Project無料お試し版(60日)

Projectを購入する前、無料なProject評価版を使用しても良いです。マイクロソフト社は完全なProject Professional 2016を提供し、60日以内であれば、Project 2016の全ての機能を体験できます。
評価版を取得する方法:
1. Project 2016評価版のダウンロードページを開きます:
https://www.microsoft.com/ja-jp/evalcenter/evaluate-Project-professional-2016

2. Project 評価版をダウンロードする前に、「マイクロソフトアカウント」にログインする必要があります。
3. 地域/国選択:日本。Projectビット選択:32 ビット/64 ビット。言語:日本語。
4. そして60日のお試し版のプロジェクトキーが表示されます。それと同時に、Projectのダウンロードがブラウザから始まります。

5. インストール開始:Setup.x86.ja-jp_ProjectProRetail.exe(本文ではProject 32ビットを選択)、ガイドに従ってインストールをすすめます。
6. インストール済みのProject 2016をスタートし、初めて開く場合、プロダクトキーの入力が必要です。

7. お試し版のプロダクトキーを入力します。即ちProjectお試し版をダウンロードした時点で表示された25文字です。

8. これでProject Professional 2016お試し版はライセンス認証に成功しました。それからの60日以内に、Projectの完全機能が体験できます。
9. 60日のお試し期限が終わったら、お試し版をアンインストールしても良いし、正式版のProject Professional 2016プロダクトキーを購入しても良いです。ライセンス認証後、永続に使用てきます。

Project価格比較、最安価Projectの購入方法

Projectは大いに進化しています。最新エディションのProject 2016は一連の素晴らしい機能を追加し、特に企業向けの機能が整っています。
強力で柔軟性の高い企業用プロジェクトマネジメント・アプリケーションとして、プロジェクトマネジメント・ツールにおいて75%の市場シェアを占めています。マイクロソフト社のその他商品より高価だが、スムーズなプロジェクトマネジメント、タスクの配分、進捗度追跡などの機能により、企業の運転を大いに簡素化できるため、その価格もリーズナブルです。各大手サイトが提示するProjectの価格を比較したうえ、安全且つ最安価のProjectを購入する方法をオススメします。

各通販サイトProject価格比較:
Project 2016を例に上げ、我々は各サイトからProject価格を集めてきました:

Project 取扱サイト Project 価格 Project形式
Microsoft Store ¥142,344 ダウンロード版/パッケージ版
amazon ¥110,062 パッケージ版
Yahoo ¥135,247 パッケージ版
イートレンド ¥116,917 ダウンロード版
EC-JOY ¥118,568 ダウンロード版/パッケージ版
コムロード ¥137,811 ダウンロード版
ヒットライン ¥135,479 ダウンロード版/パッケージ版
MS-windows-Office ¥13,999 ダウンロード版

上表から見れば、Projectの最安価は¥13,999です。

Project購入プロセス:
ms-windows-Office.comにアクセスし、まずガイドページでOfficeを選択し、Office各エディションの販売ページに入ります。


画面を下にスライドし、Project2013の購入エリアに入り、下図が示す赤いフレーム内の部分です:


1 そして をクリックしてショッピングカートに入れます
2 そして をクリックして、個人情報記入に移動します



3 個人情報記入後、 をクリックして注文再確認に入ります

4 注文を確認したら、 をクリックし、支払いページに移動します

支払いページにおいて、クレジットカード番号と口座を入力します。情報を入力したら、再度注文情報と個人情報を確認し、間違いがなければ、 をクリックし支払い結果のページに移動します。支払い完了イコール購入完了です。その後、ご利用のメールアドレスにProjectのプロダクトキーとProjectダウンロードリンクのメールが届きます。図が示すように、赤いアンダーラインの部分は購入したProjectのプロダクトキーです。インストール完了後のProjectアクティブ化に使用します:


マイクロソフト社の公式サイトからMicrosoft Project 2013インストールパックをダウンロードした場合、そのパックはISO形式で、解凍してからインストールする必要があります。インストール後、プロダクトキーをOfficeライセンス認証のブランクに記入し、認証に成功したら永続に利用できます。

Projectにより作成したMPP形式ファイルを開くツール(Mac環境対応)

