「閉店セール」の「閉店」に見た、店主の正直さ

「閉店セール20年続けてきた靴屋、本当に閉店へ」
というサイトを見ました。

そこには、他のお店と違う、店主の思いがありました。

大阪の靴屋なので、知っている人は知っているかもしれませんが、
開店当時(昭和52年)は、売れ行きもよく人気があったそうです。

※言葉はサイトの記事の引用ですので、関西風に
しかし、バブルがはじけた頃(平成5年)に客足が激減して、
「もうあかん。どないしよう、と不安でいっぱいになった」
時にふと、
「ありのままの思いを垂れ幕にしてみたら」と
思いついたそうです。

そこで、
「もうあかん やめます」という看板を出して、
店先に掲げました。
催淫

「暗い世の中だったにもかかわらず、
子供も大人も、看板を見て指差しながら笑っていた。
人生って面白い、と思った」
と思って、
「格差社会を是正せよ。身長の格差は当店で。人は見た目が9割だから!」
「横綱も、この店も、土俵際。出直しセール」
などといったユニーク看板を出して、
メディアにも取り上げられていました。

ここの靴屋、テレビで見たことがありますね・・。
これを見たとき「面白い考えだな~」と思っていました。

しかし、店主の方の体調が一昨年冬頃から悪化し、
去年11月末に「本当に」閉店を決めたそうです。
このあとはネット販売を再開させるらしいです。
紅蜘蛛(催情粉)
「閉店セール」というと、よく名残を惜しんで
いろいろと買いにくるお客さんが来ます。
でも、実際に閉店はしないで、ただの「商売手法」。
ほとんどのお店はそうでしょう。

「閉店セールをしたのに、まだやっているよ~」とか思う人も。

でも、この店主の「ありのままの思いを出したら」、
という考え、いいなと思います。
実際、看板を掲げて客足がのびたのかもしれません。

※ここからは余談になります。

大阪に足を運ぶことはないけど、
東京と大阪では、考えが違うものも多いといいます。
エスカレーターは、東京では
「左側に立って、右側に歩いて上がってくる人を通す」
大阪では
「右側に立って、左側に歩いて上がってくる人を通す」
という、全く逆(理由はいろいろあるようですが)。

また、関東と関西では、違うものがたくさんあります。
同じ日本なのに不思議ですね・・。

これを調べていたところ、「バスの乗り方」も逆なのですね。
基本的に関東は前、関西は後だとか。
私が使っているのは「後乗り前払い」です。
料金が均一でないため、です。均一料金のバスは前乗り。

前乗りのバスで、
降りる時にお礼を言うのはかなり勇気がいりますね。
私もほとんど言えませんが、終点などで人がほとんどいなくなったら、
きちんとお礼を言って出ていきます。
その分、前降りの場合は、支払い時に言えばいいので、気が楽です。

日本は地域ごとに、独自の文化があります。
地方に引っ越して、いきなりそれに慣れろ、というのは、
都会人からすると無理があります。
周りが助け合って支え合える世の中であってほしいですね。