Visio エディション-2016/2010/2013 StandardとProfessional

• マイクロソフト社は2015年11月に新しいVisio2016エディションを発表し、最新エディションのVisioは完全にVisio 2010とVisio 2013など古いエディションで作成されたファイルに対応し、Visio StandardとVisio Professionalの2つのエディション以外、新しいVisio Pro for Office 365エディションも含まれています。
• Visio for Office 365とVisio Professionalの機能が全く同じだが、最新サブスクリプション方式(月間又は年間契約)の場合、5台のWindows 7又はWindows 8にインストールできるようになりました。サブスクリプション版価格:¥1,690ユーザ/月、¥1,410ユーザ/年。
• Visio Professionalは従来のプロジェクトキーによりアクティブ化を行うため、アクティブ化後、永続に使用できますが、一台のPCにしかインストールできません。Visio Proの場合、永続使用プロダクトキーの購入価格は71,800円です。
• Visio 2016 Standard(std)エディションは主に強力な図面作成機能と豊かな内蔵パターンを求めるユーザに向きます。
Visio 2016 Professional(pro)エディションはStandard 2013エディションの全ての機能を備える上、図形とステンシル更新、チーム協力機能強化及び図をデータにリンクさせる機能も入っています。
• 同時発売されたのはVisio アカデミックエディションであり、その機能はVisio Professionalと同じです。
• 販売価格は37,800円です。学割価格で購入する場合、購入にあたって在学証明書或いは教職員証明書を提示することです。
• VisioはOfficeシリーズのその他製品と同じく無料評価版が提供されており、簡単な手続きにより60日間の評価版プロダクトキーを取得できます。本文では無料評価版を取得する方法を詳しく説明します。

Project 2010、2013、2016機能概要

Project 2010の新機能紹介

改良されたインターフェイス
• 「機能エリア」はメニューとツールバーに取って代わり、タスククリアに必要なオーダーを速やかに検索してくれます。 Project 2010機能エリアにあるタブとグループは全部カスタマイズ可能です。
• BACKSTAGEを追加しました。Backstageはプロジェクトファイルを開き、保存、プリントするベーシックオーダーを含み、Project Professional 2010ユーザの場合、Backstageを通じてProject Serverのリンク、ログオフとプロジェクト発表を管理できます。「ツール」メニューにあった「オプション」オーダーはBackstageに移されています。
• マウスの右ボタンをクリックするだけで常用オーダーを速やかに検索できます
新しいビューオプション
• Project Pro 2010ユーザは作業グループ計画のアプリケーションが利用可能で、これはリソース・スケジュールの配置ビューです。このビューを通じて、早期エディションのProjectに実現できなかった方式とスケジュールによりインタラクションを実現できます。
• Project 2010はその他ビューに自動表示される「スケジュール」ビューを含み、それはスケジュール全体の概要を示します。タスク或いはプロジェクト全体の概要報告をスケジュールに追加できます。
簡素化したビュー設定
• Projectに新規操作を追加することは大いに簡素化されました。ワークシートビュー右側の「新列追加」タイトル或いは既存列のタイトルをクリックしてそれぞれの列名を入力することで速やかに命名できます。
• Project 2010 のステータスバーにあるピンチイン・ピンチアウトのスライダーを左か右へ移動させることで、ビューの時間区分を速やかにピンチイン・ピンチアウトできます。
ユーザのスケジュール配置
• Project 2010はスケジュールの配置方式において、重要な変更を導入しました。手動でタスクスケジュールを配置し、タスク関連性とプロジェクトカレンダーなどの要素を変更した場合、タスク日付は自動で調整されません。必要に応じて、スケジュール手動配置機能を閉じることができます。
• タスクを非アクティブ状態にし、またそのコンテンツをプロジェクトに保存できます。
• Project 2010に関して、サマリータスクを先に作成して良いです。またサマリータスクの日付はサブタスクのロールアップ日付に一致する必要がありません。
• Project 2010はガントチャートとグラフィックイメージを追加しており、プロジェクトの各エディションの差がわかりやすいです。
改良された協力方式
• SHAREPOINTリスト同期により協力を改善できます。Project Pro 2010ユーザはプロジェクトファイルをSharePointリストに導入することで、チームメンバーとシェアする可能性及び簡単で便利なチャート作成(組織全体閲覧可能)方法をプロジェクトマネージャーに与えます。
• コピー&ペースト機能の向上。マウスをダブルクリックするだけで、リアルタイムでチャートを作成できます。それを大多数のOfficeアプリケーションにコピーできます。
• Project 2010とMicrosoft Project 2007及びそれ以前のエディションと互換性を有します。
Project 2013の新機能紹介


