Twitch、動画プレイヤーのHTML5移行ベータ開始、フレームレート向上見込む

ゲームや芸術活動の映像を配信できるライブストリーミングサービスTwitch。本サイトにて、動画プレイヤーをHTML5へと移行するベータテストが開始されています。

Twitchで従来使われていた動画プレイヤーはAdobe製のFlashとなっていましたが、Googleは2016年Q4ごろにウェブブラウザGoogle ChromeでFlashを無効化することを発表済み。YouTubeやTwitch、Facebookなど大手10サイトに関しては、無効化後1年間はFlashが使用可能になっているものの、動画プレイヤーの移行は急務でした。



そんななか、TwitchはFlashからHTML5への移行ベータテストを開始。動画プレイヤー右下の設定ボタンから切り替えられます。ただし、現時点でこの機能を使用できるのは、同サイトの月額課金サービス「Twitch Turbo」に登録しているユーザーのみで、より多くの人がアクセスできるようになるのは2016年夏中だと伝えられています。

Kotakuによると、Twitchは新しい動画プレイヤーについて、視聴者のデバイスにかかる負担を少なくしながら、ロード時間とフレームレートをより良いものにすると話していたとのことです。
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/oizoioi/25141