イントロン

【転写後のRNAが受ける処理】 ・キャップ形成  RNAの5'端に7-メチルグアノシンが3つのリン酸を介して共有結合する ・ポリアデニル化  3'端が適当な位置でエンドポリメラーゼに切断され、Aの反復配列がホスホジエステル結合で付加される ・スプライシング  イントロンの除去
Mon Aug 29 00:15:06 +0000 2016

mRNAはプロセシングを経て、イントロン領域を省いて遺伝情報があるエキソン領域のみにした状態を言うんやで。無駄を省くんや!
Mon Aug 29 00:02:00 +0000 2016

原核生物では、イントロンが無いのでスプライシングは行われません。また、キャップ構造についても、核の外に出すという信号を出さなくて良いので、付加されません。
Sun Aug 28 23:48:03 +0000 2016

イントロン】真核生物のDNAやその一次転写産物の内部に存在し、成熟RNAになる過程で切り取られるヌクレオチド配列。原核生物のDNAにはない。
Sun Aug 28 23:18:56 +0000 2016

イントロンなんかいらない!
Sun Aug 28 20:41:15 +0000 2016

【スプライシング】不要なイントロンを切り取り必要なエキソンをくっつける。RNAでの反応。
Sun Aug 28 14:44:05 +0000 2016

イントロンなんて要らない!が朝イチ目に入ってきて勉強スイッチON
Sat Aug 27 21:56:07 +0000 2016

cDNAは〇〇を全く含まない。    イントロン ※mRNAに転写された遺伝子だけを反映.組織や発生の時期によって異なったcDNAが得られる.
Fri Aug 26 23:07:35 +0000 2016

【スプライシング】RNAの「イントロン」が核内で取り除かれ、残った「エキソン」の部分をつなぎ合わせる過程のこと。スプライシングを経てmRNAが完成するんだよ
Fri Aug 26 03:53:59 +0000 2016

スプライシングによってエキソンとイントロンのうち、エキソンが残る。
Fri Aug 26 01:17:09 +0000 2016

<スプライシング>[II] ・真核生物において、DNAを転写した「mRNA前駆体」から不要な「イントロン」が取り除かれ、「エキソン」のみが連結されてmRNAが合成される過程
Thu Aug 25 10:19:19 +0000 2016

turii冒頭のDNAのモデル構造が回転する後ろのATGGT…と続く暗号文。これはヒトのβグロビン遺伝子だ。何故この遺伝情報が描かれているのか?この配列の70%がイントロンという部分を持つからである。それが何を意味しているのだろうか?(ニョアの手記21)
Thu Aug 25 09:38:24 +0000 2016

DNAはイントロン+エキソン。 mRNAは、エキソンのみ。
Thu Aug 25 05:13:02 +0000 2016

藤田さんのイントロン語り、聴かせるわー。こういう一線級のオタクが語る○○論、本当に聞いてて楽しいんだよー。
Tue Aug 23 12:49:47 +0000 2016

mRNAはイントロンを持たないよ。
Mon Aug 22 17:41:02 +0000 2016

コード領域拷問 イントロンがないのがせめてもの救い
Mon Aug 22 16:19:54 +0000 2016

イントロンができました
Comment
name:

comment:

Trackback
この記事のトラックバックURL
http://i.anisen.tv/trackback.php/oootukamisak/27457
I found a great...
  • いろんな授業のお勉強 | 
  • 2016-09-06 18:18:27
Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
24
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others