iPhone最新ニュース:iPhone次世代モデルiPhone7最新情報&噂まとめ

【随時更新】iPhone次世代モデルiPhone7スペック、新性能、価格、発売日などの最新情報をお届け


iPhone 6sが発売したばかりなのに、次期のiPhoneモデルiPhone7の噂も飛び交っている。iPhone 6sより、iPhone7はもちろん性能向上するのである。iPhone7では、いままでiPhone 6sへの不満を吹っ飛ぶのかと期待されている。ところが、アップルとしては無理に性能向上幅がそれほど大きくないと思われる。良いか悪いか、iPhone7の発売日まで待たずにわからない。それとしても、噂や、リーク情報からiPhone7の模様を一応想像できる。さて、本文はネットからiPhone7の最新情報をいろいろまとめて、最も注目されているデザイン、スペック、新機能、発売日、価格などからiPhone7を分析する!アップルファンや、スマホ新機種に買い換えたい方なら、ぜひ見逃さないでください。


追記:最新情報によると、次期 iPhone (iPhone 7) は、16GBモデルが廃止!最小モデルは32GBからに変更になるようです。ラインナップは32GB/128GB /256GBになる見込みです。そして、スペースグレーのかわりに、iPhone7に新色「ディープブルー」を追加します。つまり、カラバリはシルバー、ゴールド、ディープブルー、ローズゴールドの4色展開。(6/12)


記事全文はこちら>>


iPhone7最新情報&噂:iPhone7スペック、新性能一覧



iPhone 7最新情報: デザイン:iPhone 7には、アップグレードされたiOS、向上のカメラ、よりインテリジェントなSiriを搭載するが、おしゃれ好きな方にとって、デザインは何よりである。とにかく、iPhone 7は抜群なスマホになれるかとデザインも重要な一環である。より薄く、より強く、より多くのガラスを採用するデザインが期待できるそうである。報道によると、アップルは再び特許を取得したフラット化された液晶ディスプレイに興味を示すそうである。それによると、先代モデルに採用されたホームボタンとベゼルがiPhone 7にはない。そして、アップルは側壁ディスプレイをやめて、その代わりに、3Dタッチ機能を活用できる仮想ボタンを搭載するのである。例えば、強く押したり弱く押したり音量を調整する;また、カメラの場合、クリックして写真を撮り、強くクリックして動画を撮影する。(2016新モデルXperia Z6とiPhone 7どっちが優秀か>>


iPhone 7スペック:iPhone 6sとiPhone 6s Plusはやっと大幅にスペックを向上した。例えば、背面のメインカメラ(iSightカメラ)はiPhone 6/6 Plusの800万画素から1200万画素にパワーアップ!iPhone 7の場合、たぶんカメラ上でアップデートは無理だろう。また、長い間、アップルは画面解像度の改善にそんなに重視していない。現在のところ、ライバルはクアッドリンクUltra HDディスプレイを採用している。それに対して、アップルがiPhone 7のピクセルをあげるか、Plusモデルの場合、400ppiをあげるだろうか。新しいApple A10プロセッサーとM10モーションコプロセッサを搭載するため、向上の通常パフォーマンスが期待されている。そして、iPhone 7はiOS 10を搭載するそうである。アップルは2016年6月のWWDCでiOS 10(iOS X?)をリリースすると予想される。(

ios10新機能は何?iOS10アップデートすべきか?iOS10関連情報を全揃い

iOS 10が今年のWWDCに公開されたので、それに関する情報は今どんどん入ってくる。今回の新iOSはiOSを再定義するとも言われるので、絶対iOS10にアップする人もいる。が、iOS10新機能を知ってから決める人もいるので、このようなお方はいろいろなiOS10最新情報を見たりする。また、新機種でないiPhoneを持っているお方にとって、iOSをバージョンアップするかしないかということより、自分が持っているiPhoneが新バージョンに対応できるかと関心を持っている。ではこの記事でいろいろなiOS10でできることをご紹介してあげ、iOS10が更新提供時間とiOS10に対応する機種をご紹介して、アップルデバイスをiOS 10にバージョンアップできる方法を案内してあげる。今迷っているならこれからの内容は絶対お役に立つ!【記事全文はコチラ>>


Part1:iOS10でできることご紹介!待ちに待った最高なiOS10新機能!



