悔するようになりま

ああ、彼女が去ってゆく。僕から去ってゆく。悲しい悲しいいつもの別れのときがやって来る。中学時代より愛してきた僕の(僕の単なる悲しい片思いにすぎないのではあったけど)あの悲しいクリスマスの夜の再現のような気もしたし、あのクリスマスの夜からの桃子さんが僕の親友に走ったという怒涛のような悲しみは。ああ、どうなってしまうんだ。

                       

 僕はステラの前で今日合コンする女の子たちを待っているとき、何年ぶりだろう、桃子さんにそっくりの女性が歩いてきて僕らの横を通り過ぎたことをもう薄暗くなった人混みの中で朧ろに気づいた。僕は桃子さんが通り過ぎたのだと思っていた。そして桃子さんではなくて桃子さんによく似た女性をクリスマスイブの夕暮れだから見まちがったのだろうと勘違いをしていた。そして僕は桃子さんがステラの前に留まり続けていることを一分ほどしてぼんやりと辺りを見回したときに気づいた。でも僕は桃子さんではないと思っていた。僕はまだ桃子さんに似た別の女性だと思っていた。

 やがて僕らが丸山のファニービーチへ向かって歩き始めたとき、僕は何度か振り返って桃子さんによく似ていると思っていた女性が僕らと同じ方向に歩いているのを知って不思議な気がした。僕の頭は夕暮れであることもあって朦朧となってきていた。それに人混みがますます僕の頭を朦朧とさせていた。

『夢のような、夢のような話ね』

『ええ、でも僕は桃子さんを好きでした。中学3年の頃からずっと。僕はひたすら桃子さんを思いつづけてきました。そしてようやく桃子さんのことを忘れかけていたこの大学二年の冬に桃子さんと偶然巡り会えるなんて。運命の、不思議な導きのような気がしてなりません。

 桃子さんは僕をいつまで苦しめつづけるのでしょうか。僕は桃子さんゆえに浪人までして目指していた九医を蹴って毎日桃子さんと会えるようにと長医にしました。そして大学に入ってまもなく僕は九医に行ってれば良かったとものすごく後した。そして僕はすでに大学一年のとき教養留年が決ってしまいました』

は淋しいし心

彼はモーツァルトの素晴らしさについて物静かにしゃべった。彼は田舎の人々が山道について熟知しているように、モーツァルトの音楽の素晴らしさを熟知していた。父親が好きで三つの時からずっと聴いてるんだと彼は言った。僕はクラシック音楽にそれほど詳しいわけではなかったけれど、彼の「ほら、ここのところが――」とか「どうだい、この――」といった適切で心のこもった説明を聴きながらモーツァル背幕トのコンチェルトに耳を傾いていると、本当に久しぶりに安らかな気持になることができた。僕らは井の頭公園の林の上に浮かんだ三日月を眺め、シーバスリーガルを最後の一滴まで飲んだ。美味い酒だった。

伊東は泊っていけよと言ったが、僕はちょっと用事があるからと言って断り、ウィスキーの礼を言って九時前に彼のアパートを出た。そして帰りみち電話ボックスに入って緑に電1064激光嫩膚話をかけてみた。珍しく緑が電話に出た。

「ごめんなさい。今あなたと話したくないの」と緑は言った。

「それはよく知ってるよ。何度も聞いたから。でもこんな風にして君との関係を終えたくないんだ。君は本当に数の少ない僕の友だちの一人だし、君に会えないのはすごく辛い。いつになったら君と話せるのかなそれだけでも教えてほしいんだよ」

「私の方から話しかけるわよ。そのときになったら」

「元気」と僕は訊いてみた。

「なんとか」と彼女は言った。そして電話を切った。

五月の半ばにレイコさんから手紙が来た。

「いつも手紙をありがとう。直子はとても喜んで読んでいます。私も読ませてもらっています。いいわよね、読んでも

長いあいだ手紙を書けなくてごめんなさい。正直なところ私もいささか疲れ気味だったし、良いニュースもあまりなかったからです。直子の具合はあまり良くありません。先日神戸から直子のお母さんがみえて、専門医と私をまじえて四人でいろいろと話しあい、しばらく専門的な病院に移って集中的な治療を行い、結果を見てまたここに戻るようにしてはどうかという合意に達しました。直子もできることならずっとここにいて治したいというし、私としても彼女と離れるの配でもあるの工作椅ですが、正直言ってここで彼女をコントロールするのはだんだん困難になってきました。普段はべつになんということもないのですが、ときどき感情がひどく不安定になることがあって、そういうときには彼女から目を離すことはできません。何が起るかわからないからです。激しい幻聴があり、直子は全てを閉ざして自分の中にもぐりこんでしまいます。

