29.95ドル



インポート不可/エクスポート可能/100万枚の写真を手軽に転送



インポート・エクスポート可能/新規プレイリストを作成/楽曲情報を編集/端末の楽曲を再読み込みする



インポート・エクスポート可能/縦向きの動画を横向きにする/縦向きの動画をフルスクリーンで再生



ファイルを変換と同期/複数のファイルを一括変換



対応可能/フリー且つ無制限



対応可能



2



iexplorer



39.95ドル



インポート不可/エクスポート可能



インポート不可/エクスポート可能/新規プレイリストを作成/楽曲情報を編集/端末の楽曲を再読み込みする



インポート不可/エクスポート可能/縦向きの動画を横向きにする/縦向きの動画をフルスクリーンで再生



対応不可



対応不可



対応不可



3



Anytrans



39.95ドル



インポート・エクスポート可能



インポート・エクスポート可能/新規プレイリストを作成



インポート・エクスポート可能



動画をMPEG 4 /H.264/MP3/ACCに変換しかできない



対応可能/フリー且つ無制限



対応不可



4


【超簡単】iPhone 7写真をMacに転送する方法4選!初心者必見!

iPhone 6sより自然で美しい写真を撮るため、きめ細やかな改良がiPhone 7カメラに盛り込まれているのである。そして、デジカメと比べて、携行しやすさ、使い勝手の良さ及びあまりにも劣っていない高画質を誇っているので、iPhone 7を使って写真を撮る方が沢山いる。ただし、高画質であるがゆえに容量が大きくなってしまい、iPhone 7の容量を圧迫する。iPhone 7の空き容量を増やすために、それらの写真をお使いのMacに転送することが必要。一般的に言えば、iPhone 7写真をMacに転送するには、いろいろなやり方がある。今回の記事では、iPhone 7写真をMacに転送方法4つをご紹介する。料金が無料か有料か、転送速度が速いか遅いか、操作方法が易いか難しいか、ご個人的なニーズに応じて選んでください。


記事全文はこちら>>


方法1:MacX MediaTransでiPhone 7写真をMacに転送

MacX MediaTrans詳細情報一覧


【ファイルサイズ】:39MB


【動作環境】: Mac OS X10.7以上(macOS Sierraにも対応)


【対応iOS】: iOS 7以降、iTunes 11.x2以降


【日本語対応】:可能(コンピュータで使われている言語によって自動的にインターフェース言語を選択する仕組み。)



ダウンロード&インストール

まず、このiPhone 7 Mac写真転送ソフトMacX MediaTransをダウンロードして、Macコンピュータにインストールしてください。ダウンロードしたmacx-mediatrans.dmgファイルをダブルクリックすると、新しいフォルダが開き、この中にMacX MediaTransアイコンがある。このMacX MediaTrans アイコンをアプリケーション フォルダにドラッグ&ドロップする。これでインストールは完了である。


    


MacX MediaTransでiPhone 7写真をMacに転送する方法>>


方法2:メールでiPhone 7写真をMacに転送



大量の写真を一気に送ることではなく、数枚程度なら軽いデータなのでメールに添付して転送しても構わない。一般的に、メールに添付するファイルの容量は2MBまでがマナーと言われている。そして、以下の内容に従って、メールでiPhone 7写真をMacにバックアップしよう。

ステップ1:iPhoneのホームスクリーンから写真アイコンをタップして、写真アプリを起動させる。

ステップ2:写真アプリ画面の下にあるアルバム、共有写真、写真など、たくさんの写真の中から転送する写真を見つけて、一枚ずつタップする。メール1件につき写真は5枚まで、5枚以上選んでいる場合は、メールを共有オプションとして選択することはできないとご注意ください。

ステップ3:共有ボタンを押して、共有する方法を選択する画面が出てきた。メールをタップして、選択した写真を貼付したメール作成画面が新しく開く。


ステップ4:自分のメールアドレスを入力して送信する。Macからメールを開き、添付されている写真を保存する。

 




方法3: AirDropでiPhone 7写真をMacに転送



AirDropとは、近くにいる友達に写真やビデオ、連絡先などを無線で共有(送受信)できる機能である。iOS8がインストールされているiOSデバイスとYosemiteがインストールされているMacがあれば、AirDropを使って、簡単にiPhone 7写真をMacに取り込むことを実現できる。まだ、使ったことのない人はぜひ、お試しください。

ステップ1:iPhone 7のコントロールセンターを開き、AirDropを「すべての人」もしくは「連絡先のみ」に設定する。この時、Mac側もiPhone 7と同様にAirDropをオンにする。

ステップ2:iPhone 7から転送したい写真などを選択後、「共有ボタン」をタップし、AirDropの欄に表示されているコンピュータ名をタップする。そうすると、転送したファイルはMacのダウンロードフォルダに保存される。

 



方法4: iCloudでiPhone 7写真をMacに転送



iCloudとは、iPhoneやiPad、MacやWindowsといった複数のデバイス間で、メール、連絡先、カレンダーなどのデータを、オンラインストレージ上に保存し、ワイヤレスで同期できるサービス。iCloudのフォトストリーム機能を使えば、カンタンにiPhone 7写真をMacに転送することができる。

ステップ1:iPhone7の「設定」アプリを起動し、「iCloud」を選択する。次に「写真」をタップして、「自分のフォトストリーム」を オン にする。この設定が完了すると、iPhone7で撮影して保存された写真はiCloudフォトストリームへ自動で保存されることにな

MacでAVCHD変換したい?AVCHD MP4変換 Mac用フリーソフトのおすすめ!