(1)、より多彩なロック画面:一目で見るとロック画面が再デザインされた。が、ロック画面によるアップされたところは決してこれだけではない。通知などに3Dタッチで内容を確認したり、メールのような通知なら直接にロック画面で会話することもできる。また、画面を上からスワイプして通知センター、下はコントロールセンター、右ならカメラで、左なら多彩なカスタム機能である。通知センターとコントロールセンターも大きく向上された。


(2)、より知能化されるSiri:Siriに第三方アプリに音声と文字などを入力することができるようになる。これによって、WeChatなどをSiriで利用できる。また、Siriで写真を検索したり、Uberのような配車アプリを利用したりすることもできる。またお支払もSiriに言ったら完成してくれる。また今後、Carplay アプリで行方先を検索したり案内してくれたり、また車に音楽を再生したりすることも、Siriに言うだけでできる可能性が高い。


(3)、進化されたキーボード:iOS10新機能にキーボードがアップグレード大きくされた。単なる文字を入力するアプリではない。Siriからの情報で、予測変換がもっと知能的になり、利用しているアプリによって変更することもできる。それに、文字以外に連絡先、現在地の地図など入力できる。関連単語が検出したらキーボードは地図などを予測に提供する。また、会話の内容によって自動的にスケジュールを作成することもできる。


(4)、顔認識できる写真アプリ:ある写真を検索する時にはもっと便利な方法がiOS10新機能にある。顔認識機能が追加され、写真で映った人によって自動的に整理することができる。また、日付やトピックなどで整理することができる。また、日付とトピックによって検索することもできる。日時や場所などのテーマに合わせて自動でアルバムを作成してくれる機能もある。写真をスライドショーに作成する機能も提供する。


(5)、より便利になるマップ:マップアプリがあらためてデザインされた。iOS10新機能もいっぱいある。まずは画面を下から上に向かってスワイプすると最近の予定が候補に表示される。Carplayで、案内もより便利になる。ほかのアプリと組み合ったらマップの拡張機能が利用できる。例えばUberでタクシーの手配したり、予約アプリで予約したレストランの位置を確認したりすることができる。


(6)、より安全な電話:留守番電話の録音内容を自動的に書き起こしてくれるので、音声を聞かなくても留守番電話の内容を確認できる。登録されていない番号からの電話は、自動的にスパムかどうかと判断してくれる。また、ほかのアプリ、例えばLineで電話をかけることもできるが、WIFI環境のみこのiOS10機能を利用するほうが賢い。また、Cisco smart appをさらに簡単にiPhoneで利用可能になる。


(7)、すべてが送れるメール:メールにURLを送ると、サイトの名前と画像を表示する「リッチリンク」機能が追加される。また、デバイスにある写真と入力アプリで撮った写真を直接にメールに追加することもできるようになる。文字の予測候補に絵文字があり、その対応な文字を入力することも絵文字に変更できる。また絵文字は三倍ほど大きくなることもサポートできる。ほかにも手書き機能や、音楽追加機能もあり、すべてが送ることができる。


(8)、その他:音楽アプリはデザインが一新されて、再生している歌でも歌詞が表示できる。また曜日に対応するリストが作成できる。ニュースのデザインも新しくなり、またニュース速報は、ロック画面にも表示されることも可能となる。Homekitのほうならサポートできる製品がもっとある。iOSデバイスで家電製品を操作したり、Siriと3Dタッチでも操作できる。


Part2:iOS10アップデートできる時間と機種:



iOS10アップデートできる時間:iOS10最新情報によるとiOS 10は六月に公開されたが、一般ユーザーにアップグレードを提供するのは9月9日になる。それからいくつの更新の後に最終バージョンが出てくる。iOS10でできることにワクワクして試したいお方は9月でアップできるが、焦ないで最終バージョンのiOS 10がでたからiOS10にアップするほうがiOS10不具合が少ないと信じられる。つまり、10月になったらiOS 10にバージョンアップすること。


iOS10 対応機種:今回対応できる機種に、直接にiOS 10搭載するiPhone7、iPhone7 Plus、iPhone7 Proのほかに、古い機種もサポートできるが、iPhone4sやiPad2が対応できないようである。具体的に言えばiOS10にアップできる機種は:


iPhone:iPhone6s/6s Plus、iPhone6/6 Plus、iPhone SE、iPhone5s/5/5c


iPad:iPad Pro12.9インチ、iPad Pro9.7インチ、iPad mini3、iPad mini2、iPad mini、iPad Air2、iPad Air、iPad 4th generation、iPad 3rd generation