三菱電機、伊の空調会社を買収へ 約902億円で

三菱電機は25日、街頭覇王睾丸素 カプセルイタリアの業務用空調機器メーカー「デルクリマ」の発行済み株式の74・97%を取得すると発表した。残りも株式公開買い付け(TOB)で取得し、2015年度内に100%子会社化を目指す。買収額は計約902億円。

 デルクリマ社は、ビルや工場など大型施設向けの「チラー」と呼ばれる空調システムを手掛けている。三菱電機は欧州で家庭用エアコンなどを販売しているが、買収により事業領域や販路を拡大させる。

 デルクリマ社は09年に設立し、チラー事業では欧州トップクラスのシェアを持つ。14年12月期の連結売上高は3億4800万ユーロ徳国公牛(約480億円)。

ドーベルマン飼い主を書類送検 愛知県警、過失傷害容疑

名古屋市守山区で5月、民家から逃げ出した大型犬ドーベルマンが住民らに次々とかみついた事件で、愛知県警は13日、飼い主の無職男性(74)を過失傷害の疑いで書類送検した。
媚薬カプセル

リキッド媚薬
 送検容疑では、男性は5月28日午前8時40分ごろ、守山区城土町の自宅で飼っていたドーベルマンが人にかみつかないように注意する義務を怠り、現場でごみ収集をしていた市環境事業所の男性職員(48)の脚や手などに7週間のけがを負わせたとされる。

 署によると、男性はこの日朝のごみ出しを忘れ、近くに収集車が来たのに気付いて慌てて外に出たため「(自宅の)門をしっかり閉めなかった」と話し、容疑を認めているという。事件では、ほかに近隣の住民ら男女3人がかみつかれ、けがを負った。

 名古屋市には事件の約1年前から、「男性宅の犬が逃げ出しそうで怖い」などと近隣住民から苦情が寄せられ、市が数回、市動物愛護管理条例に基づき、男性に口頭で注意していた。