Projectチャートのワードアート
• Project 2013のチャートはワードアートに対応しています。Projectチャートに画像、テーブル、図表、形状とテキストボックスを加えることができます。データの動的ビジュアルエフェクトを加えたり、動画とハイパーリンクにこのようなエフェクトを加えたりすることができます。これらのエフェクトはOfficeにてシェアできます
改良された即時利用可能チャート
• Project 2013はOffice Artインフラストラクチャによりプレインストールのビジュアルチャートのテンプレートを作成できます。これら新しいテンプレートにより、色鮮やかな動的チャートを作成できます。データでその他アプリケーションにアウトプットする必要がありません。
豊かなプロジェクトチャート(バーウンダウンチャート)
• 今、Projectで素晴らしいバーンダウンチャートを作成できます。ProjectデータをExcelピボットテーブルにアウトプットしてバーンダウンチャートを作成する必要がありません。バーンダウンチャートはアジャイル・プロジェクトマネジメントにおける欠かせない要件です。(アジャイル・プロジェクトマネジメント:プロジェクトマネジメント方法の一種で、当該方法の持続時間がより短く(最長でも4週間)、セルフアダプテーション戦略とチームメンバー協力の作業方式次第です。)


タスクパス
• Project 2013は全てのタスクのリンクをハイライトすることができます。すなわちタスクパスです。タスク全体の「リンク」がチェックしにくいという問題を解決しました。タスクリンクをチェックする場合、ガントチャートにシフトしてから、「フォーマット」>「タスクパス」をクリックし、そしてチェックするリンクタイプを選択します。
日付対応の改善
Project 2013が対応可能なプロジェクト日付は2149年 12 月 31 日までです。
Backstageチェック
• 「ファイル」をクリックしてBackstageにシフトし、Projectファイルのワンストップ式デスティネーションを管理できます。ポジションを調整し、またいくつかの目標を対象にBackstageをチェックしました。
• 必要なコンテンツの検索が更に簡単になります。
• Projectとその他おなじみのOfficeアプリケーションと一致させます。
• ファイルを開き、ファイルを保存し、Web、Project Server 又は SharePointサイト間同期のため、統一したポジションを提供します。



新しいビジュアルエフェクト
• Project 2013のインターフェイスは改善され、新たな構成になっていますが、お仕事に支障がありません。洗練でファッショナブルです。
Project 2016の新機能紹介



• 柔軟性の更に高いスケジュール
プロジェクト全般をはっきりと示すように、Project 2016は複数のスケジュールによりプロジェクトのそれぞれの段階とタイプを示し、それぞれのスケジュールに対して開始時間と終了時間を設定できます。
• 改良されたリソース配分
Project Proエディション 2016 と Project Onlineを通じて、プロジェクトマネージャーとリソースマネージャーはリソース予約方針に合意し、組織内の限られたリソースを効率よく利用できます。
Project Online のProject Proエディション 2016 或いはProject for Office 365 に接続する場合のみ、リソース予約が利用可能です。
• 「操作説明検索」で快速検索を実現
Project 2016の機能エリアにテキストボックスがあり、「何をなさいますか」と表示されています。次の操作の関連キーワードを入力し、必要な機能或いは行う操作に速やかにアクセスできます。これで検索する内容に関するヘルプ情報を取得できます。
• Projectの新テーマ
Project 2016は3種類のOfficeテーマを導入しました:カラフル、ダークグレーとホワイト。テーマにアクセスするには、「ファイル」>「オプション」>「ゼネラル」をクリックし、そして「Officeテーマ」の隣のドロップダウンメニューをクリックしてください。