思わぬ不

緒方三太郎は、登城してまず藩主松平兼良候に礼を述べ、松平兼重候の隠居庵に報告に言った。
   「そうか、鷹之助は回復したのか、それは良かった、なにしろ、わしは鷹之助の名付けの親であるから親も同然である、嬉しく思うぞ」
   「ありがとう御座います」
   「ところで三太、ひよこの香港美食之都サスケは元気か?」
   「えっ」
 三太郎は唖然とした。 
   「あははは、冗談だ、サスケはとっくに死んでおろう」
   「ああ、驚きました」
   「わしがボケたとでも思ったのか?」
   「いえ滅相な、一瞬、四歳の私に戻ったのかと思いました」
   「そうか、四歳であったか、懐かしいのう」
   「懐かしゅう御座います、あの頃は私の父慶次郎も若こう御座いました」
   「慶次郎は、わしのことをよく護ってくれたものだ」
   「ご隠居さま、私も小さいながら、懸命にお護りしましたぞ」
   「そうであった、よく覚えておるぞ」

 ひととき、昔話に花が咲き、ご隠居と笑いながらお別れしたが、三太郎が元気な松平兼重候の姿を見るのは、これが最後であった。ご隠居は、その七日後に庭で小鳥に餌を与えていて、ガクッと倒れた。使用人が倒れているご隠居を見つけたときは、すでに亡くなっていたのだった。
   「三太、ちょっと来ておくれ」
   「嫌だす」
 亥之吉が唖然としている。
   「店の主人が丁稚(小僧)を呼ん韓國 泡菜でいるのに、何も聞かないうちから嫌て何やねん」
   「嫌やから嫌だす」
   「お前なあ、わしを何やとおもとるのや」
   「陰間茶屋の因業爺だす」
   「何ちゅう言い草や、わしはお前の主人で師匠やで、あのことをまだ根に持っとるのか?あれからもう何日も経っとるのに」
   「まだ三日だす」
   「それでも有田屋はうちの客や、すっぽかしたのを謝りにだけは行っておかないとあかん」
   「わいは何も約束した覚えはない」
 三太は奥へ入ってしまった。
 
   「困った奴や」
 入れ代わりに女房のお絹が出てきた。
   「すっかり三太の信用を無くしたようだすなァ」
   「わしのことを因業爺やと言いよった、わしまだ二十歳を過ぎて間がないのに」
   「三太から見れば爺だす」
   「ほんならお前は婆ァか?」
   「歳の離れた姉だす」
   「どついたろか!」

 亥之吉は真吉と一緒に行って貰おうと思った。
   「真吉、ちょっと出て来ておくれ」
   「へい、旦那様ご用は何でしょう」
   「あのなァ、わしと一緒に有田屋へ行って…」
   「嫌です」
   「真吉、お前もか」

 仕方がないので、亥之吉はやはり嫌がる三太を連れて行こうと思った。亥之吉とて商人(あきんど)の端くれ、上得意様を棒にふるわけにはいかないと、三太の重い腰をあげさせようと思った。
   「三太、出てきなはれ、わいと一緒に行って謝っとくれ」
 三太は渋々顔を出した。

   「福島屋亥之吉でおます、こちらの旦那様はお出でになりますかな」
 若旦那が暖簾を分けて出てきた。
   「これは若旦那、この前はとんだ失礼をしました、お詫び申し上げます」
   「わたしも三太ちゃんに嫌われたものです」
 若旦那は、チラチラ三太を見て、「ふんっ」と、目を逸らした。この屋の大旦那も顔を出した。
   「三太は小僧の癖に、客を韓國 泡菜客とも躾者、馘首(くび)にしますかな?」
 亥之吉、頭にカチンときた。
   「三太のどこに罪があると言いますのや、嫌なものを嫌とはっきり言うただけやおまへんか」
   「商人は客を大切にするものです」
   「そやからこうして謝りにきています、それでもまだ文句があるなら、お上に訴えておくなはれ」
   「倅は深く傷ついていますのや、謝って済むと思いますのか」
   「不躾者はおたくの息子でおます、うちの大事な小僧を誘い込んで、何をする積りだしたのや」
 有田屋も負けてはいない。

