スター・ウォーズ観賞準備完了

北米で累計興行収入がアバターを抜いて歴代1位の座に輝いた「スター・ウォーズ/フォースの覚醒」威哥王ですが、それを観る準備がやっと整いました。そう、昨年末にiTunes Storeでレンタルした「スター・ウォーズ エピソード4/新たなる希望」を観てから3週間強で、エピソード4→5→6→1→2→3と全部制覇したのです。

 エピソード4:新たなる希望(1977年公開)
 エピソード5:帝国の逆襲(1980年公開)
 エピソード6:ジェダイの帰還(1983年公開)
 エピソード1:ファントム・メナス(1999年公開)
 エピソード2:クローンの攻撃(2002年公開)
 エピソード3:シスの復讐三體牛鞭 (2005年公開)

やはり公開順に観るのは大いに意味があり、納得しました。逆に、エピソード順に公開されたら、ここまでヒットしなかったのではとも思います。ダースベイダーが中々出て来ませんからね(笑)。

簡単な所感は、
・ダースベイダーが単なる悪人ではないのが分かった(だから人気がある?)三体牛鞭
・ダースベイダーの子供時代、そして最後にはダークサイドになるまでが理解できて良かった
・観る順番に従って、CGで迫力の映像になる変遷が良く分かった
・ヨーダが風貌とは違ってメチャクチャ強かった
・観てるとライトセーバーが欲しくなる(笑)
・六本木ヒルズの屋上でライトセーバー持ってダースベイダーと写真撮ったけど、観た後ならポーズも違ったかも(爆笑)

ということで、劇場に「フォースの覚醒」を観に行きたいと思いますが、せっかくなので“スター・ウォーズの聖地”と呼ばれている「イオンシネマ海老名」のスクリーン7で観たいと思っています。何故“スター・ウォーズの聖地”と呼ばれているかというと、A9生精片日本で初めてTHX認定を受けたシネコンで「ルーカスフィルムのお墨付き劇場」ということから、ファンの支持を多く集めているのだそうです。