AccessとFileMaker付きのMicrosoft office 2016の選び方と激安購入法

この前office 2016を調べてみたところ、前のバージョンより使いやすい気がするが、officeバージョンの選択に悩みます。またaccessも使いたいし、ネットでデータベース関連のアプリケーションを調べた結果、FileMakerの評判がよいけど、単品価格があまりにも高くて、最後諦めてしまいました。



今はMicrosoft office personalをプリインストールしたブランドPCを購入する人が圧倒的に多くて、一般的にフルセットで7000円程度かかるので、比較によってofficeプリインストールのPCをおすすめします。office personalはプライベートバージョンにすぎありません。価格が安い分、そのアプリ数も減りました。データベースを管理する場合、office personal以外に、別途microsoft accessを購入する必要もあって、価格が痛いですね。
比較を通じて、いくつかの商品の価格をまとめて、下記のように示す:
Office professional 2016
Office 365 solo
Office personal 2016 +Microsoft access 2016
Office home & business 2016 + Microsoft access 2016
一般法人向けofficeに関して、企業PC数が10台以上であれば、家庭バージョンの商品が向きます。最新バージョンのofficeを使用しようとする方は、office 365購読バージョンは最適です。Office 365にはオンラインバージョンのoffice onlineがあって、word、excel、powerpoint、outlook、onenoteといったアプリを含みます。これらは全部オンラインで使用するofficeアプリで、個人PCにインストールして使用するofficeに比べると、機能が大幅に落ちます。それで情報閲覧の場合はoffice onlineを使い、編集する場合は個人PCにインストールするofficeをおすすめします。


file makerについて
File makerとaccessの価格を比べてみると、filemakerは38,000円で、accessは15,000円で、filemakerのほうは高いです。UIと操作性に関して、filemakerのほうはより洗練されています。
事業システムの構築、及び技術者と専門家の協力を重視する場合、microsoft excel + accesでシステムを構築するほうは効率がより高いです。要は、高速と高効率を求める方は、Office professional 2016の購入をおすすめします。


Office 2013各バージョンの価格•購入•ダウンロードとアクティブ化

Microsoft office 2013 製品のポジショニング
Microsoft office2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続したWindows7或いはwindows8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます。


Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、office personal 2013、office Home & Business 2013、office professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。windows7に比べ、office 2013はwindows8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。office 2013はoffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はoffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、office 2003ユーザがoffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。

office 2013関連情報
2014年にマイクロソフト社はoffice 2013 service pack1を発表し、office 2013向けの更新プログラムを含みます。office 2013のセキュリティ、性能と安定性、及びwindows 8とinternet explorer 11の通用性を向上させました。マイクロソフト社のマーケティング担当者は、次バージョンofficeが2015年後半期に発表され、onenote 2013におけるいくつかの機能制限を解除し、全てのプラットフォームにて無料で使用可能だと公布した。
Office 2013 OEM(DSP)(DSP:Delivery Service Partner)当該バージョンのoffice 2013は店舗価格より安いです。一般的に、PCメーカがPCにプレインストールし、或いは付属品として販売し、一部のハードウェア設備と共同販売することもあります。それで、OEMバージョンはoffice 2013ベーシックバージョンより安いです。Office 2013 OEMのパッケージ版はラベル付きのボックスで、DVDのインストールプログラムが入っており、隣にoffice 2013の25文字のプロダクトキーが表示され、ラベルにはoffice 2013の説明があります。office 2013インストール完了後、office 2013のアクティブ化ウィンドウが表示されます。そしてプロダクトキーを入力すれば、商品のアクティブ化が終わりです。
Office 2013 Home and studentの価格は遥かに安く、当該バージョンはword 2013、excel 2013、powerpoint 2013、onenote 2013を含みます。これは日本のマイクロソフト公式サイトでは販売されておらず、海外からの輸入品です。ただし、言語を日本語に設定してインストールすることができます。





