「高校野球に関わりたい」18歳、最年少審判は元球児 佐賀大会

白球を追うのは審判も同じ-。鳥栖工高野球部OBの会社員、岩尾隆一さん(18)=佐賀県基山町宮浦=が、開会中の全国高校野球選手権佐賀大会で最年少の審判員を務めている。佐賀ブルースタジアムであった10日の敬徳-武雄戦で今大会デビューを飾り、三塁塁審を無事やり遂げた。岩尾さんは「年が若くても選手や観客には関係ない。判定は重く、常に緊張感を持ってプレーを見ています」と意気込む。

審判講習会で判定方法を確認する岩尾隆一さん

 鳥栖工高を今春卒業した岩尾さんは「これからも高校野球に関わりたい」と、県公式野球審判協会に加入。吉野ケ里町の鍵と錠のメーカーの工場で働く傍ら休日を利用して、地区大会などで審判の経験を積んできた。

 球児として臨んだ昨年夏の佐賀大会では、佐賀ブルースタジアムでの1回戦で鹿島実と対戦。控え選手としてベンチから声をからしたが、3-0で惜しくも敗れた。終了後、鹿島実の選手と握手したときに「高校最後の夏が終わった」と実感し、涙があふれた。

 審判の判定で試合の流れが大きく変わることもある。トーナメントで競う高校野球は敗れれば、それまで-。小学生から野球を続けてきたからこそ、一つの判定の重さを知っている。

 「審判を始めて視野が広がり、選手一人一人の活躍やプレーの奥深さが目に入るようになった」と新たな魅力にも気付いた。

 雨による日程の乱れで次回の当番日は未定だが、すべての球児を応援する気持ちで岩尾さんはグラウンドに立つつもりだ。

超級猛男健力カプセル販売
巨根カブセル
アフリカ超人
リドスプレー(LIDO SPRAY )