「戦艦帝国」コストを抑えた戦力アップ方法とは。運営元が解説

【戦艦帝国攻略】
無課金・微課金でどのように戦力をアップさせるのか?

『戦艦帝国』は、リアルさを追求した大人気海戦シミュレーションゲームです。プレイヤーは司令官となり、最強艦隊を目指します。ゲームに登場する200種類以上の軍艦は、すべて実在したもの。リアルなCGで描かれる艦隊同士の戦闘シーンは、軍艦マニアにはたまりませんね!デカロン RMT

戦力を早く上げたいですがお金がない。。。無課金、微課金のプレイヤーはどうすればいいのでしょうか?ここでは最小のコストで戦力をアップする方法を紹介したいと思います。この攻略が皆様の役に立てればいいと思います。

【敵対する3つの部族と個性的なキャラクター達】

広大なオロスの土地にはタカール率いる『ウィンジャ族』のほかに、『ウダム族』、『イジラ族』の3つの部族が存在します。これらは互いに敵対し、オロスの主権を巡り争います。彼らは部族ごとに異なる言葉を話します。石器時代の言葉に忠実な言語にするため、言語学者と協力して作成された言語も本作の魅力の一つです。また、キャラクターの多くはオロスの自然の中で体に傷を負っていることが多く、手足を失くしていたり、体が焼けていたり、凶暴な爪で傷付けられたりしています。原始時代の人間の命は、常に危険にさらされたもろいものであることを彼らはよく理解しています。

ファークライ プライマル 『ウィンジャ族』 狩猟採集民族で、森の木から川で泳ぐ魚まで、命あるもの全てが魂を持つというアニミズムの一種を信仰しています。人間は自然の一部にすぎず、優位に立つ世界の所有者ではないという考えです。
オロスに辿り着いたタカールはウィンジャ族の仲間と出会います。採集者「サイラ」はウダム族に村を襲撃されるのを目の当たりにし、死んでいく仲間の叫び声が頭の中から消えない恐怖に苦しめられています。祈祷師「ティンサイ」は異様な中に魅力を秘めた人物で激しく動物的な一面を持っており、精神に作用する植物を噛み自然界の魂と通じ合うことができます。「カルーシュ」という力強く社交的なウィンジャの戦士は、ウダム族に殺された息子を守ろうとして片方の目を失ってしまいました。死んでしまった息子と一緒に戦うことを夢見ていた彼は、復讐を誓います。野性的で危険なウィンジャの職人、「ウォガー」もまた以前にウダム族に村を襲撃された際、片腕を失っています。その後ウダム族に囚われていましたが牢屋の中で作った道具で脱出して以来、危険な罠を作ってはウダム族を仕留めることを生きがいにしています。