office 2013を購入する前に、商品の詳細をよく確認してください。特に一般法人向けでプロダクトキーを大量授権する小売店の場合、その小売授権はほとんどダウンロードの形です。購入後、購入者にoffice 2013プロダクトキーを送信し、ダウンロード、インストールとアクティブ化したら、利用可能です。
office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。


http://office-kakaku.com/office2013-kakaku-buy-download/

Visio Viewer無料のダウンロード,使用,インストール方法

• Visioは企業用図表とレポートの作成アプリケーションです。図表作成後、チームメンバー、提携先、顧客又は他人に送信する場合、そのPCにも高価なVisioを購入してインストールしておく必要があるのでしょうか。
• 実は、インストールしなくてもそのPCで図表を見ることができます。
• マイクロソフト社はPowerPoint Viewerとよく似ている無料アプリケーションを発表しています。
• Visio ViewerによりMicrosoft Internet Explorer Webブラウザを通じてVisioで作成したVisio図面と図表を見ることができます。
• 受信者のPCにVisioをインストールする必要がありません。
• 更に、Internet Explorerから「プリント」することもできます。
• プリント範囲、ズームイン、ズームアウトなどの操作が自由にできますが、表示される図面部分に限ります。
• Visio Viewerのサイズが非常に小さく、32ビットのインストールアプリケーション:visioviewer_4339-1001_x86_ja-jp.exeのサイズがただ12.1Mで、64ビットのインストールアプリケーション:visioviewer_4339-1001_x64_ja-jp.exeのサイズがただ22.9Mです。
• Visioに頼らず、インストール後、IEでそのまま(拡張子が.vsdx、.vsdm、.vsd、.vdx、.vdw、.vstx、.vstm、.vst又はvtxであるファイル)開けます。
• 最新エディションのMicrosoft Visio 2016 Viewerをオススメします。Visio 2010、Visio 2013とVisio 2016で作成した図面に対応できます。
Visio Viewerインストール方法:
• Microsoft Visio 2016 Viewerダウンロードアドレスに入ります:
• https://www.microsoft.com/ja-JP/download/details.aspx?id=51188
• 日本語を選択し、ダウンロードをクリックして、Visio 2016 Viewerのダウンロードが始まります。
Visio Viewer使用手順:
• Windows エクスプローラーで、Visio 図面をダブルクリックします。
• Internet Explorer のウィンドウが開かれ、Visio Viewer が読み込まれると、ブラウザー ウィンドウに図面が表示されます。
• Internet Explorer の [ファイル] メニューの [開く] をクリックします。[開く] ダイアログ ボックスで、Visio 図面を選択します。
• Internet Explorer で Visio Viewer が読み込まれ、ブラウザー ウィンドウに図面が表示されます。
• Internet Explorer のウィンドウが既に開いている場合、Visio 図面ファイルをそのウィンドウにドラッグ アンド ドロップできます。
• Internet Explorer で Visio Viewer が読み込まれ、ブラウザー ウィンドウに図面が表示されます。
• Internet Explorer で「スクリプトや ActiveX コントロールを実行しないよう、Internet Explorer で制限されています。
• 」などの警告が表示された場合は、[ブロックされているコンテンツを許可] をクリックします。
• Visio Viewer は ActiveX コントロールとして実装されます。