1. Microsoft Project
MPPファイルの作成と応用ができる専門的アプリケーションです。ネーティブアプリケーションとして機能が強く、互換性が高いが、そのサイズが大きく、高価です。マイクロソフト社はVisio、Word、Power Pointの無料ビューアーを提供しているが、Project Viewerのみは無料ではありません。また、新エディションのProject 2016により、Project 2013やProject 2010といった古いエディションで作成したMPPファイルに対応していますが、その逆はできません。
2. Project Online
Project Onlineはクラウドをベースとします。企業は早期のインフラストラクチャのコストを一切投入しなくても、オンラインでチームを作り、プロジェクトを速やかに開始できます。チームメンバーはおなじみの環境のもとで作業し、多種多様なデスクトップとモバイル設備により仕事できます。Project Onlineはブラウザによりアクセスするため、Windows、MacとLinuxに全部対応します。

Project Onlineはオンラインでサブスクリプションを購入できます(一人あたり月間料金が発生)。Office 365とともにサブスクリプションを購入しても良いし、プロジェクトキーのみを購入しても良いです。現在Project 2016の価格は142,344です。


3. Project Viewer 365(有料です。Mac対応)
Project Viewer 365はMPPファイルを開くツールです。オンラインブラウズにも対応します。PC或いはMacにアプリケーションをインストールしなくても、そのままブラウザでMPPファイルをアップロードすれば、閲覧と編集ができます。


4. Projec.toオンラインブラウズのツール
Projec.toはオンラインで利用可能なアプリケーションです。MPPファイルの閲覧とシェアができます。
5. Gantter
GantterはWebに基づくプロジェクトマネジメントの無料ツールです。Google Docsに接続し、Google Docsに保存可能です。ツールやアプリケーションをダウンロードしてインストールする必要がなく、MPPファイルを導入するだけで閲覧とオンライン編集を実現できます。
6. Kadonk LiveProject(期間限定無料)
LiveProjectは無料なプロジェクトビューアーです。MPPファイルを開くことができます。Microsoft Projectをインストールする必要がありません。このアプリケーションはMPPファイルを開くことしかできません。またタスク、ガントチャート、リソースとその他Microsoft Projectのファイル情報を閲覧することができます。編集するには、アドバンスバージョンを購入する必要があります。



7. GanttProject
GanttProject はJAVAにより作られたオープンソース+無料なアプリケーションです。ガントチャートの作成が簡単にできます。PNG/JPG拡張子の画像、HTMLウェブサイト,或いはPDFファイルをアウトプットできます。インストール不要なエディションも提供しており、しかもそのサイズが小さいです。
8. OpenProj(このマネジメントアプリケーションはMACシステムに対応します)
無料+オープンソース+マルチプラットフォームのJavaで開発されたプロジェクトマネジメントツール(JREのプレインストールが必要)です。デフォルトでMPPファイルを開くことができ、その作成と編集も可能です。
9. Steelray Project Viewer(シェアウェア)
Projectの公式提携パートナーです。Projectファイルを開き、ナビゲート、ブラウズ、プリントする場合、Microsoft Projectをインストールしなくても、Steelray Project Viewerで全部実現できます。ただし、これはシェアウェアなので、お試し版でも費用がかかります。
10. FileViewPro(期間限定無料)
Solvusoft社が開発したツールです。形式を問わず、全てのファイル、ビデオ、音声ファイルを開くことができます。また写真の閲覧或いはその他形式のファイルを開くこともできます。
11. OminiPlan (MACシステム対応、動作環境:10.6+)
OmniPlan は Mac OS X において強力なプロジェクトマネジメント・アプリケーションです。その機能はビューテーブルのカスタマイズ、階層式綱要モード、コスト追跡、マイルストーン、タスク制限と関連性、リソース配分、スケジュール・コントロール、違反事項表示、ガントチャート、クリティカルパスなどを含みます。


  プロジェクト計画に必要なガントチャート以外、このアプリケーションはWindowsの MicrosoftProjectファイルを応用できます。Microsoft Project的XMLとFasttrack Scheduleファイルの導入もできます。なお、OmniPlanはiCal, CSV, MPX, XML, HTMLにデータをアウトプットし、様々なアプリケーションと連動できます。OminPlanはProject For macと呼ばれ、人気が非常に高いです。MacシステムにおいてMicrosoft Projectの代替アプリケーションとして、WindowsのProjectで作成したMMPファイルをそのまま開くことができます。
12. Merlin for mac(ブラウザで利用可能、英語のみ、動作環境:10.7+)
Merlin for macは優秀なMacプロジェクトマネジメント・アプリケーションです。Merlin for macには動的計画モードがあり、アジャイルディベロプメントの発想とよく似ており、例えば未実行のアクティビティは、自動で現在時間に移動しユーザに注意できます。またWebモジュールによりブラウザでそのままMerlinが利用可能です。

