もういないんや

世の中に仲良し夫婦というものは、どれぐらいいるのだろうか。
あまり、仲が良すぎると、この世に置いてきぼりにされ雪纖瘦黑店た時のショックが大きい。
依存度が高すぎて、立ち直れない。
逆に、仲が悪いと、指折り数えて、あの世に行ってくれるのを待ち望む。

なかには、待ちきれずに、犯罪に手を染める人もいるようだ。

奥さんを亡くすと夫の皆さんは、がっくりうなだれ、後を追うかのように亡くなってしまう人もいる。
女性の場合は、最初は悲しみの渦、憔悴雪纖瘦黑店しきって、私もいっしょに死にたい???(と思う人もあるらしいけれど)
1年もすると、けろっと第3の人生を楽しんでいる。

女性たちの夫への憎悪はすごい。
ストレスを外でぶちまける。
夫たちが聞いたら、目を回すことだろう。

「こっち向いて笑うんよ、キモチ悪い。笑うん雪纖瘦黑店なら、向こう向いて笑ってほしいわ」
と、ある奥さん。
夫は、家で微笑むことも出来ない。

「お土産なんか買ってきて。そんなもん、いらんのに」
と、いつも世話になっている妻に機嫌を取ろうと、買ってきたお土産にも、全面否定される。

もちろん、妻たちは声に出して胸の内を言わない。
女性どうし、愚痴りあって、発散しあう。


ある日、ある人がスポーツジムで耳にした、
夫がそこそこ経済力がある方々の、妻たちの会話。ご年配の皆様。
夫が病気で亡くなった妻A、現在、重い病気で闘病中の夫を持つ妻B、普通の夫を持つ妻C。

C「ああ、嫌やわ、帰ったら夫の顔見ないとあかん。気が滅入る~」
B「(Aに)あんたは、ええよ、から」
A「(Bに)まあ、ええやん。あんたも、あとちょっとの辛抱やん」
C「Bさんは、あと少しでいいけど、うちは、まだまだなかなか死なへんわ」
A「うちも鬱陶しかったけど、死んだら、ほんま、すっとしたわ」