上司はなかなか根に持つタイプのよう

先日上司に面と向かって腹黒ドSと言ったことについて、未だにそれを持ち出される。

例1
システム部に問い合わせた結果を上司に報告したところ、それは対応がおかしいとご立腹。
対応してくれた人の上司に直接メールでチクる→向こうの上司及び私に対応した部下謝罪。
その流れの迅速さ(当日中の出来事)に普通に感動し、助かりましたありがとうございます!と目を輝かせて言ったにもかかわらず
「どうせ「Sを発揮した、やっぱそういうやばいやつ」やと思ってるやろ?」
「思てませんよ!!普通に感激してますよ!!」
「うそや」

例2
私と上司の間の席に座る先輩が体調不良でお休みに。
普段まったく体調不良で休んだりしない先輩なので周りもざわざわ。
「まさか…俺の時みたいに心に刺さるようなこと言うたからちゃうやろな?」
「言ってませんよ!そもそも課長にも刺したつもりないんですけど、ほめ言葉ですよ!」
「どこにプラス要素があんねん」
「二次元で人気キャラですよ」
「……○○くん(先輩)、心配やなぁ」
「先輩かなり最近お疲れっぽいんで、ちゃんと労ってあげてくださいよ」
「俺を労ってほしい」

上司が部門から受け取ったはずの伝票を紛失したとのことで、謝りに行かなあかん、なんで直接もろてもたんやろ、と嘆いていたので。
「直接手渡されててなくすのが明らかに悪いですけどね、普通なくします?」
「…俺の責任感のなさか…」
「とりあえず早めにいったほうがいいと思いますけど。ついていきましょうか」
「いや、それはいい」

上司行動にうつす。

「行ってきた!担当者不在やったから隣の人に謝ってましたって言っといてくださいて言うたけど」
「どうせなら土下座して謝ってましたってくらい言ってもらえばよかったのでは」

上司は今日お子さんのお迎えでTDLに行くというので、お土産お願いしますね☆と言ってみたら、車で待機で全く中入らんから無理とのこと。
ちょっとは努力してほしかった。
紅蜘蛛
威哥王
Calendar
«  March 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 

search this blog.
category
archives
links
others