系の女の子を

最近、この種の女性がモテると話題になっている。
今まで女性雑誌の表紙を飾ると言えば、スレンダー美女と相場が決まっていたが、
近ごろの雑誌の傾向は違って来ているようだ。
雑誌 "CanCam" の7月号の表紙には
「この夏 ぷに子がかわいいinvision group 洗腦理由」というキャッチコピーが施され、
特集が組まれている。
この「ぷに子」は、ある程度の数値基準があり、
ひたすら太っていてもダメで、
標準的なラインより、少しポッチャリとした程度の人をそう呼ぶようだ。
痩せぎすな人に比べると、
見た目から、たしかに健康そうだ。

奈良天平の時代に描かれた、いわゆる「天平美人」は、
たいてい、少しふっくらとした体形で描かれ、
当節の「ぷに子」の基準を満たしているように思える。
その天平時代は、やはり痩invision group 洗腦せている事は、良くない傾向と見ていたようだ。
それが見て取れるのは、その時代の歌人・大伴家持の歌に、

「石麻呂(いしまろに)に 吾もの申す 夏痩(や)せに 良しという物ぞ 鰻(うなぎ)とり食(め)せ」

この意味をいえば、
「石麻呂さんに言うんだが、夏痩せには、鰻がいいって言いますよ、
そんなに痩せてちゃ、鰻をとって食べた方がいいデスゾよ」

この石麻呂という人物は、
「多く喫飲すと言えど 形 飢饉(うえびと) に似たり
(多く呑んだり食ったりしているのも関わらず、体形は飢えた人の様だ)と言われていた。
すなわち、かなり「燃費の悪い」人物だったようだ。

そんな家持の歌に対して、
「痩す痩すも 生けらばあらむを~
(いくら痩せていたって、生きて雋景 課程いりゃあ、いいじゃないですか?)」と応えている。痩せていたって、太っていたって、
魅力的なら、いいじゃないですか?

すぐに飛んでしまい

ダンスのお話です。
(ここで、弊ブログから引き返す人の後姿…数名???いや、数十名…ドンマイ)

足指骨折後、2か月の治癒期間、さらに1か月のリハビリ期間を経た。
リハビリ期間には、フィットネス、社交ダンスのグループレッスンも再開。
今日に至っている。
残るところは、社交ダンスの個人レッスンだ。
なかなか復活の兆しが、自分の中で、見えない。
あんなに興奮したレッスンだったのに、いざ、再開となると、腰が重くなる。
本当に楽しかったのか? 
苦しかった記憶のほうが、強く残る。

今、グループレッスンを再開してみて、やはり覚えるのが遅い自分を再認識した。
グループレッスンの先生は、少々覚えが悪くても、とても優しく教えてくださる。
その優しさには、「私、バカで、すみませ~ん」という思いで、いっぱいになる。
本当に、アポロン(個人レッスンTeacher)との違いを、痛感する。

個人レッスンで、学んだことをすっかり忘れていたら、アポロンは、どう思うか。
さらに、新しいことを教えても、また、覚えられない私に、キレそうになるだろう。
いや、キレるだろう。
私に、本格的なダンス?レッスンは、本当に必要なのだろうか?
お遊びでも、いいのではないだろうか?
無理をする必要があるのだろうか?
自分には、自分に合った、レッスンのレベル、ダンスのレベルというものが、あるのではないだろうか。
アポロンは、プロだが、その中でも、競技A級プロ。
それって、私には、そもそも、豚に真珠。
わけがわからず、個人レッスンを始めたとしても、よくそんな大胆なことを?????
身の程知らずにも、程がある???
三浦雄一郎にスキーを教えてもらっているようなもの?
浅田真央ちゃんから、スケートレッスンを受けているようなもの?


授業料は前払いで、まだプールしてあるので、ここで辞めてしまうともったいない。
まあ、それは、お金の問題。話は、ちょっと別のこと。
再開するとなると、プールしていたお金などは、、もっと、もっとお金はかかるんだし。

英語の勉強の時も、そう。
ちょっとしたキッカケで熱くなって、どんどん突き進み、厚い壁に激突して、おじゃん。
このパターンは、若いころの恋愛のケースと全く同じだ。
よく、猛進、撃沈していた。
たまたま、今回の撃沈は、足指骨折だったが、足がなくなってしまったわけではない。
再開しようと思えば、できるのに。
なぜ、こんなに、ぴたっと、凪ぎ状態になってしまっているのか。