イクメンよりも求めてるのは

子育てがつらい!
ってなるのは
いろんなイメージに縛られてるからだよなあという持論があります。

こうあるべきなママのイメージ
テレビは1日何時間というイメージ
電車で泣かれるとうざがられるイメージ
などなど

あとはやっぱり「いのち」の危機が身近。
テーブルから落ちた、ころんだ、飛び出したなどなど。
ちっちゃいことでも感じてるんです。
たぶん本能で常にこどもを失う怖さがあって
あとは現代社会の風潮として
母親の不注意だと責められる怖さ。

他にも
すっごいお腹痛くてトイレに走ったら個室が全部空いてないとき
あーもう!ってなりませんか?
そのどうしようもない仕方のないあーもう!が24時間365日ほぼ毎分←起こり、終わりは来るけど終わりが見えない日々、
子育てつらい!って思っても仕方ないかなって思います。

たぶん子育てつらい!って言ってるママさんに
なにがつらい?って聞いても
いちばんつらいと思ってる事柄しか言えないと思う。
いちばん大変なこと以外はもう考える暇もないから。

あと、
自分で起きようと思う睡眠3時間と
突然起こされる3時間は違う

言うこと聞かないから辛いんじゃないんです。
それもつらいんだけど
伝えにくいけど

だからわたしは世間に
イクメンではなく
「妻をねぎらう夫」が流行ればいいと思ってます。

産後のうらみは食の恨みよりも濃く深い
こどもの面倒はね、自分がみます
本能で、旦那さんであろうと「こどもを奪われる危険」感じるからちゃんと預けられないひともいると思う。

奥さんのくちからありがとうより文句が出てしまう、それは多分こどもを守るため。
旦那さんからしたら気悪いですよね。

だから「妻をねぎらう夫」

夜泣き大変だね、今日は俺も一緒に付き合うよ
いつも家事(してなくても)がんばってくれてありがとう
子育てがんばってるいまがいちばん(どんなにボロボロな姿でも)綺麗だよ

どんなに些細なことでもいいからたった一言、「旦那さん」から言われる「(具体的なことプラス)ありがとう」

それだけで全然違う。

ちなみに全くなにもしてなかったひとが突然毎日労いだすと
不倫を疑われるか
嫌味!?ってとられるかだと思うので
日に日にチョットずつ
思ったことに対して
ありがとうっていってみてくだい

玄関の靴が揃ってた
揃えてくれてありがとう
だけでもいいんです。

産後はすべての栄養が(出てなくても)母乳優先になり
髪の毛はもちろんお肌もなにもかもボロボロになります。
精神面も。

その辺理解しようとしてる男性ってどれくらいいるのかな?ってたまに思います。

すぐ検索できる時代、
産後の心情を少しでも知ろうとしてくれるひとが増えますように。

もちろん旦那さんが働いていることには感謝です。
でも感謝してても責めちゃうんです
だってこどもは女性ひとりでは授かれないから。

ATM扱いされるか父親として夫として尊厳されるかは
結構この産後の影響大きいと思います
あ、ちなみにわたしはすでに離婚済みです
巨人倍増
威哥王
三便宝
Calendar
«  March 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
12
13
14
15
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
29
30
31
 
 

search this blog.
category
archives
links
others