Visio エディション-2016/2010/2013 StandardとProfessional
• マイクロソフト社は2015年11月に新しいVisio2016エディションを発表し、最新エディションのVisioは完全にVisio 2010とVisio 2013など古いエディションで作成されたファイルに対応し、Visio StandardとVisio Professionalの2つのエディション以外、新しいVisio Pro for Office 365エディションも含まれています。
• Visio for Office 365とVisio Professionalの機能が全く同じだが、最新サブスクリプション方式(月間又は年間契約)の場合、5台のWindows 7又はWindows 8にインストールできるようになりました。サブスクリプション版価格:¥1,690ユーザ/月、¥1,410ユーザ/年。
• Visio Professionalは従来のプロジェクトキーによりアクティブ化を行うため、アクティブ化後、永続に使用できますが、一台のPCにしかインストールできません。Visio Proの場合、永続使用プロダクトキーの購入価格は71,800円です。
• Visio 2016 Standard(std)エディションは主に強力な図面作成機能と豊かな内蔵パターンを求めるユーザに向きます。
• Visio 2016 Professional(pro)エディションはStandard 2013エディションの全ての機能を備える上、図形とステンシル更新、チーム協力機能強化及び図をデータにリンクさせる機能も入っています。
• 同時発売されたのはVisio アカデミックエディションであり、その機能はVisio Professionalと同じです。
• 販売価格は37,800円です。学割価格で購入する場合、購入にあたって在学証明書或いは教職員証明書を提示することです。
• VisioはOfficeシリーズのその他製品と同じく無料評価版が提供されており、簡単な手続きにより60日間の評価版プロダクトキーを取得できます。本文では無料評価版を取得する方法を詳しく説明します。

Project価格比較、最安価Projectの購入方法

Projectは大いに進化しています。最新エディションのProject 2016は一連の素晴らしい機能を追加し、特に企業向けの機能が整っています。
強力で柔軟性の高い企業用プロジェクトマネジメント・アプリケーションとして、プロジェクトマネジメント・ツールにおいて75%の市場シェアを占めています。マイクロソフト社のその他商品より高価だが、スムーズなプロジェクトマネジメント、タスクの配分、進捗度追跡などの機能により、企業の運転を大いに簡素化できるため、その価格もリーズナブルです。各大手サイトが提示するProjectの価格を比較したうえ、安全且つ最安価のProjectを購入する方法をオススメします。

各通販サイトProject価格比較:Project 2016を例に上げ、我々は各サイトからProject価格を集めてきました:
Project 取扱サイト Project 価格 Project形式
Microsoft Store ¥142,344 ダウンロード版/パッケージ版
amazon ¥110,062 パッケージ版
Yahoo ¥135,247 パッケージ版
イートレンド ¥116,917 ダウンロード版
EC-JOY ¥118,568 ダウンロード版/パッケージ版
コムロード ¥137,811 ダウンロード版
ヒットライン ¥135,479 ダウンロード版/パッケージ版
MS-windows-Office ¥13,999 ダウンロード版

上表から見れば、Projectの最安価は¥13,999です。
• Project購入プロセス:ms-windows-Office.comにアクセスし、まずガイドページでOfficeを選択し、Office各エディションの販売ページに入ります。



画面を下にスライドし、Project2013の購入エリアに入り、下図が示す赤いフレーム内の部分です:



• そして をクリックしてショッピングカートに入れます

そして をクリックして、個人情報記入に移動します



• 個人情報記入後、 をクリックして注文再確認に入ります

• 注文を確認したら、 をクリックし、支払いページに移動します

支払いページにおいて、クレジットカード番号と口座を入力します。情報を入力したら、再度注文情報と個人情報を確認し、間違いがなければ、 をクリックし支払い結果のページに移動します。支払い完了イコール購入完了です。その後、ご利用のメールアドレスにProjectのプロダクトキーProjectダウンロードリンクのメールが届きます。図が示すように、赤いアンダーラインの部分は購入したProjectのプロダクトキーです。インストール完了後のProjectアクティブ化に使用します:

