エサを運んできたのは

しかし???
家事は、女性らしさと並列ではなく、
「出来ない」のではなく、「苦手」「したくない」「キライ」ということだろう。

男女共学、男女席を並べて、同じように学業を競い合って闘ってきたのに、
なにもワタシが、しなくても、
なぜ、ワタシがしなければならない???
という考えから、必死で香港seo公司家事をマスターする気にならない。
(ちなみに、ここの「ワタシ」は、一般高学歴女子のことであって、わたし本人のことではありません)

競争に敗れ、落ちこぼれ、別の「女の道」でやっていこう、と決意を新たにするのならいざ知らず。
その場合は、女の道を武器に、高学歴女子を蹴っ飛ばす。
高学歴女子は、ころんころんころん、と落っこちていく。

(ころんころんと落ちて、擦柬埔寨旅行團り傷だらけになっても、
ただただ、転んでいるだけではないだろうけれど)

とびきり高学歴で、社会で、それを生かしきれている女性は、どれぐらいいる?
とびきりでなくても、まあそこそこ高学歴で、社会で頑張っている女性は、いる。
ふつうの学歴で、社会で頑張っている女性もいる。
普通でない学歴で、頑張っている女性もいる。

逆に、明らかに頑張っていない女性もいる。


ハナシは戻るが、
家事に適性など、あるのだろうか?

オトコは狩に出かけ、オンナは、居住地で料理や子育て。
危険で、体力や、特殊能陶瓷曲髮力が必要で、消耗も激しい。
オトコの平均寿命は、オンナより低い。
延々、めんめんと受け継がれてきた環境とDNA。

しかし、日本人は、農耕民族であり、(漁業、林業もあるけれど)
地べた(農地)に、しっかり足を付けて長い間、暮らしてきた。
オトコもオンナも農作業をしていたが、
近代化の波とともに、農業から産業が推移していくなかで、
「奥様」という稼業は、つい近代に現れた。

「あなた、いってらっしゃ~い」と玄関先で手を振って見送るだけで、お気楽でよかったのに、
男女平等だのなんだの、自分も一緒に、オクサマは、奥から抜け出るようになった。

危険から家族を守り、外から男性だったが、
男女共同で、エサを運ぶことになると、
家の中のことは、誰がする?

もともとは、適性、役割分担というわけで、
女性には危険にさらされない代りに、家の中のことをやっときなさい、ということだった。
危険なところに自らの意思で出る女性が出現するようになると、
家の中の危険でない、ちまちました仕事は、誰がする?
女性が危険なところに出るようになった時点で、女性の性質、特質も変化していっていると思える。

を夫にしている

思い出を作るのは、とてもいい。
シーンひとつひとつを思い出すと、こころが温まる。
温度、湿度、色、音、体感、屋外、室内、都会、田舎、自然、歴史
人のぬくもりが一番、ここ詩琳 好唔好ろに残る。
こころは、すべての事がらの「核」になる。

美しい自然の風景には、こころ洗われる。
無機質なもの、たとえば、コンクリート、
そういうものにも、自分のこころが詩琳 好唔好抜き出され、審判を仰がれているような気になる。
どちらにしても、自問自答



秋から冬へ。
あっという間に年末年始。
優雅な寝言を言っている暇はない。
わたしは、経済を軸に、ものを考える。
だが、精神、こころがそこにないと、すべて成り立たず、崩壊する。
ヒトの動かないもの、こころのないものは、
ソフトのない、ハコモノだけ瑪姬美容 暗瘡が残り、無駄に終わり、ハコモノはやがて取り壊される。

ヒトが先で、ニーズが沸き起こり、経済を牽引する場合もある。

愛情、助け合い、暖かい人間性そういうものは、不可欠である。
だが、経済も不可欠である。



専業主婦に関しても、専業主夫に関しても、兼業主婦に関しても、兼業主夫に関しても、
経済抜きでは、語れない。
適正があろうがなかろうが、働かなければならない事情があれば、働かなければいけない。
理想が言えるのは、余裕があるのだと感じる。
理想は、現実の上に立たなければならないと考える。
現実が、あってこそ。

その余裕こそが、じつは、要。
余裕のベースは、ヒトの場合もあるし、経済である場合もある。
家族のメンバーが、それぞれに欠損している部分を補いあって、協力すればよい。
(キレイごとを言い放つだけにして、あとは言及しないで、ほっておく。
各人、どうぞ、ご自分のスタンスで)



ヒトも経済も、その感じ方、捉え方は、ひとそれぞれである。



「ひとそれぞれである」と〆る場合は、
はっきりした結論が出ない時と、自分の意見を述べることを放棄した時。

要するに、〆になっていない。専業主夫女性は、経済力がある。(一般論です)
理想では夫に主夫になってほしいとしても、女性一人で家族全員を養うのは、たいへんだ。
夫、子供だけではなく、夫の親や、自分の親も、受け皿要員として、経済的バックアップも、ある程度必要だ。
それを承知で、専業主夫の夫をぜひ持ちたいと希望している女性がいるとすると、頭が下がる。