次の病院は注意しましょう

県内にあるとある病院では、「薬を飲めばうつ病は治りますか?」という質問に対して、「その通りです」と返答しています。

つまり、「診断が正しく、薬の種類と量が適切であれば、ほとんどのうつ病の患者さんは治ります」と断言している。

しかし、「うつ病患者さんの9割近くは、他の病院である精神科以外の内科や婦人科で受診してしまう為、

病気を誤診したり、漠然と抗うつ薬を処方されてしまっている。」

つまり、治らないと言う事も発言している。

しかし、こちらの病院に通院されている患者さんで、

私のセッションに、新たに来たクライエントさんを見てみますと、

全てが通院後に自殺未遂となっています。

つまり、通院し抗うつ薬を続けていたところ自殺してしまった訳です。

本当に、それで宜しいのでしょうか?

また、この病院は、カウンセリングは必要無い、

抗うつ薬でないと治らない、催眠療法は時代遅れだ、

と患者さんに対して、他の病院、他の心理カウンセリングルームに行かないように伝えています。

この病院に通院していながら私のセッションに来ている全てのクライエントさんも

同様な事を言われました。

そんな中、未だに通院しながら、こちらのセッションに来ているクライエントさんもいます。

通院を止めて、こちらのセッションに来ているクライエントさんもいます。

通院を止めて、こちらのセッションで良くなった人もいます。

ただ1人、セッションを止めて通院で抗うつ薬を続けると決めた人もいます。

抗うつ剤が良いとか悪いとか言っている訳ではありません。

むしろ、症状の酷い人には、抗うつ剤は必要です。

逆に、症状の軽い人には、抗うつ剤は逆効果です。

抗うつ剤を処方されたが為に、酷くなっている人もいるからです。

私は医師に云いたいです。

医師が患者さんより偉い訳ではありません。

医師も患者さんも同様な人間なのです。

他の医師やカウンセラーをバカにする発言や、

難しい言葉を使われては、患者さんもパニックしてしまいます。

症状が悪化すれば隔離病棟へ入院。

酷くなれば入院、もうこの流れはやめにしましょう。

混乱させる発言はやめましょう。

安心させるのが一番と思います。

そこからが、始まりです。
房事の神油
蔵秘雄精
スーパーファット

猫の送迎

昔,彼女の家に行くと,屋外飼育の猫がいました。
ほぼ毎日顔を合わせているうちに,猫とも仲良くなりました。

半年ぐらいで,玄関先に出迎えに来る猫が現れました。
勝手口のドアを開ければ,餌のおねだり。

1年ぐらい経ったら,家の100mぐらい手前から,見覚えのある猫を見るようになり,

猫の先導で家まで。

猫にも縄張りがあるらしく,お見送りの時も,頑張っても100mぐらいで立ち止まって,大きな声を出して人のことをニャーニャー呼んでいました。

猫との付き合いも長くなれば,こんな感じになります。

彼女との付き合いも長くなれば,「ええかげん結婚せい」と言われます。

そして,あの猫たちに別れを告げて,結婚後の生活拠点となるアパートを借りたのでした。

アパートじゃ猫飼えないし。
ハムスターを飼っていた時期もありました。
夜行性だから,昼間に人がいなくても,けっこう大丈夫。
但し,玄関まで御迎えには来ません。
家に帰って声を掛けると,巣の中から顔だけ出してくれる程度の愛想なら,あります。
V26
三體牛鞭
威哥王
Calendar
«  June 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
29
30
 
 

search this blog.
category
archives
links
others