自分が「モテ期?」と思った時が,その人の「モテ期」

いや,全くタイトルの通り,「モテ期」は自分の思い込みの産物だと思ったほうが良いと思います。

たまたま,そう言うことが重なっただけです。

強いて言うなら,自分の年齢や,職業や学生などのスペック,見た目などが,バランス良く「その人らしい魅力」を醸し出してくれる時期は,あると感じます。

それが,モテることに繋がるかどうかは,知りませんけど。

例えば,特定の恋人がいることが分かっちゃうと,アプローチしてくるのをやめる人だって居るでしょう。
もし,いろんな人からアプローチされるようなことがあるとしたら,モテ期かな,と感じるかも知れないのですが,既に特定の恋人と付き合っている=明らかにモテている,と言う状態のほうが,「モテ」に関して,低く評価されるわけがありません。

私は影の薄い彼氏だったので(苦笑),婚約中に,彼女が,別の男子から告白される,と言う経験をしています。そりゃ,断るでしょ……。
2人の職場は別々だし,私の存在を知らない男子が居ても,まぁ,おかしくないんでしょうけど,そんな目に合わないように,ちゃんとリサーチしておいたほうが,傷が浅く済んだのに……

商売柄,婚約しても結婚しても,指輪を身につけていませんから,目印が無かったのは事実ですけど。

私自身,ずっと彼女との付き合いが長かったから,「モテ期」なるものが存在したとしても,確実に見逃しているはずです。

「モテ期」って,要するに,フリーの人が憧れる「幻想」みたいなものなのかな。

恋愛は,とことんシンプルに考えれば,人間関係の一形態でしかないわけですから,多少のデコボコはつきものです。その中の,「山」の部分を捕まえて,「モテ期」と称しているのかも知れません。

あ,一時期,メディアにちまちまと露出していた時期があったけど,ああいう巡り合わせの波,みたいなものは,あるような気がします。
メディアにモテても,そんなに嬉しくはありませんが。
三體牛鞭
蟻力神