• マイクロソフト社の公式サイトからMicrosoft Project 2013インストールパックをダウンロードした場合、そのパックはISO形式で、解凍してからインストールする必要があります。インストール後、プロダクトキーをOfficeライセンス認証のブランクに記入し、認証に成功したら永続に利用できます。

最安価格で自分に合ったoffice 2016を購入する方法

最安価格で自分に合ったoffice 2016を購入する方法
Office 365 soloとbusinessの相異点とパッケージ版の価格比較

個人的に、office 365 Businessを購入します


参照およびその他のリソース
Microsoft Office 2016 9/22に発売【2015 無料 windows10】
matome.naver.jp/odai/2140841997581697301
Windowsデスクトップ版のMicrosoft Office2016 (Office 2015) が9月22日に発売されます。また、Windowsストアアプリ版の「Office for Windows10」がリリースされました。新製品 新機能は 価格 更新日: 2016年02月23日
価格.com - マイクロソフト Office Professional 2013 価格比較
kakaku.com/item/K0000447473
■最安価格(税込):価格情報の登録がありません ■価格.com売れ筋ランキング:42位 ■満足度レビュー:4.82(4人) ■クチコミ:37件 (※7月28日時点)
価格.com - 『Microsoft Office 2016へのアップグレード』 マイクロソフト Office Home and Business 2013 のクチコミ掲示板
bbs.kakaku.com/bbs/K0000447475/SortID=18868103
ところでOffice 2016って出るの?Office for Mac 2016は2015年後半リリース予定でプレビュー版が試せるけどWindows版ってある?
「Office 2016」リリース 非365ユーザー向けは価格据え置きの139.99ドルから
www.itmedia.co.jp/news/articles/1509/22/news037.html
Microsoftが予告通り、デスクトップ版のオフィススイート「Office 2016」を9月22日にリリースした。Office 365加入ユーザーは無償でダウンロードできる。非Office 365ユーザー向け価格は「Office 2013」と同じで、139.99ドル(「Home & Student」エディション)からだ。
Images of office 2016 価格


価格.com - オフィスソフト | 通販・価格比較・製品情報
kakaku.com/pc/office-soft
オフィスソフトを買うなら、まずは価格.comをチェック! 全国の通販サイトの販売価格情報をはじめ、スペック検索、クチコミ情報、ランキングなど、さまざまな視点から商品を比較・検討できます!
価格.com - 『Office 2016発売へ!』 オフィスソフトのクチコミ掲示板
bbs.kakaku.com/bbs/-/SortID=19086543
クチコミ掲示板 情報を交換するなら、日本最大級の「価格.com クチコミ掲示板」で。交わされる情報の量と質は日本屈指のハイレベル!
☆「Office 2016」がついにリリース【Office2016 for mac windows 10 Word Excel PowerPoint 発売日 価格 新機能 Office 365】 - Microsoft News Japan
microsoftnews.hatenablog.jp/entry/office2016
Windows 向けのデスクトップアプリ「Microsoft Office 2013」の後継である 「Office 2016」が2015年9月22日(火)にリリースされました。 今回は Mac 版の「Office 2011」の使い勝手を Windows 版に近づけることを目的としたアップデートであるようで、 Mac 版の「Office for mac 2011」からの変更点は多くありますが、 Windows 版の「Office 2013」からの変更点はあまり多くはありません。 発売日や価格、新機能などをまとめました。 *2015年にリリースされる Office アプリは主に3種類

