精密根管治療

他院で「抜歯」と宣告された歯でも、「精密根管治療」を実施することで、歯を残せる可能性が高まります。

むし歯の進行を防ぐ事は私達の大事な役目の一つです。しかし、残念ながら虫歯が進行してしまった場合、虫歯が歯の中の神経(歯髄)まで到達し、細菌に感染してしまうことがあります。
神経が細菌に感染してしまった歯を抜歯せず残す方法としては、感染した神経を取り除き、神経の入っている管を綺麗に清掃・消毒した上で詰め物をし、ピッタリと合った被せもので歯の補強と細菌の侵入を防止し、病気の発症を予防する必要があるのです。

このような一連の治療を、根管治療といいます。

「根管をきれいにし、細菌を取り除く」治療は、歯科の治療ではありふれた治療でありながら実は困難を極めるものなのです。
なぜなら、根管は非常に複雑に入り組んでいるにも関わらず、十分に清掃を行わなければ、腫れや痛みを引き起こしてしまうからです。
皆さんの歯を長持ちさせるにはこの複雑な根管を出来る限り無菌に近い状態に保たなければならないのです。
Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
24
25
26
28
29
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
category
archives
links
others