Project 更迭歴とエディション比較


80年代の半ばに、マイクロソフト社はプロジェクトマネジメント用ソフトウェアProjectのDOSエディションの開発を始めました。
1990年、マイクロソフト社は世界初のWindows環境に基づくProject 1.0 for Windowsエディションをリリースし、新世代の幕開きをしました。
1992年4月にProject 3.0 for Windowsは発売されました。
1994年4月にマイクロソフト社はProject 4.0 for Windowsをリリースしました。
Windows 95発売後、当該OSに対応するProject 4.1は1995年7月にプロジェクトマネジメントの分野に導入され、大型プロジェクトの現代化管理の基礎を固めました。
1997年10月に、マイクロソフト社はProject 98英語エディションをリリースしました。
2000年4月3日に、Project 2000及び附属ソフトウェア——WEBに基づくMicrosoft Project Centralの発売をマイクロソフト社が発表しました。
  2002年9月6日にProject 2002は正式発売を迎えました。Project 2002はMicrosoft Project Standard 2002、Microsoft Project Professional 2002及びMicrosoft Project Server 2002という3つのエディションを含みます。
2003年10月21日に、マイクロソフト社はMicrosoft Office Systemの大規模市場投入を発表しました。Project 2003はMicrosoft Office Systemの内蔵アプリケーションとして現れ、個人プロジェクトマネージャー向けのソフトウェアProject Standard 2003、Project Professional 2003とMicrosoft Office 企業プロジェクトマネジメント(EPM)ソリューションを含みます。
2006年11月30日に、マイクロソフト社はOffice 2007 RTMエディションを発表しました。2007年1月30日に、Office 2007正式エディションの発売が発表されました。Office Project 2007シリーズはOffice Project Standard 2007及びEnterprise Project Management (EPM) Solutionの使用に必要な下記の商品を含みます:Office Project Professional 2007、Office Project Server 2007、Office Project Web Access、Office Project Portfolio Server 2007とOffice Project Portfolio Web Access。
2010年5月24日にマイクロソフト社はOffice 2010 RTMエディションを発表しました。 Project 2010シリーズはProject Standard 2010及びEnterprise Project Management (EPM) Solutionの使用に必要な下記の商品を含みます:Project Professional 2010、Office Project Server 2010、 Project Web App、そのうちProject Portfolio Server 2007はProject Server 2010に統合されています。
2013年1月29日に、マイクロソフト社は正式にOffice 2013 RTMエディションを発表しました。Project 2013シリーズはProject Standard 2013以及 Enterprise Project Management (EPM) Solutionの使用に必要な下記の商品を含みます:Project Professional 2013、Project Server 2013、Project Pro for Office 365、Project OnlineとProject Online with Project Pro for Office 365。
2015年9月22日にマイクロソフト社はOffice 2016を正式に発売しました。 Project 2016シリーズはProject lite、For Project managers商品: Project Standard 、 Project for Office 365及びFor executives and PMOの商品:Project Online、Project Serverを含みます。Project 2016価格:¥142,344。
アップル社OS XのProject for MACに関して、マイクロソフト社は未だに情報を公開していません。しかし、Microsoft Projectの代わりにその他互換性のあるアプリケーションが利用可能です。

Microsoft Project 概要

=

Microsoft Project(又はMSP)はマイクロソフト社が開発と販売するプロジェクトマネジメントのソフトウェアです。Microsoft Project は国際的に通用可能なプロジェクトマネジメントのソフトウェアです。このソフトウェアは主に、プロジェクトマネージャーの計画、タスクのリソース配分、進捗度追跡、予算管理と作業量分析などに使われます。Microsoft Projectによりクリティカルパスのスケジュールを作成できます。スケジュールはリソースをもとにしています。またクリティカルチェーンをガントチャートにすることも可能です。更に、Projectはユーザのタイプを識別できます。異なるユーザはプロジェクト、概観及びその他資料に対して異なるアクセスレベルを有します。カスタマイズコンテンツ、例えばカレンダー、閲覧方式、スプレッドシート、フィルター及びフィールドは、社内のユーザ全員に配分されます。


Calendar
«  July 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
 
 
 
 
2
3
4
5
6
7
9
10
11
12
14
15
16
17
19
20
21
22
23
24
25
26
27
28
30
31
 
 
 
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others