Office MAC 2011/2016 ダウンロード版 機能と価格比較
blog.livedoor.jp/msofficeformac
主要なネットショッピングサイトによるOffice Mac ダウンロード版(プロダクトキー/認証)価格を比較してみた結果、手頃な価格のOffice Macをオススメします。
Microsoft Office Professional 2016 – ビジネスに最適なソフトウェア
https://products.office.com/ja-jp/professional
Microsoft Office Professional 2016 は、仕事を効率化するのに最適なビジネス向けのソフトウェアです。Word、Excel、PowerPoint、OneNote、Outlook、Publisher、Access を 2 台の PC にインストールして使用できます。OneDrive にドキュメントを保存し、どこからでもアクセスできます。
office 2016 価格 に関連する検索
• microsoft office 2016 価格
office 2016 価格 アカデミック
• office personal 2016 価格
• office home & business 2016 価格
• microsoft office home and business 2016 価格
• ms office 2016 価格
• office professional plus 2016 価格
• office 2016 パッケージ版 価格

Office 2013各バージョンの価格•購入•ダウンロードとアクティブ化

Microsoft office 2013 製品のポジショニング
Microsoft office2013は機能が完備する、使いやすいオフィススイートです。SkyDriveでファイルをオンライン保存できるため、Internet接続したWindows7或いはwindows8端末においてファイルへのアクセス、編集とシェアができます。

Microsoft office 2013は2013年2月27日に正式発売され、3つのバージョン、office personal 2013、office Home & Business 2013、office professional 2013に分けられ、その区別は各バージョンの価格と含むアプリにあります。windows7に比べ、office 2013はwindows8に向き、古い世代のCPUでもスムーズに作動できます。office 2013はoffice 2010或いはそれ以前のバージョンにも対応します。マイクロソフト社はoffice 2003へのサポートが2014年4月8日に終了したため、office 2003ユーザがoffice 2013にアップグレードするようにおすすめします。

office 2013関連情報
2014年にマイクロソフト社はoffice 2013 service pack1を発表し、office 2013向けの更新プログラムを含みます。office 2013のセキュリティ、性能と安定性、及びwindows 8とinternet explorer 11の通用性を向上させました。マイクロソフト社のマーケティング担当者は、次バージョンofficeが2015年後半期に発表され、onenote 2013におけるいくつかの機能制限を解除し、全てのプラットフォームにて無料で使用可能だと公布した。
Office 2013 OEM(DSP)(DSP:Delivery Service Partner)当該バージョンのoffice 2013は店舗価格より安いです。一般的に、PCメーカがPCにプレインストールし、或い
は付属品として販売し、一部のハードウェア設備と共同販売することもあります。それで、OEMバージョンはoffice 2013ベーシックバージョンより安いです。Office 2013 OEMのパッケージ版はラベル付きのボックスで、DVDのインストールプログラムが入っており、隣にoffice 2013の25文字のプロダクトキーが表示され、ラベルにはoffice 2013の説明があります。office 2013インストール完了後、office 2013のアクティブ化ウィンドウが表示されます。そしてプロダクトキーを入力すれば、商品のアクティブ化が終わりです。
Office 2013 Home and studentの価格は遥かに安く、当該バージョンはword 2013、excel 2013、powerpoint 2013、onenote 2013を含みます。これは日本のマイクロソフト公式サイトでは販売されておらず、海外からの輸入品です。ただし、言語を日本語に設定してインストールすることができます。


office 2013を購入する前に、商品の詳細をよく確認してください。特に一般法人向けでプロダクトキーを大量授権する小売店の場合、その小売授権はほとんどダウンロードの形です。購入後、購入者にoffice 2013プロダクトキーを送信し、ダウンロード、インストールとアクティブ化したら、利用可能です。
office 2013はユーザに斬新なoffice体験を届ける、信頼性の高いオフィススイートです。Windows8端末においてもofficeの体験が可能です。タッチパネル、スタイラスペン或いはキーボードで仕事を最適化し、小型企業にとって事務効率化の強力なパートナーです。


Calendar
«  August 2016  »
S
M
T
W
T
F
S

 
1
2
3
4
5
6
7
8
9
10
11
12
13
14
15
16
17
18
19
20
21
22
23
25
26
27
28
30
31
 
 
 

search this blog.
recent comment
category
archives
links
others