韓国人被告に懲役4年=靖国爆発音事件―東京地裁

靖国神社の公衆トイレで昨年11月、爆発音がした事件で、火薬類取締法違反などの罪に問われた韓国籍の無職全昶漢被告(28)の判決が19日、東京地裁であった。

 家令和典裁判官は「危険性が高く、悪質だ」と述べ、懲役4年(求刑懲役5年)の実刑を言い渡した。

 家令裁判官は、動機について「靖国神社で騒ぎを起こせば、自分にマスコミの関心を引くことができると考えた」と指摘。思ったような反響がなく、新たな事件を起こそうと大量の火薬を持って再び来日しており、「重大な事態に発展しかねなかった」と批判した。

 公判で全被告は謝罪し、弁護側は執行猶予を求めていたが、家令裁判官は「刑事責任は重大で実刑が相当だ」と退けた。 

威哥王
巨人倍増
九州神龍