ご存知のように、AVCHDはAVCHDの拡張子は(.MTS)或いは(.M2TS)で、普通のポータブルデバイスがサポートするMP4と全くで違うファイル形式である。SONY(ソニー)社のAVCHDビデオカメラでHD動画を一回撮影してみれば、その素晴らしいフルHD映像品質や、プロな操作感で驚くだろう。日常生活では、AVCHDのおかげで、デジタル生活も豊かになってきたといっても過言ではない。親子と過ごす休日とか、結婚式とか、娘の成人式などをAVCHD対応のビデオカメラで記録して、なかなかいい思い出になるんだろう。


しかし、ビデオカメラはPCやTVなどに是接続して、再生できるが、ポータブルデバイスでAVCHD映像が直接再生するのは難しい。一つの方法は、MP4にAVCHDを変換して、お使いのデバイスで再生できる。だが、WindowsでAVCHD MP4変換方法がいっぱいあるが、MacでAVCHDをMP4に変換するにはどうすればいいのか。


Mac用動画変換のソフトはフリーソフトから、多くのビデオ編集等を搭載した高性能ソフトまで幅広くあり、どれを選んだらよいのか迷ってしまう事もあるだろう。AVCHD Mac版のフリーソフトは何が良いのか?高性能なAVCHD 変換ソフトはどれを選べば良いのか?そこで今回は、高機能で比較的簡単に使え、定番の高性能なAVCHD 変換Mac用ソフトを厳選し、本当におすすめできる「使える」動画変換フリーソフトを5本紹介する。


初めてでも使いやすい!優れたAVCHD MP4変換 Mac用ソフトまとめ


以下では、AVCHD MP4変換/MTS MP4変換 Mac用フリーソフトをランキング形式でまとめてみた。それぞれにメリット・デメリットがあり、使用用途などにあわせて選択してください。



TOP1:MacX Video Converter Free Edition
おすすめ度:
★★★★★


 


一番は、このAVCHD 変換フリーソフト。Softnicでの評価が非常に高い。AVCHD変換だけではなく、MP4、AVI、FLVなどのビデオファイルの変換も行える。そのほか、iPhone 6S/Plus、Google New Nexus 7、Galaxy Note 5/S6などといった人気機種にもサポートしているため、AVCHDファイルをそれらのデバイスに取り込める。更に、カット、トリミング、クロップ、外部字幕・ウォーターマーク追加などのビデオ編集機能もある。操作がしやすく、動画変換&ビデオ編集も非常に高いと評判する。


 


メリット:
速度が非常に速い;
マニュアルを読まなくても流れが直感的にわかり、使い勝手がよい。
ほかの動画変換フリーソフトより機能が豊富。


 


デメリット:
動画ダウンロード機能をもっていない;
ビデオ編集機能が初心者向け、上級者にとっては物足りない;


     


TOP2:HandBrake Mac
おすすめ度:
★★★★



これは無料のAVCHD 変換ソフトでは非常に有名ではないだろうか。かなり高性能で、動画を変換することはもちろん、DVDコピー/リッピングなどの様々な機能を搭載している。DVD / ビデオファイル(VOB) / MPEG / ISOイメージファイルなどから、iPhone / iPad / Android / PSP / AppleTV 向け動画へ変換することができる。


メリット:
動画ファイルにふくめる音声や字幕を指定できる;
動画変換機能以外、DVDの取り込み、変換、ファイル作成、の作業を一括処理できる;
トリミングやフィルターを使って映像を調整できる;


デメリット:
作業終了後にPCの電源をOFFにする機能はない;
最新のmacOS Sierraに対応していない;


 


TOP3:MediaCoder


おすすめ度:★★★



MediaCoderは、AVI / MPG / MOV / FLV等の豊富なフォーマットに対応しているフリーのAVCHD 変換ソフト。ビットレート、音楽のリサンプル画像のリサイズ、クロップ、アスペクト比などの調整もできる。解像度の変更、画質や音質の補正などの機能をもつのが特徴。それで、AVCHD MP4変換はもちろん、M2TSをMP4に変換することができる。


メリット:
動画・音声ファイルを変換して別の形式のファイルを作成することができる;
50種類以上もの多